FC2ブログ
中村中(なかむら・あたる)さんの記事
中村中さん・朝日新聞 昨日の朝日新聞に、来年セクシャリティをテーマにしたロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」(山本耕史主演)に出演する中村中さんの記事が載っていました。(私がこのミュージカルに興味を持った経緯はこちらこちらから。)
*クリックで大きめの画像を表示します。

 ミュージカルの公式サイトのプロフィールには書かれていなかったのですが、朝日新聞によると、中村さんは男性として生を受けたけれど心は女性である性同一性障害であることを公表しているとのこと。探したらこんな記事もありました。

中村中、次は『ヘドウィグ』で性を超える!
Yahooニュース 2006.10.17

 彼女(今は女性なので)のことは「ヘドウィグ~」の公演情報で知りました。いくか見た写真はきれいでちょっとはかなげで、なんとなく気になっていました。どんな人なんだろうって。

 「ヘドウィグ~」での彼女の役柄は、主人公ヘドウィグ(性転換手術で男性から女性になるが手術ミスで1インチ残ってしまう)の夫イツァーク。この人は身体は男性でドラッグクイーンというような人らしい。オフ・ブロードウェイ版と映画版ではこの役を女性が演じているとのこと。中村さんは生まれた時は男性だけど今は女性。う~ん、なんとも複雑です。

 このミュージカルの情報を得て、よく知らないまま勢いで行くことに決めて(笑)、たまたま先行販売でチケットを購入できたのですが、東京公演の一般発売は初日に完売だったんですよね。すごい人気でビックリです。一緒に行く友だちはすでに映画版を見たとのこと。私もそのうち観ようと思っています。そして、中村さんの演技にも期待したいです。

 ところで、東京公演は完売といいましたが、公式サイトで東京ツアーファイナルということで、東京厚生年金会館での追加公演(4/7昼・夜、4/8昼)が発表されましたね。東京厚生年金といえば先日「RENT」を観たところ。ホールは広いけど、ロビーは狭いし、トイレは少ないし、あまりいい環境とはいえないけど、人は一杯入りそう(2,062席。新宿FACEは470席なので4倍以上)。発売は1月です。

◆リンク
 ロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」(山本耕史主演)公式サイト

 「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」上演決定(イープラス)

 映画版「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」公式サイト

 中村中オフィシャル・ウェブサイト

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
ジョン・キャメロン・ミッチェル (2002/09/06)
エスピーオー

この商品の詳細を見る


 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2006/12/02 23:55 】 | Hedwig and the Angry Inch | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<『静けさは危険な香り』1989 | ホーム | マークからみた「RENT」>>
コメント

追加公演が決まってたんですね?知りませんでした。この記事を読んで更に行きたい度が↑しましたが、来日公演で予想以上(笑)の出費だった私には残念ながら行けそうにありません。彼女はいろんな意味でとっても興味のある存在なので、今後要チェックですね。

【2006/12/05 00:03】 | URL | ami #-[ 編集] | page top↑

amiさん
>追加公演が決まってたんですね?
そうなんですよ。
でも随分広い会場なので、雰囲気がちがうかもしれませんが。

>来日公演で予想以上(笑)の出費だった私には残念ながら行けそうにありません。
かなりの回数になってましたもんね(笑)

>彼女はいろんな意味でとっても興味のある存在なので、今後要チェックですね。
歌の方でも人気があるらしいですよね。
舞台も楽しみです。

【2006/12/05 02:27】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑

中村中さんのことを教えてくれて、ありがとうございます!
私も写真でしか知らず、雰囲気がある人だし、どんな人なんだろう?と思っていました。
アンソニーが、「ヘドウィグ~」の舞台で主役のヘドウィグを演じたことがあるとはhimikaさんが書いてますが、このヘドウィグを女性が演じたこともあるそうです。
こんな作品らしいと少ない情報ながら「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の舞台を見に行くことにし(himikaさんによって(笑)、himikaさんは私に引きづられたと言ってるけど。でもまあ、そうかも(笑))。その後、映画版を見て、これ、舞台もぜひ見たい!と思いました(すでに舞台のチケットを買ってたんですけどね(笑))
主人公ヘドウィグの物語で、群像劇の「RENT」とは趣きが違う作品ですが。男として生まれ性転換手術をし女になろうとしたけど手術は失敗で女になりきれなかったヘドウィグの「愛を求める魂」の話。語る能力がないし、語りすぎるのもどうかなんで、ここまで。映画版、見てくださいね。

【2006/12/05 22:23】 | URL | chie #-[ 編集] | page top↑

chieちゃん
>私も写真でしか知らず、雰囲気がある人だし、どんな人なんだろう?と思っていました。
その謎めいた感じもまたいいかも。

>このヘドウィグを女性が演じたこともあるそうです。
そうなんですか~。何重にも入れ替わる性に翻弄されそうですね。

>こんな作品らしいと少ない情報ながら「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の舞台を見に行くことにし(himikaさんによって(笑)・・・
すでに予習もばっちりですね。きっかけを作ったことは認めますが、先にはまったのはそちらのよう。あとはあなたについていきますワ♪

>男として生まれ性転換手術をし女になろうとしたけど手術は失敗で女になりきれなかったヘドウィグの「愛を求める魂」の話。
なんかすごく楽しみだわ。自分でも何をどう楽しみにしているかわかってないんだけど(笑)
映画版もみてみますね。

【2006/12/06 00:14】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/99-aad60e01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |