スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
Come to your senses
「RENT」の東京公演が終わった時、「「RENT」なしでは生きていけないわ。」と思ったけど、本当に生きていけないかも(?)。まあとりあえず、生きてはいますけど(笑)。

この“赤いブログ”には個人的なことはあまり書いていませんが、父が入院してから色々あって母に泣かれてしまって、そういう時、私が泣くわけにいかないから、とにかく現状を受け止めてできることをしようと話して落ちつかせたのですが(私が子どもの頃から、私と母の関係はこんな感じです)、そんな日の翌日、仕事に向かうために小走りで駅まで向かいつつ、iPodで聞いていたのは「チック・チック・・・ブーン!」。1曲目の「30/90(サーティ・ナインティ)」は1990年に30歳になってしまうJonathanの焦りを歌った歌ですが、なのに元気で明るいこの歌を聴いていたら急に涙が出てきました。くり返されるフレーズは"What can I do?"だと思ったら"What can you do?"だったんだなーと気づいて、「私には何ができるんだろう?」と思いながら。これは「RENT」ではないけど、Jonathan Larsonはやっぱり天才だと思う。いつも私を助けてくれるから。大丈夫、私はこのくらいでくじけたりしないからね!
「チック・チック・・・ブーン!」にはJonathan Larsonの死後、3人バージョンにアレンジされた時にもともと別な作品「Superbia」の曲である「Come to your senses」が加えられたのですが、私はこの曲、あまり意味はよく理解していないけど、好きなんですが、この時は一番最後の"Baby, come back alive."の"alive"というところが引っかかりました。「生き返って」と言っているような気がして。(あとでよく考えたら、「元気を取り戻して」くらいの意味なのかな、と思ったのですが。)"Come to your senses"というタイトルは添付の和訳には「感性に目覚めなさい」となっているけれど、あらためて辞書で調べると"come to one's sense"は「正気を取り戻して」という意味とのこと。日本語版で「チック・チック・・・ブーン!」を観た時は、心を閉ざしている恋人に呼びかけているようなニュアンスだった気がするのですが、意識を失いつつある人に生き返ってと言っているようにも(今の私には)感じられて、本当はどういう意味なんだろうと、もっと知りたくなりました。

こんな時こそ「RENT」の助けを借りようと、mixiで募集していたレントヘッズさんの集まりに申し込んでみました。夕方から夜にかけての集まりなので、体力的にもつか心配な面もあるけど、色んな方に会えるのが楽しみです。「RENT」に限らず、人と会う場には時間をやりくりしてなるべく出ていこうかなと思っているところです。

それと、ある方が声をかけてくださって、「RENT」を観るための渡米を計画中です。私はツアーが終わるまでにもう一度「RENT」を観たいという気持ちがあって、ツアーの最終地ということも考えていたのですが、8月の東京公演の頃から、その時も今も発表になっているのは1月末までのMadisonまでですが、「このあとにもまだあるのではないか?」という説が囁かれていて、もしそうだとしたらそれが発表になったら誰か一緒に行ってくれる人を探そうかな思っていました。NYは3回行ったので、もう大丈夫ですが、知らない場所にひとりで行くのは不安だし、その方が楽しいと思ったのです。そんな時に、声をかけてもらえたので、最終地ではないですが、一緒に行ってくれる人がいるなら行ってしまおうと思ったのでした。誘い文句が「またAnthony見に行きませんか?」って、そう言われたら「行きたい!」って答えちゃいますよね(笑)。もうちょっと具体的になったらまた報告します。

色々ありますが、私も元気を出さなくては!正気を取り戻して。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2009/11/03 22:33 】 | tick, tick... BOOM! | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<ミュージカル「AMERICAN IDIOT」がシアターガイドで紹介されました | ホーム | himikaが書いた原稿へのリンク>>
コメント

himika -sama
年を重ねるにつれ色々と辛い事も増えてきたりしますよね。私もティーン時に親を亡くした経験があり辛かったですが。好きな音楽やミュージカルや舞台を見たりすると嫌な事も乗り越えられたりしますよねえ。RENTは本当色々と勇気が貰える作品で私も既にかなりの中毒患者です(笑)来年2月で本当に終了らしいので私ももう一回一人渡米計画中です。
今年はすっかりRENTのおかげで超貧乏ですが・・・でももうこの先やらないって聞いたら行ける限り見に行きたくなりますよね。最近は他の趣味も興味薄れてすっかりRENT中心生活になってしまいました。

【2009/11/04 23:17】 | URL | petchy #-[ 編集] | page top↑

petchyさん
> 年を重ねるにつれ色々と辛い事も増えてきたりしますよね。私もティーン時に親を亡くした経験があり辛かったですが。
そうでしたか。それはお辛かったでしょうね。家族は本当に色々ありますよね。

>RENTは本当色々と勇気が貰える作品で私も既にかなりの中毒患者です(笑)来年2月で本当に終了らしいので私ももう一回一人渡米計画中です。
本当に終わってしまうなんて、信じられませんね。

> 今年はすっかりRENTのおかげで超貧乏ですが・・・でももうこの先やらないって聞いたら行ける限り見に行きたくなりますよね。最近は他の趣味も興味薄れてすっかりRENT中心生活になってしまいました。
これが最後、これが最後と思いつつまた行きたくなってしまいますね。東京でサヨナラしたつもりが・・・(笑)

【2009/11/06 03:56】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/963-e68ab35c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。