スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ジョナサン・ラーソン・トリビュート・コンサート(12/4)その1
12/4(木)の2時からのジョナサン・ラーソン・トリビュート・コンサート(略してJLTC)の2回目に行ってきました。
 
コンサートの中身が素晴らしかったことはもちろん、その前後に3つのサプライズ。そのうち2つはほとんどの方がまだ知らないことなので、どうぞご期待くださいね。
最初のサプライズはこちら。
JLTC2_cast_DSCN2090.jpg
ゲストのところをみてください。なんとウィルソンの名前の上に紙が貼ってあるのです。
「え~~~、ウィルソン、今日は出ないの?うそ~~!!」
 
上に重ねて貼ってある紙には、「お詫び」として、アンソニーが出られなくなり、ダフネとウィルソンが来ることになったと書かれています。だからもちろん今日も出るはずですよね?あわてて近くにいた会場案内の女性の「ウィルソンさんは今日も出るんですよね?」と聞いたら「出演いたします」というので、ウィルソンの名前の上に紙が貼ってあることを知らせ直してもらいました。係の女性も平謝り。何でこんなことになっちゃったんでしょうねえ(笑)
 
で、こうなりました。
JLTC2_cast2_DSCN2092.jpg
あ~びっくりした~。
 
◆曲目リスト
Seasons of Love B/日本語/東宝キャスト全員
Valentine's Day/日本語/高良舞子、Eliana、中村桃花
LCD Readout/英語/田中ロウマ
Boho Days/英語/東宝男性キャスト
Break Out The Booze/英語/Fried Pride(ボーカリストshihoとギタリスト横田明紀男)
Down/英語/ビデオ映像
Destination Sky/英語/ビデオ映像
Today4U/ウィルソン・ジャーメイン・ヘレディア
Out Tonight/ダフネ・ルービン=ヴェガ
 
Feliz Navidad/ダフネ・ルービン=ヴェガ
Why/ウィルソン・ジャーメイン・ヘレディア
I'll Cover You/ウィルソン・ジャーメイン・ヘレディア、米倉利紀
Another Day/(英語と日本語)/ダフネ・ルービン=ヴェガ、K
Love Heals/英語/出演者全員
Finale B/英語/出演者全員
 
  アンコール
Seasons of Love/英語/出演者全員
 
曲目はすべて12/2と同じです。歌う人もAnother Dayだけ前回のRyoheiさんにかわりKさんになっただけで、あとは同じです。
 
◆内容についてのコメント
2回目なので大分流れがわかってきました。12/2に書いたこと(曲紹介など)はここでは省略します。
 
はじめに田村さんからジョナサン・ラーソンの紹介(亡くなるまでのこと)。
 
「Seasons of Love B」/日本語/東宝キャスト全員
 
高良さんからジョナサンは2人きょうだいの弟で、奨学金でアデルファイ大学でソンドハイムに学んだこと(ソンドハイムに役者よりピアニストの方がお金になると聞き、作曲家を目指す)、NYにきてボヘミアン生活、ムーンダンスダイナーでアルバイト、日曜日に一週間分のパスタをゆでてそれを食べながら作曲に没頭したなどのエピソードが語られます。
余談ですが、ムーンダンス・ダイナーは残念ながら去年取り壊されてしまいました。(→関連記事)
 
「Valentine's Day」/日本語/高良舞子、Eliana、中村桃花
12/2もこの3人でした。
 
「LCD Readout」/英語/田中ロウマ
 
「Boho Days」/英語/東宝男性キャスト
 
「Break Out The Booze」/英語/Fried Pride(ボーカリストshihoとギタリスト横田明紀男)
12/2には緊張していたのか固さが目立ったShihoさんはこの日はノリノリでした。途中、スキャトをいれて、「ディドゥディドゥディドゥ~」みたいなのを歌って、今度はお客さんに、みたいに交代で何度かやりました。1回目の時に、Shihoさんが歌って、じゃあ客席でとなったのに声が小さかったら「コラー!」みたいに野太い声で怒ってみせて、そのあとはうまく行きました。
 
