FC2ブログ
劇団四季「春のめざめ」開幕&レアな?グッズたち
shiki_SA_0502_DSCN3674.jpg
今日、ついに「春のめざめ」が開幕しました。チケットを持っていなかったのですが、なんとなく行ってみました。劇場関係者が出迎える中、ぞくぞくと会場に入っていく人々。
shiki_SA_0502_DSCN3675.jpg
昨日、会見でお会いしたスティーブンさんとダンカンさんに昨日のお礼と開幕のお祝いを伝えるチャンスがあればと思って、何も考えずでかけました。11時15分過ぎ頃自由劇場に到着したらチケットボックスに人が数人並んでいました。窓口に掲げてあるボードには、席種ごとの発売状況が表示されていて、ステージシートのみ4枚残っていました。でも私の前に並んでいる人は5人。無駄と思いながら並んでみましたが、11時半から販売され、最初の4人が1枚ずつ購入したところで完売となりました。(今気づいたのですが、こちらに当日券情報があるんですね。)
 
せっかく並んだので、グッズ販売についてきいたところ、チケットがなくても開演時間中ならグッズを見ることはできるとのことでした。そこで、1時まで待ってみることに。自由劇場に向かう通路にはいくつもベンチがあるのですが、まったく日影がなくて、ずっと座っていたら日焼けしてしまいそう。そこで道路側に出て高速道路の陰に入ったり、通路に植えてある小さな木の陰に入ったりしながら待っていました。開演直前に、脇の方からすっと劇場に入っていった人の後ろ姿がスティーブンさんに似ていて、私は離れたところにいたし、やっぱり会えるわけないよなと納得。
 
shiki_sa_tshirt_DSCN3684.jpg shiki_SA_pin_DSCN3686.jpg
1時過ぎ、劇場入り口には大勢の劇場関係者のみとなったところで、ようやく劇場入り口に向かい、そばにいた人に「上演中にグッズをみせていただけると聞いたのですが?」と聞くと、丁寧に奥まで案内してくれました。でもそんな人は私だけで、ヘンな人だなーと思われただろうことは確実。まあしかたないですね。私が欲しかったのは先行販売限定のピンズだったのですが、それだけは四季劇場「秋」でないと売っていないそうです。「では他のグッズも「秋」にあるんですね?」と聞くと、写真の紫色のTシャツは自由劇場限定なんだそうです。ほかにピンクと薄いブルーがあるのは知っていたのですが、色が薄いので若い人はいいかも知れないけど私のようなアダルトウーマン(四季では「大人の女性」と訳されていますが)にはちょっとと思う一方、でも黒い方だと前面にはロゴしかなくて何か羽織ったら柄がみえないし(着てきたことがわからない)どうかなと思っていたので、この濃い紫はいいなと思い、即購入。2800円。
 
それから四季劇場「秋」へ。こちらも劇場の人はたくさんいるけれど、上演中なのでロビーはがらんとしていました。ここでも「春のめざめ」の限定グッズが欲しいと伝えると、奥の誰もいないグッズ売り場を開けてくれました。「今あるのはこちらだけになりますが・・・」と言われ一瞬ドキッとしました。二種類あるピンズのうち、どっちがないんだろうと思ったら、ロゴ入りの方でした。私が欲しかったのはこちらのマイク型の方だったので手に入ってよかったです。先行でグッズを購入された方の多くは、ロゴ入りの方がいいと思われたのですね。でも、このミュージカルではマイクが重要なポイントなので(実際に観ればすぐわかることですが)、マイクのピンズの方が私はいいと思ったのです。とりあえず今日はまだあったので、欲しい方はお早めに四季劇場「秋」へ。っていうか、これってなくなったらもう作られないのでしょうか?片方は初日にすでにないということは、結構レアなグッズになりそう?それよりも、欲しい人が手に入れられるように考えて欲しいです。長さ約2.5cm。1個400円。
 
ところで、劇団四季の「春のめざめ」のNEWSに初日のカーテンコール動画と、スティーブン・セイター氏(脚本・作詞)とダンカン・シーク氏(作曲)のインタビューも載っていましたね。(こちらで動画がみれます。)
 
日刊スポーツでも、カーテンコールが8回とのニュースが。
劇団四季新作初日にカーテンコール8回
 
ベンドラ役の林香純さんは19歳なんですね。初めて知りました。
 
◆関連リンク
・ブロードウェイ版のCD(日本版)
春のめざめ オリジナル・ブロードウェイ・キャスト盤春のめざめ オリジナル・ブロードウェイ・キャスト盤
(2009/01/21)
(ミュージカル)ダンカン・シーク(音楽)

商品詳細を見る
 *歌詞の日本語訳がついている。
 
「春のめざめ」関連リンク
「e+ Theatrix!」劇団四季ミュージカル「春のめざめ」制作発表会リポート!公開稽古レポート(by himika)
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2009/05/02 23:42 】 | Spring Awakening | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<ブロードウェイ「Hair」のナショナル・ツアーに向けて始動 | ホーム | フェーズ5!大流行間違いなし? 劇団四季「春のめざめ」公開ゲネプロをみてきました>>
コメント

昨日、観に行ってきました。
本当にいい作品ですね。今更ですが・・・。
NYではストーリーがちゃんと理解できなかったので、今回、音楽や照明などのすばらしさ以外に物語の本質に触れることができて本当に良かったと思います。
前から5列目で観ることができたのでキャストの表情も細かく見ることができ、どのキャラクターも印象に残っていますが、Ilseの金平さんとWendlaの林さんが個人的に良かったです。
Totally Fuckedは圧巻で観客の拍手も他の曲に比べて長い間鳴りやみませんでした。
The Song of Purple Summerはすごく安らぎに満ちていて役者の方たちの表情がとても豊かでした。
観劇後、すぐにでもまた観たいと思ってしまうぐらい素晴らしかったです。きっと、リピーターも増えるでしょうし、口コミも広がっていくでしょうね。わたしは・・・さっそく買い足しました。

公開稽古やゲネプロとは違う雰囲気を明日、感じとってきてくださいね。himikaさんの報告を楽しみに待っています。

【2009/05/03 14:47】 | URL | ayako #-[ 編集] | page top↑

ayakoさん
>昨日、観に行ってきました。
>本当にいい作品ですね。今更ですが・・・。
そうですよね。初日はかなり盛り上がったみたいですね。日本でもヒットの予感?

>NYではストーリーがちゃんと理解できなかったので、今回、音楽や照明などのすばらしさ以外に物語の本質に触れることができて本当に良かったと思います。
あらためて「これってこういう意味だったのね」って思うことがたくさんありましたよね。

>Ilseの金平さんとWendlaの林さんが個人的に良かったです。
金平さん、雰囲気あっていいですよね。
林さんも無垢な少女らしいしね。

>Totally Fuckedは圧巻で観客の拍手も他の曲に比べて長い間鳴りやみませんでした。
あの曲はやはり最大の見せ場ですよね。

>わたしは・・・さっそく買い足しました。
いまならまだ結構いいチケットとれそうですもんね。

>公開稽古やゲネプロとは違う雰囲気を明日、感じとってきてくださいね。
これまではとにかく写真をしっかり撮らなくちゃと思いながら観ていて、集中できない状況だったので、あしたはお客様としてしっかり楽しんできたいと思います。

【2009/05/04 01:59】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/773-32802c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |