スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「春のめざめ」制作ブログの新たな謎
劇団四季「春のめざめ」の制作日記ブログに新たな謎が提示されています。
舞台上に浮かぶ文字
 
舞台のヘリに、舞台から客席に向いた方向から読めるように謎の17文字が書いてあるとのこと。おそらく、キャスト13人+アンサンブル4人の立ち位置を示すものなんでしょうね。「F」「R」「U」「E」「H」と続く文字とのことですが、私、これ、わかったかも!
 
それにしても、スライド板の件や、この件のように、ここまで言われなければ誰も気がつかないような仕掛けって、意味があるんでしょうか?いずれもロンドン版から付け加えられたらしいですが。しかも、後半になってからマニアック情報を小出しにしてきて、また見に来いという意味?商売っ気があまり見えちゃうのって興ざめですよね。私は純粋にこのショーが好きなのでまた観に行くけど、どこに何が書いてあるとかいちいち気にしないといけないのかなー。そういわれていて、それが見えない席だったらストレスたまるだろうな。
 
「続きを読む」の途中にヒントを、う~んと下の方に私なりの答えを書いておきます。見たい方だけ見てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ヒントは「春のめざめ」です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
答えは「Fruhlings Erwachen」。「春のめざめ」の原作戯曲のドイツ語のタイトル。3文字目は本当はuではなく、上にふたつの点々(ウムラウト)がついたuです。
私はまだ見ていないんですけど、手持ちの資料でもいくつかの文字が確認でき、たぶんこれだと思います。わかってしまえば、何てことないんですけどねえ。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2009/07/20 23:30 】 | Spring Awakening | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<「コーラスライン」の公式サイト | ホーム | 「サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ」を観てきました(7/11)>>
コメント

この件は先日行われたバックステージツアーで舞台監督さんから話がありました。
通常の舞台では数字が書かれているんですけど、まあ遊び心ですよね。
このイベントでは小道具も触れたりして、なかなか興味深かったです。

【2009/07/21 02:21】 | URL | TAO #mQop/nM.[ 編集] | page top↑

開幕当初から、ステージシートに座るとスタッフの方が教えてくれてましたよ。ドイツ語で「春のめざめ」って書いてありますって。
別にリピーターを狙った商売っ気というわけではないと思いますよ。
私も、ちょっとした遊び心で洒落てるなって思いました。
先日のバックステージツアーでは、小道具が惜しげもなく大公開でした。メルヒのメモは柿澤君の手書きで、彼が役作りをかねて全部自分で調べて書き上げたそうです。
この舞台には、気がついても気がつかなくてもいろんなところに秘密があって、そういう雰囲気そのものが舞台の世界を作り上げてるんじゃないでしょうか。

【2009/07/21 03:06】 | URL | ritz #-[ 編集] | page top↑

TAOさん
>この件は先日行われたバックステージツアーで舞台監督さんから話がありました。
通常の舞台では数字が書かれているんですけど、まあ遊び心ですよね。

この件も説明があったのですね。実際に舞台を見て「これ」って言われないとなかなかわかりにくいですよね。

>このイベントでは小道具も触れたりして、なかなか興味深かったです。
制作ブログもそうですが、小道具や照明などの裏話がずいぶんたくさん聞けて、確かに興味深いですよね。
私はどうしてもキャストに目がいっていて、小道具まで目に入っていなかったので、いまさらながら色々な意味があるとわかり驚いています。

【2009/07/21 23:46】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑

ritzさん
>開幕当初から、ステージシートに座るとスタッフの方が教えてくれてましたよ。ドイツ語で「春のめざめ」って書いてありますって。
そうだったんですね。私も2度ほどステージシートで見ましたが、その説明はなく、今回初めて知りました。

>別にリピーターを狙った商売っ気というわけではないと思いますよ。
ステージシートでしかみえない(それもそのつもりで見ないと気付かない)ものがロンドン版から増えているということですが、ここまでわかりにくいと、ほとんどの人が気付かないんじゃないかと思ったのです。
しかも、このごろなにかとステージシートに誘導するようなことが多い気がして、結局、「ステージシートで見てください」っていいたいのかなーなんて思ってしまいました。

>先日のバックステージツアーでは、小道具が惜しげもなく大公開でした。メルヒのメモは柿澤君の手書きで、彼が役作りをかねて全部自分で調べて書き上げたそうです。
そうなんですね。確かに手書きっぽい感じに見えましたが、柿澤王子自ら作成したものとは!バックステージツアー、充実していますね。

>この舞台には、気がついても気がつかなくてもいろんなところに秘密があって、そういう雰囲気そのものが舞台の世界を作り上げてるんじゃないでしょうか。
そうですよね。確かに謎めいた小物に満ちあふれていますよね。
その意味がわかると納得できるところもあるし、でもそれを気にしすぎると、ショーに集中できなくなるし、だから何度も見たくなってしまいますね。

【2009/07/22 03:58】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/848-ebf1f7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。