スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「RENT」ツアー・マイアミ(12/12マチネ)・その1 観劇記
RENT_miami091212m_DSCN4716.jpg
Roger Davis : Adam Pascal
Mark Cohen : Anthony Rapp
Tom Collins : John Watson ←
Benjamin Coffin III : Jacques C. Smith
Joanne Jefferson : Merle Dandridge ←
Angel Schunard : Andy Senor ←
Mimi Marquez : Lexi Lawson
Maureen Johnson : Nicolette Hart
Mark's Mom & others : Caren Tackett
Christmas Caroler,Mr. Jefferson, a pastor & others : Toby Blackwell ←
Mrs. Jefferson, woman with bags & others : Gwen Stewart
Gordon, the man,Mr. Gray & others : Adam Halpin
Steve,mam with squeegee a waiteer & others : Telly Leung
Paul, acop & others : Shaun Earl
Alexi Darling,Roger's mom & others : Miri Park

12/12(土)マチネのキャストは上記の通り。Collinsを普段はChristmas CarolerをしているJohn、AngelはAndy、Andyの代わり(つまりSteve)がTelly、Christmas CarolerなどをTobyというキャスティング。私の中ではSteveはTellyというイメージが強いので、Andyの代わりがTellyという表示にちょっと混乱。日々キャストが微妙に変わっています。
■会場の様子
この日のショーの感想の前に12/11夜のレポートで書きかけていて消えてしまったという、会場の様子や全体の雰囲気などを書いてみます。
 
Fillmore Theatreは、おおざっぱな印象として、赤坂ACTシアターよりひとまわり大きいかなっていう感じで、前2列の席番号101~120がピット席(PA、PB)でになっています。そうするとピット席は40席くらいあることになりますが、Lotteryで20ドルで買える席は何回聞いても「28席」とのこと。てことは両脇は普通の金額なのかな?この会場の面白いところは客席の後ろの方に赤いベルベット(遠目からそう見える)のカーテンがあって、お客さんの入りが少ない時はそのカーテンを閉めて後ろの客席を隠すことができるんです。大は小を兼ねる?(笑)だから最初はお客さんが少ないことに気がつきませんでした。会場についての印象はこちらなどにも記載あり。
 
こちらのお客さんはとにかくどこででも笑います。例えば、Markが「壁にポスターが」とか言って、数人のキャストがポスターを広げるとそこで爆笑。「ストーブが」と金属のゴミ箱風のものを示すとまた爆笑という具合。こちらも次第に声を上げて笑うようになっていました。日本だと、周りがシーンとしていると笑ったり反応しにくい時があったり、そもそも声を上げて笑う習慣があまりなくて、「くすっ」と笑って終わってしまうのですが、ゲラゲラ笑うと楽しさも倍増です(笑)。あとは日本では定番の「Today 4 U」と「La Vie Boheme」の手拍子はここではナシでした。カーテンコールも最初に出てきて、そのあともう一度出て、それで終わり。そんな感じでした。
 
■ショー全体で気づいたこと
他に気づいたこととしては、東京公演では「Santa Fe」で確か高良さんがちょっとだけソロで踊る部分があった気がするのですが、マイアミではChristmas CarolerのJohnが主に踊っていました。他の人の時もあったかも知れないけど。ちなみに今のダンスキャプテンはMiri Park。でも高良さんと比べるとMiriのダンスは素人目で観てですが、特に印象に残るようなことはなかったです。高良さんは全体的に動きがシャープでかっこよかったですからね。
 
衣装の変更についてはこちらで触れています。
 
■この日のショー
メモにそって順不同に。座席は一列目のPA-105(左寄り)。この日はAdam Pascalが特に声が良いなーと思いました。他の日も不調という訳ではなかったですが、この日はのってるなーって思いました。Christmas CarolerのTobyは不調でした。声の出が悪いというか。前の日はCollinsをやっていたのですが、その時は(Collinsとしてどうかは別として)声の調子は悪くはなかったんですが。そのTobyが「Santa Fe」で踊っていたとメモにあるので、Christmas Carolerが踊るのかな。
 
前回AndyのAngelを観たとき、スカートはいてないの?と思ったくらい、サンタクロース風の衣装の時、下のスカートが短かったです。(Shaunの時は下からスカートが見えていたのに。)だけど、前回はかなりスカート&上着をぴらぴらさせていたのに今回はそうではなかったです。AndyのAngelは優しい声でゆる~い感じで、「NY city~」っていうところもゆる~い感じがウケてました。
 
JohnのCollinsは若い感じのCollins(Tobyほどではないが)でクリアで柔らかい声でした。私はどうしてもオリジナルのJesseや東京公演にもきたMichaelをイメージしてしまうので、どのCollinsも不満なのですが、でもどのCollinsもI'll Cover You(reprise)は感動しますね。良い曲ですしね。そういえばこの日初めて、お葬式でのMaureenの「私たちこそラッキー」っていうあの台詞で泣けました。キャストが声を揃える演出に変わってから、そのことに慣れなくて、ここで泣けないのが寂しかったんですが、東京で10回、マイアミで3回目にしてやっと泣けました。あとはなぜだか「Another Day」のNo day but todayっていうところでも。
 
この日に限らずですが、私が好きなシーンは「Tango: Maureen」。大柄で勝ち気な感じのMerleが「give up right now」っていうところで機械を蹴ったり、Markのダンスの誘いに渋々応じるところもわざとらしいくらいのオーバーアクションで笑えました。Anthonyも大柄なMerleに合わせようと両手を斜めにひろげるところとか一生懸命手を伸ばしているようにみえて可愛かったです。あとは子犬のまねみたいなところでマフラーを指に絡めている仕草とかも。
 
でもこの日のお客さんは最悪。私たちは1列目だったのに隣の隣の女の子が思いっきり歌ってました。Out Tonightとか。しまいにはうしろの男も歌い始めてがっかり。女の子の方は、最後の方の「Roger, this is your mother」っていうところまで歌って(しかもかなりずれたテンポで)、こういうシーンとしたところで歌っちゃう神経にはあきれました。あと、La Vie BohemeでShaunが「Ew!」って気持ち悪い感じで言うところも誰かが先に言っちゃって、すっかり台無しでした。
 
*出待ちレポートまでいきたかったけど時間切れ。続きは後日!Good night!
 
*時系列のインデックスはこちら。
 「RENT」ツアー・マイアミ 記事インデックス
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2009/12/25 04:07 】 | RENT(National Tour in Miami) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<「RENT」ツアー・マイアミ(12/12マチネ)・その2 出待ちでAnthonyに聞いたこと | ホーム | マイアミ3日目 12/12(土)・この日の出来事>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/999-5acf5480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。