そういえば12/2の時には書き忘れたのですが、この歌の中に「ラウジー」とか「プーキー」とか「クッキー」とかが出てきて、RENTとは関係ない曲だけどなんかジョアンヌっぽいなという印象があって、曲名はうろおぼえでしたが、「Jonathan Sings Larson」に入っている曲だったらたぶんこれかなと思って歌詞をみたら、lousyとかbookie(pookieではなかったですね)とかcookieがあったのでやっぱりこれだと確信しました。
 
「Down」/英語/ビデオ映像
 
「Destination Sky」/英語/ビデオ映像
 
Today4U/ウィルソン・ジャーメイン・ヘレディア
米倉コリンズが呼び出しのワンフレーズを歌うのですが、「クリスマスイブのスポンサーは~」っていうところをこの日は「JLTCのスポンサーは~」と替え歌してました。
 
この日のウィルソンのいでたちは黒のズボンに白いワイシャツ。前の日に来ていた黒のベストとネクタイはなし。この日もウィルソンが出てきたところで大喝采でショーストップ状態でウィルソンも苦笑。12/2には体力的にもかなりきつい曲と言っていましたが、軽々歌いこなししなやかに演じるウィルソンはさすが。米倉コリンズとKロジャーもそばにいるけど、誰も彼らをみちゃいません(ごめんなさい)。当然ですよね。
 
「Out Tonight」/ダフネ・ルービン=ヴェガ
もうひとりのミミ、ジェニファー・ペリさんが英語でダフネをコール(12/2はDEMさんでした)。登場したダフネはヒョウ柄のロングドレス。これもミミっぽくてステキ。12/2は(前の日に着いたらしく)時差ぼけがひどいといっていたダフネですが、この日は元気そうでした。12/2にはしなかった階段の手すりのところから片足を出すような演技を何度もやってました。(12/2のドレスは厚い生地だったからやりにくかったのかも。この日のドレスは柔らかそうな生地だったから。)BW版とはセットも違うのでもちろん同じ演技ではないけど、でも本物のミミがそこにいるっていう感じでした。下に降りてきたダフネの目が光ってました。泣いてた?
 
ここからしばらくダフネとウィルソンのインタビュー。司会の田村さんとミミ役のジェニファーさんとエンジェル役の辛源さんが一緒でした。通訳付き。この日は、開演前に観客から聞きたい質問を募集していました。
 
辛源さんがひとりめの質問を紹介。ダフネが言い出したんだったか忘れましたが、質問した人がどこにいるかっていう話になり、手をあげてもらうことに。その人がみつかったらダフネがありがとうって言ってたと思います。
 
Q.ジョナサン・ラーソンとの思い出について
12/2にもあった質問ですが、それぞれ違う内容を答えてました。 
ダフネ(以降D):私はミュージカルのビッグファンではなかったけど、ジョナサンのファンでした。彼と一緒に音楽の仕事をしたいと思っていました。ある時外で食事をしようということになり、彼のグリーンのボロボロのステーションワゴンで出掛けたことがありました。後ろにはガンビーのぬいぐるみ?がおいてあるような車でした。それと耳の大きい人だったことをよく覚えています。 ウィルソン(以降W):面白いエピソードがあります。僕が稽古に黒のトレンチコートを着ていったことがありました。(ダフネが「マトリックス」みたいな!とつっこみ。)それをみたジョナサンが「Nice coat.」というので「♪Well you missed a sleeve!」と歌ったら、「そこの音程がおかしいよ」と(笑)ジョナサンはとてもまじめで真剣に音楽に取り組んでいて、冗談を言わせてもらえないほどだったんです。
 
2人目の質問をジェニファーさんが紹介・・・のはずが、名前が読めず田村さんに聞いてました。名前がわかるとダフネは「○○さ~ん!」と何度も呼び、なかなか居場所がわからなくて「シャイな人かしら」とかも言ってました。そのあと無事みつかりました。
ジェニファーさんが質問を読み上げるのですが、「ニホン ハ スキデスカ?」と完全にガイジンさんイントネーションでした。緊張しちゃったのかな?

