スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「RENT」ツアー・8/23(日)
RENT2009_act_DSCN4137.jpg
13時からの公演で12時前くらいに到着。いつも会う(毎日?いるらしい?)Mくんがすれちがいざま「アダムとアンソニーはもう入っちゃったよ」と教えてくれました。いつもありがとう!
 
それでも楽屋口前広場(勝手に命名)に行ってみたら、入り待ち&出待ちエリアが広くなってました。この写真だと縦の柵が3つありますが、これまでは(少なくとも2日前までは)2つだったんじゃないかな。この日の入り待ちは結構ガラガラでした。あとからBTハズレ組が来てそこそこの人数になりましたが。人が少ない分、キャストもゆっくり足を止めてくれる感じでした。
入り待ちで会えたのは、マイケルとか、もうひとりのアダム(アダム・ハルピン)、ジョシュア、ニコレット、レクシーなど。ジョシュア、鼻が高くてかっこよかったですね。パッとみて「ロジャーっぽいな」って思いました。ジャスティンもきて、何人かが手を振ったら、仕方なさそうに楽屋口に近い側の辺にいた数人の伸ばした手にタッチして去っていきました。ジェドは時間ギリギリだったのでサインなどはナシで「もう行かないと」と笑顔で駆け込んでいきました。
 
■この日のショー
特にこの日がというわけではないのですが、7回みて思うことは、さすがはブロードウェイキャスト、ひとりひとりの能力が高いなとつくづく思いました。
 
アンソニーは2007年のBWで観た時とあまり大きく変わっていないというか、その時から自然にマークでした。「Tango: Maureen」のようなコミカルなシーンも、シリアスなシーンもすごく良かったです。BWの時はもうちょっとだけ可愛いマークだったかも(ホームレスの女性にすごまれてしょげているところとかが特に)。やっぱり久しぶりの舞台だから若く見せなくちゃっていうのもあったのかな。今回は等身大のマークという感じ。でもそれがステキ♪
 
アダムはBWの時より、感情を出すようになっていました。泣いているのかと思うような場面が何度もあったし、「Your Eyes」で「ミミ~!」というところはいつも声が割れたり、かすれたりして音程も微妙にずれている感じなのですが、恋人が死にかかっているのだから、逆にそこできれいな声で「ミミ~」と熱唱する方がおかしかったんだと、今回のアダムを観てそう思いました。
 
レクシーのミミは、前半は気が強い感じなのですが、だからこそ、「Goodbye Love」での感情をむき出しにした悲しみの表現が生きてくる気がします。スタイルもよくて可愛いミミです。BWでみたタマイラ・グレイ(Tamyra Gray)のミミは、エンジェルのお葬式の時は本当に泣いていたけれど、今回はセリフの一部をみんなで声を合わせるという演出なので、そういう感じではなかったですが。
 
BWでもみたニコレットのモーリーンはもともと元気いっぱいだけど、さらにパワーアップしたような。マイケルの「I'll Cover You (reprise)」は涙なくしては観れません。私はBWではエンジェルはジャスティンしか観たことがなくて、今回もジャスティン。すごく可愛いです。
 
これも新演出なのかどうなのかわからないけど、ベニー(ジャック)がすごく陽気で楽しいです。ハネーファのジョアンはしっかりものっていう感じだけど、「Tango: Maureen」では思いがけずプーキーと呼ばれて慌てて、マークに聞かれないように小声で話したりとか表情豊かです。
 
SOLの男性ソリストのジョンはさわやかな声。グウェンのソロが素晴らしいことはいうまでもなく、「みなさんへのギフトとして歌っています」っていう言葉どおりだなと思います。テリーのソロ(スティーブ)もとてもきれいな声で印象に残っています。他のアンサンブルの方も含め、本当に豪華キャストだなと思います。
 
演出や字幕など新たに気付いたこともありますが、それはまたあらためて。
 
■出待ち
この日はアンソニー狙いだったので、既にサインをもらっているキャストには手を振ったり写真を撮らせてもらったり(というか勝手に撮る)してました。アンソニーには彼のCD「Look Around」にサインをもらいつつ、アンソニーに是非また日本に来てもらいたいので、みんなで主催者にメッセージ(=アンケート)を送ろうと計画していると、たどたどしい英語で伝え、そのことを書いた日本語のメモ(友だちに渡すために何枚か作ったもの)も渡しました。おおまかにはわかってもらえたようで、あとで英語の得意な方がそのメモに気付いて軽く説明してくださったらしく、「アンソニーも是非日本に来たいといっていましたよ」と教えてくれました。ありがとう!
 
この日はめずらしくハネーファが出待ちエリアに来てくれました。出待ちの常連さんによると、ハネーファはポッキーが大好きで「ポッキーあるよ」というと来てくれるとのことで、私も一度、素通りしそうになったハネーファが誰かが差し出したポッキーを受け取って「ストロベリー♪」と喜びつつそのまま去っていくのをみました。この日も誰かがあげたのか、アップルのポッキーの箱を持っていました。ポッキー効果かどうかわかりませんが、私もサインをもらうことができました。
 
Look AroundLook Around           
(2000/01/01)
Anthony Rapp

商品詳細を見る

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2009/08/25 03:59 】 | RENT(National Tour 2009-10) | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<「RENT」ツアー・グッズ買いました? | ホーム | アンソニーをもう一度日本に!!>>
コメント

今回もまたレポートありがとうございます!
8/12に14時公演の入り待ちをしていたんですよ。たくさんではないですが、他にも何人かファンの方が楽屋口前広場にいて。みんな特に邪魔や迷惑になっているという感じはありませんでした。本当にこの記事のhimikaさんの写真のような状態だったんですよ。けれど、いつもいるスーツ姿のお兄さんが「ここは○○(名前は忘れた…)の敷地内なので入らないでください!」と私たちに言ったんですよ…。それで私たちは、楽屋口前広場の外(下のコンクリートの色が微妙に変わっている部分)に出ましたが…。
himikaさんの記事を読むと、入り待ち、出待ちの状況も改善されたようですが…。
日本ってこんな感じなんですかね?私がRENTの出待ちをした限り、ファンもきちんと、常識を持っている方ばかりだと思ったのですが…。スーツのお兄さんの言っていることは正しいのかもしれません。でもちょとさみしくなったできごとでした。

【2009/08/25 13:09】 | URL | あや #-[ 編集] | page top↑

いつも楽しく拝読しています。

私たちは8/20の公演を観ました。すごくよかったです。
himikaさんの言うとおりブロードウェイキャストのみんなが誰も「私のRENT」のイメージどおりで、歌もよかった。昨年NYBWで観たもの、数年前新宿で観た来日公演を観てあまりのイメージとの乖離に今回もある程度覚悟をして臨みましたが、それは杞憂に終わりました。(新宿での公演のトムコリンズなんか背が高くないおデブちゃんで「なんでぇ??????」と本当にガッカリきたものでした。)
アンソニーのセリフや歌がもうCDを聴いているようでした。よくはわかりませんが彼の姿勢やこだわりというものが伝わってくるような内容でした。またこれも想像ですが彼がオリジナルのベースにこだわって、みんなを引っ張ってきたのではと思います。「やっぱりRENTはこうでなくちゃ」と思わせる内容でした。

私たちは熊本からの遠征で1度きりの観劇です。CDと映画でRENTを知ることになった「つれあい」も最初から最後まで泣きっぱなしで、
「今までで観た中で一番よかった」と本当に感激していました。

これが恐らく最後のRENTになるのかな・・・。

最後に素晴らしい公演を観られて本当によかった。

と言いつつすでに来年のIn The Heightsの
来日公演が気になってます・・・。(でもLinが来ないとねぇ・・・)

これからも貴重な情報、楽しみにしています。

【2009/08/25 22:58】 | URL | かぶとむし #-[ 編集] | page top↑

あやさん
> 8/12に14時公演の入り待ちをしていたんですよ。
>けれど、いつもいるスーツ姿のお兄さんが「ここは○○(名前は忘れた…)の敷地内なので入らないでください!」と私たちに言ったんですよ…。
スーツのお兄さんの弁護をするわけではありませんが、説明によると、あのあたりはACTシアターが管理していて、RENT関係だけではなくて色んな人が出入りしているので、あちこちで出待ちされると(RENTの公演で借りている立場だからなんでしょうが)劇場側から出待ちはしないでくださいと言われてしまうと困るので、協力して欲しいということのようです。

> himikaさんの記事を読むと、入り待ち、出待ちの状況も改善されたようですが…。
そう思います。私も初日はかなり緊迫した感じだったので、その後の出待ちを心配していたのですが、入り待ちまで(主催者公認で)OKになっていてびっくりしました。

> 日本ってこんな感じなんですかね?私がRENTの出待ちをした限り、ファンもきちんと、常識を持っている方ばかりだと思ったのですが…。
ほとんどの方はそうなのですが、中には素通りしそうになったキャストを追いかけていってしまう方もたまにいて、たぶんそういう人はこれまでに何度もそのキャストと会っていてある程度顔見知りだったりとかいうこともあるんだと思うので、その気持ちもわかるんですが、でも何人かがそれをすると、他の人も駆け寄ってしまったりするので、係の人も状況は理解しつつも立場上制止せざるを得ないということだと思います。

キャストの方たちは、1ヶ月もの長期公演でお疲れの中、BWではあり得ない入り待ちにも応じてくれているので、なるべく負担をかけないようにしてあげたいなとも思います。なので、私は何度も観に行っているので、どうしてもという人は除いて、すでにサインをもらっている人はパスして、まだもらっていない人が少しでもお話しできるようにと思って、今は控えめに&写真撮影をメインに入り待ち出待ちをしています。

>でもちょとさみしくなったできごとでした。
そうだったんですね。言い方もあったのかな。
大勢の出待ちなので、2ショット禁止とか、さみしいなと思うこともありますが、野放しにしてトラブルになったり不公平になったりするよりはいいのかなと、思うようにしています。

【2009/08/26 08:48】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑

かぶとむしさん
> 私たちは8/20の公演を観ました。すごくよかったです。
> himikaさんの言うとおりブロードウェイキャストのみんなが誰も「私のRENT」のイメージどおりで、歌もよかった。
私が最初に来日公演を観た時はRENTを舞台で見れたというだけで感動していたのですが、アンソニーとアダムを観てしまうと、やっぱりこの人たち以外いないなと思ってしまいますね。

> アンソニーのセリフや歌がもうCDを聴いているようでした。よくはわかりませんが彼の姿勢やこだわりというものが伝わってくるような内容でした。またこれも想像ですが彼がオリジナルのベースにこだわって、みんなを引っ張ってきたのではと思います。「やっぱりRENTはこうでなくちゃ」と思わせる内容でした。
アンソニーの声、特徴ありますよね。そして演じ方も、こだわりを持っているんだと思います。オフ・ブロードウェイの前のプロダクションから参加しているので、RENTとともに生きているという感じなのかも知れませんね。
そういえばCDを聞いていたら、グウェンも同じ声だ~と思いました。アダムももちろん声は一緒ですが、歌い方はかなり変えてますよね。

> 私たちは熊本からの遠征で1度きりの観劇です。CDと映画でRENTを知ることになった「つれあい」も最初から最後まで泣きっぱなしで、
> 「今までで観た中で一番よかった」と本当に感激していました。
おつれあいと一緒に楽しめるってステキですね。ミュージカルのお客さんって女性が多いというイメージがありますが、RENTは男性も多いですよね。男女ともに惹きつける魅力があるんでしょうね。

> と言いつつすでに来年のIn The Heightsの
> 来日公演が気になってます・・・。(でもLinが来ないとねぇ・・・)
そういえば前のコメントもITH関係でしたね。Linの成功はジョナサン・ラーソン的でもあるし、声はアンソニーにちょっと似てますよね。彼の超絶ラップをまた聴いてみたいですね。

【2009/08/26 09:06】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/898-3d7a303c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。