スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
NYでもヘドウィグが上演されます(10/28)
こちらで、山本耕史&ソムン・タクの「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の再演について紹介しましたが(大阪11月、東京12月)、NYでも10/28(水)8時からBroadway Cares / Equity Fights AIDSのイベントとしてNew World StagesのStage 2で一夜だけ上演されるそうです。
broadwayworld.com:HEDWIG AND THE ANGRY INCH Storms New World Stages 10/28 For BC/EFA Annual Benefit
 
Hedwig役はDavid Brian Colbert、Yitzhak役はPetra DeLucaとのことです。上記ニュース記事に結構詳しくあらすじが書いてありますね(Hedwig tells以下の部分)。かいつまんでいえば、ドイツに生まれたハンセル少年がベルリンの壁を越えるべく、アメリカ人と結婚するために性転換をするも、1インチほど残ってしまい、後に離婚、トミーという少年に恋心を抱きロックを教えるのですが、トミーはヘドウィグの歌を盗んでロックスターに。ヘドウィグは“世界から忘れられたロック歌手”としてトミーのツアーの近くでコンサートを開催。子どもの頃母から聞いた(人はもともと男と男、女と女、男と女が2人でひとりだったのが神の怒りで切り離されてしまい、そのカタワレを探す運命となったという)“愛の起源”の物語のように自分のカタワレを探す旅をしている・・・というような話です。
 
この切なくも美しい愛の物語に添えられたJohn Cameron MitchellとStephen Traskの魅力的な楽曲はどの曲も本当に好きで、1回聴くとしばらく聞き続けるくらいはまってしまうんですよね。まだご覧になっていない方には是非オススメしたいです。NYが無理なら日本でも(笑)。私も日本でしか観たことがありませんが、山本耕史版は基本的に楽曲は英語で歌うので(軽く字幕も出るはず)原曲のイメージを崩さずに聞けるのでいいと思います。
 
NY版の方は大きめの写真がBC/EFAの公式サイトに載っていました。この写真だけでは顔もよくわかりませんが(笑)、Davidさんは色々賞も受賞されている俳優&歌手だそうですから期待できそうですね。私はちょっと行かれないですけど。残念・・・。
 
◆Broadway Cares / Equity Fights AIDS
 HEDWIG AND THE ANGRY INCH

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2009/09/30 03:36 】 | Hedwig and the Angry Inch | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<山本耕史&アンソニー・ラップの写真って・・・ | ホーム | いまさらHMVをみてみました>>
コメント

ヘドウィグ、Anthonyつながりで前から観てみたいな~と思ってました。是非とも行きたいと思います。情報ありがとうございます☆

【2009/10/01 05:59】 | URL | Fumie #-[ 編集] | page top↑

Fumieさん
> ヘドウィグ、Anthonyつながりで前から観てみたいな~と思ってました。是非とも行きたいと思います。情報ありがとうございます☆
ライブ感覚できっと楽しめると思います。
もし行かれたら感想など聞かせてくださいね~。

【2009/10/03 02:05】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/938-8ad9e4f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。