FC2ブログ
3人のオリジナルキャスト
 「tick,tick...BOOM!」(山本耕史主演)の開幕が近づいてきました。

 日本版「tick,tick...BOOM!」で、主人公のジョナサンのオリジナルキャストはもちろん山本耕史。今回も同じ役を演じます。彼の「tick,tick...BOOM!」の評判はあまり目にしていないけれど、彼にとって思い入れのある役柄だし、公演中の10月31日に30歳になるということもあり(ジョナサンも30歳を目前に悩む役柄だし)きっといい演技をしてくれるものと期待が高まっています。

 私も今週末観に行きます!!
 さて、本場オフブロードウェイ版「tick,tick...BOOM!」のジョナサンのオリジナルキャストはラウル・エスパルザですね。スーザン役のエイミー・スパンガーとマイケル役のジェリー・ディクソンとともにその歌声がCDに残されています。ラウルのワイルドな歌いっぷりが結構気に入っています。

 こんな映像をみつけました。「SUNDAY」という曲で、日曜日に人々がブランチを食べに来る食堂でジョナサンが働いているようすが描かれています。

 "SUNDAY" (Raul Esparza/Amy Spanger/Jerry Dixon)

 観客がやたらゲラゲラ笑っていますが、なぜそこがそんなにおかしいのか私にはイマイチよくわからないんですが、日本語で聞けば笑えるでしょうか。日曜日にブランチを食べに来る客を皮肉った内容なんでしょうが、曲がやたらドラマティックなのが気に入っています。

 もうひとり、私はこの人こそ本物のオリジナルキャストだと思うのですが、まずはその映像をご覧ください。上記のオフ・ブロードウェイ版と同じ曲です。

 "SUNDAY"

 いかがでしたか?そう、この人はジョナサン・ラーソン。もともと一人芝居用に書かれた作品ということで、一人で歌っています。すごいと思いませんか?原作、作詞、作曲に加え、歌ってキーボードまで弾いてしまうとは!!コストを安く上げるために一人芝居を考えたそうですが、確かにこれなら彼自身と最小限のバンドでできてしまいますね。

 それも、単なる弾き語りではなく、その表情や声色でしっかり演技をしつつ、キーボードを自在に弾きこなすジョナサンの才能にすっかり魅了されてしまいました。3人芝居として演じられるようになって、おそらくどのキャストも実際にキーボードを弾いて歌うということはないと思うのですが、キーボードが弾けるかどうかではなく、このタレント性は他の人にはまねできないと思うし、むしろ中途半端にまねしないで欲しいと思うほどです。

 永遠のオリジナルキャスト、ジョナサン・ラーソンの思いを受け継いで、「tick,tick...BOOM!」は10/27(金)に東京から開幕します。

問い合わせ先:チケット・スペース

◆リンク
 tick,tick...BOOM!&山本耕史関連リンク

チック・チック・・・ブーン! チック・チック・・・ブーン!
演劇・ミュージカル (2003/05/21)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2006/10/25 22:16 】 | tick, tick... BOOM! | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<Happy Birthday Anthony!! | ホーム | 朝日新聞でRENTが紹介されました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/74-8a7f95a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |