FC2ブログ
「春のめざめ」の新訳本が出ました
春のめざめ―子どもたちの悲劇春のめざめ―子どもたちの悲劇
(2009/01)
フランク ヴェデキント

商品詳細を見る

どうやら今年の1月に出たばかりのようです。こちらに詳しい情報も出ています。大人の登場人物の名前をかなり意訳しているようです。ギムナジウムの校長“ゾンネンシュティッヒ”を“カン・カンデリ”(カンカン照り?)とか(笑)
 
劇団四季が今年の5月から上演する予定ですが、そのもとになっているブロードウェイ版「春のめざめ」(Spring Awakening)は、このフランク・ヴェデキントの原作戯曲とは結末が異なっているし、登場人物もかなり整理されて(減らされて)いますが、だいたいは同じなので参考になると思います(私はまだこれを手に入れておらず、以前入手したかなり古い訳本で読んだ印象を書いています)。
 
◆リンク
・ブロードウェイ版のCD(日本版)
 春のめざめ オリジナル・ブロードウェイ・キャスト盤
 
「春のめざめ」関連リンク

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2009/02/17 23:33 】 | Spring Awakening | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<「コーラスライン」の先行がはじまっています | ホーム | 「IN THE HEIGHTS」のLin-Manuel Mirandaが降板>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/694-549d80fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |