スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「CHICAGO」2回目(10/17昼)&「RENT」の余韻・・・
ブロードウェイミュージカル「CHICAGO」
CHICAGO_DSCN4406.jpg
色々あって何日も経ってしまいましたが、10/17(土)13時からの「CHICAGO」についてです。今回は大澄賢也さんの出る日を狙っての2度目。写真はパンフレットの表紙。黒っぽく見えるけど光沢があって角度によって青や緑に光ります。
■キャスト
CHICAGO_PH_117_400.jpg←クリックで拡大
 
今回は忘れずにキャスト表をチェック。よくみると、役名は書いていなくて、左右にキャスト26人+指揮者の名前が書かれていました。その順番に役名を書き加えてリストにしてみました。(私って、ヒマ人だわ。笑)代役の役名は省略しました。

・左側
ASHLEY ADAMEK (Hunyak)
SHAWN BECK-GIFFORD (The Doctor, Court Clerk)
SHAMICKA BENN (Go-to-Hell-Kitty)
CORNELIUS BETHEA
DAVID BUSHMAN
CHRISTPHE CABALLERO (Sergeant Fogarty, The Judge)
NEWTON COLE*
TOM RIIS FARRELL (Amos Hart)
DAN GUTIERREZ (The Bailiff)
BRENT HEUSER
AMANDA SUSAN JOHNSON*
TERRA C. MACLEOD (Velma Kelly)
BIANCA MARROQUIN (Roxie Hart)

・右側
D. MICCICHE (Mary Sunshine)
PILAR MILLHOLLEN
ANDREW NEAL*
DREW NELLESSEN (The Jury)
KENYA OSUMI (Fred Casely)
ADAM PELLEGRINE (Harry, Martin Harrison)
KEVIN RICHARDSON (Billy Flynn)
LINDSAY ROGINSKI (Liz)
KEVIN STEELE (Aaron)
MELANIE WALDRON (Annie)
DEBRA WALTON (June)
JESSE WILDAN (Mona)
CAROL WOODS (Matron "Mama" Morton)

・下
THIS PERFORMANCE WILL BE CONDUCTED BY
ANDREW BRYAN

で、発見したのですが、*印のついた3人はパンフレットに名前がありませんでした。急遽来日されたのでしょうか。(どうでもいいですね。笑)
CHICAGO_PH_115_400.jpg
この日はHunyak役が代役(PILAR MILLHOLLEN)でした。Hunyakは確かハンガリー人という設定で、英語は「not guilty(無罪)」しか言わないので、前の方と比べて特に違いを感じませんでした(ダンスはなおさら違いがわからないので)。
 
■感想
2回目ということで、ストーリーがわかっていたので余裕を持ってみることができました。大澄さんは最初に殺されてしまう役なので他の男性よりもダンスの部分が少ないのですが、最初のうちは大澄さんが出ている時は大澄さんを中心にみていたけど、大勢で踊るところも全く違和感がないので、だんだんに集団の中のひとりとしてみる感じになりました。それってすごいことですよね?私はダンスは詳しくないのでちゃんとした評価はできないですが、どこかで手を上にあげた時に「他の人よりも腕が長いな」と感じたところがありました。同じくらいの身長の人と比べて手先が上にあった気がしたから。でも、カーテンコールで一列に並んだ時、隣に立っていた同じくらいの背丈の男性と比べて特に腕が長いということはなくて、あれはなんだったんだろう、それだけ背筋や腕がよく伸びているということ?それっていいことなの?と気になったままになっています(笑)。あとは笑顔。とにかく楽しそうでした。それが一番印象的でした。
 
あとの感想は1回目とだいたい同じなのですが、1回目にも気になった太っているのに存在感がないエイモスがやはり気になりました。妻ロキシーは舞台での活躍を目指すもNOばかり。そこに現れた彼はYES、YES(NOと言わない)なのが気に入ったというところが。
 
私は相談の仕事をしていますが、最近来たある女性が言っていました。「結婚前はやさしくてなんでも言う通りにしてくれた夫がだんだん不審な行動を・・・。やっとわかったんです。彼はNOと言わない人だと思っていたけど、NOって言えなかっただけなんだと!」結婚前から本当は不審なことが色々あり、結婚にも乗り気じゃなかったのに、彼女はそれに気づかなかった、というより、気づかないようにしていたのです。最近表面化してきた色んなことが彼からの「いいかげん気づけよ!」のサインだったわけです。結婚前ちょっと元気がなくて、たまたま出会って・・・。ロキシーとエイモスとの出会いもそんな感じだったんでしょうね~。こういうことってありがちですよね(笑)
 
それにしても、ひとのいい夫に自分の身勝手な殺人の罪をかぶせようとするロキシーのしたたかさより、エイモスのなんとも自主性のない態度にイライラするのは私だけでしょうか(笑)。女って、そういうものよね。
 
あとはだいたい前回と同じかな。
 
■会場の様子&出待ち?
約半月ぶりの赤坂ACTシアターでしたが、前回はいろんな意味で放心状態だったのであまりまわりのことが目に入ってこなかった感じがありますが、今回はもう少し興味を持ってみることができたかな。「RENT」の時とちがうな~と思ったりとか。

まず、思ったことはスタッフの方たちの服装。「RENT」の時はグッズTシャツをお召しになっていましたが、「CHICAGO」では男性はスーツ姿(女性はみた記憶なし)。初日だけかと思ったらこの日もそうでした。劇場内の案内の女性たちは赤と黒のチェックのスーツで、ちゃんと制服があるのねと思いました。季節的にもTシャツって感じじゃないとは思いますが、お客さんもおしゃれしてくる感じの方が多いので、雰囲気を合わせたのかも。

そういえばグッズ売り場は初日はさすがに混んでいたけど、この日はガラガラ。お客さんは2~3人。売り子さんがTシャツを高く掲げて宣伝していたけど、買っている人はあまりいないようでした。Tシャツのシーズンじゃないからではなく、そもそもそれを買って会場に着てこようっていう雰囲気じゃないですからね。それと、Tシャツに書いてあった文字、「ISN'T IT」だったかな、それの意味を、2回観たにもかかわらずピンときてない私って、やっぱりちゃんと理解してない??(笑)。「NO DAY BUT TODAY」ならわかるけどな。

SOLD OUTになっていたのはブロードウェイやロンドン・キャスト版のCDだけ。グッズの種類も少ないし(Tシャツの他にはエコバックがあったと思う)、公式サイトにグッズの紹介もないし、売り場でも「売れないだろうな~」っていう空気が漂っているし。「RENT」の時とのあまりのちがいにビックリ。っていうか、「RENT」が盛り上がりすぎ?これまでの来日でもそうだったけど、みんな何回も観に行くし、グッズは買いまくるし、私たち相当いいお客さん?(笑)
 
前回同様、出待ちはするつもりではなくて、終演後ゆっくりアンケートを書いて投入してきました。そのあとで、帰り際、「出待ちしないまでも、出待ちエリアの状況だけでも見に行ってみよう」と思い立ち、劇場の裏手へ。
 
途中で、キャストの方?と思われる外国人の方を何人かみかけました。そして楽屋口前広場(と私が勝手に呼んでいる)が見える場所(アイスクリーム屋さんがあるあたり)まできたら、ヴェルマ役の方と男性の役者さん(たぶん)が並んで歩いてくるところに遭遇。パンフレットも持っていなかったし、そもそも役者さんの名前も覚えてなかったので声はかけませんでしたが、ヴェルマさん(テラ・C・マクラウドさん)の声はふだんもハスキーでセクシーでした。
 
出待ちエリアをみると、ちゃんと小さな柵があって、出待ちしている人もちゃんといましたよ。5人くらい(笑)。いつもの出待ちの係のお兄さんもいましたが、今回は「RENT」とはちがい、ツーショットもOKだったみたいです。この人数なら当然ですね。出待ちエリアには近づかず、そのままみていたらエイモスさん(トム・リース・ファレルさん)が出てきてサインや写真撮影に応じていたようでした。そのあとエイモスさんは私の横も通過。舞台でみたとおり大きい方でした。私が行ったのが遅かったせいもあるかも知れませんが、大澄さんは見かけませんでした。
 
そんな感じで、出待ち終了(笑)
 
同じ赤坂ACTシアターでしたが、「RENT」の余韻にひたる一方、やっぱり「RENT」とはちがう、もうあの夏は終わってしまったんだなー、と感じたりもしました。劇場に入る前に、「RENT」の出待ちの時にいつもいたお兄さんと、たぶんブレイクスルーシートの抽選の司会をしていたお兄さんの姿が見えて、一瞬、「CHICAGO」もブレイクスルーシートってあるんだっけ?と思ったくらいなんですが(それはないと思いますが)、何度もお会いしてすっかり顔見知りになったお兄さん(特に出待ちの係の方)なので、お礼も兼ねてひと言ご挨拶でもと思ったけれど、結局やめました。こちらは勝手に懐かしんでいるけれど、すっかり「CHICAGO」モードになって忙しく立ち働くスタッフの方たちに用もなく話しかけたら迷惑かも知れないと思ったから。「CHICAGO」の初日から半月経って、私も少しはオトナになったかな~。いえいえ、まだまだ修行が足りないかも(笑)
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2009/10/21 04:15 】 | musicals/ミュージカル | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<「In the Heights」のツアーキャストが決定! | ホーム | 「RENT」をより深く知るために「ラ・ボエーム」はいかが?>>
コメント

わたしも、10月7日にCHICAGOみにいってきました~

RENTのあと、久しぶりに赤坂ACTシアターに行ったのですが、RENTとはほんと雰囲気違いますよね
グッズ売り場は特に(^^;
他のお芝居でも何度かACTシアターにきているけれど、やっぱりRENTの盛り上がりは特別ですよねぇ・・・

CHICAGOもダンスが良くて、面白かったですけども♪
大澄けんやさんも上手かったですねぇ
なんとなくテレビのイメージとかで、期待してなかったのですが(失礼か)、外人キャストから浮いていないのがスゴイと思いました!

【2009/10/21 08:56】 | URL | まりゑ #4B33lOYw[ 編集] | page top↑

まりゑさん
レス遅くてごめんなさい。
父のことで色々あって・・・。

> わたしも、10月7日にCHICAGOみにいってきました~
ご覧になったのですね~。

> 他のお芝居でも何度かACTシアターにきているけれど、やっぱりRENTの盛り上がりは特別ですよねぇ・・・
そうですよね。出待ちも「XANADU」の時も4人だったし(私も含め)、やっぱりRENTが特別なんでしょうね。

> CHICAGOもダンスが良くて、面白かったですけども♪
> 大澄けんやさんも上手かったですねぇ
> なんとなくテレビのイメージとかで、期待してなかったのですが(失礼か)、外人キャストから浮いていないのがスゴイと思いました!
ホント、溶け込んでいましたよね。世界に通用する実力を持っているってすごいことですよね。テレビでのイメージにとらわれず、ダンサーとしての彼をぜひたくさんの方に見てもらいたいですね。

【2009/10/22 23:29】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/957-0876ef3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。