Q.日本は好きですか?
D:日本は大好き。食べ物もおいしいし(ショッピングもとかいってたかな)。絶対また来たいです。今度は息子も一緒に連れてきたいです。
W:ダフネと一緒です(笑)
 
辛源さんからの質問
Q.RENTと長く関わってきて、今どう感じていますか?
W:東宝のRENTについてということ? 田村?:それも含めて広い意味で。 W:昨日の公演を観させていただきましたが、とてもすばらしかったです。日本の文化などがうまく取り入れられていると思いました。日本語でも、ヒンドゥー語でも、韓国語でも、RENTのメッセージは伝えることができるのだと感じました。
D:私はオフ・ブロードウェイの前のワークショップの、さらに前のワークショップから参加しているので、ちょっと厳しい見方をしてしまいます。RENTに対しては親のような気持ちなんです。そろそろ手放さなければいけないとは思うのですが。ジョナサンが私達に自由を与えてくれたように、私もこれからの人に自由をあげなくてはと思います。(ダフネ、正直ですね!このあと一応、東宝RENTのことをほめていましたけど。)
 
これに関連してジェニファーさんからの質問
Q.私の娘は今日(12/4)が1歳の誕生日なんです。(ダフネの息子さんは12/5で4歳)。ダフネさんは母親になってからこれまでのアーティストとしてのイメージをどういじしていらっしゃるのですか?
D:イメージというのは(みてくれる)みなさんが作るものだと思います。私はとても幸せです。ママが幸せならベビーも幸せなはず。ぴちっとしたパンツはずっとははけないけど、でももうだめってこともないと思います。
 
田村さんは「係の人がもう終われといっていますが続行しましょう。」と言って自分も質問を。
Q.ジョナサンが亡くなった日のことを教えてください。
W:とてもつらかったです。朝、ジョナサンが亡くなったと連絡があってみんなが集まりました。その時にファミリーとしての結束が高まったと思います。
D:思い出すのもつらいです。誰にもこういう思いをして欲しくありません。
(もっと色々言ってたかも知れないけど忘れました。)
 
最後にそれぞれの今後の活動について紹介されました。
 
「Feliz Navidad」/ダフネ・ルービン=ヴェガ
I wanna wish you a Merry Christmas
From the bottom of my heart.
という歌詞の2行目の後半を「こころから」と歌う部分もありました。(12/2も同じです。)
この歌ははじめは幻想的ですが、ラテンのリズムが聞こえきたとたんダフネは色っぽく腰を振りながら歌います。ダフネは(ウィルソンも)ラティーノなんですよね。それが実感できます。
 
「Why」/ウィルソン・ジャーメイン・ヘレディア
 
I'll Cover You/ウィルソン・ジャーメイン・ヘレディア、米倉利紀
 
「Another Day」/(英語と日本語)/ダフネ・ルービン=ヴェガ、K
今日のロジャーはKさん。12/2のRyoheiさんはやんちゃな感じのロジャーでしたが、Kさんはナイーブな感じでした。背が高くてダフネと並んでも違和感なかったです。
 
「Love Heals」/英語/出演者全員
「最後にこの歌を歌います」と言ってから歌うのですが、でももう一曲あるのにね。終わりと言うからそのつもりになって、次の曲の歌い出しを聞き逃しましたが、12/2の時の記憶ではマークのソロがジョナサン・ラーソンの声だったと思います。そう言えば2回ともマークはいないですからね。粋な演出です。 「Finale B」/英語/出演者全員
最後に「Thank You Jonathan Larson」と画面表示されます。本当にそう叫びたい気持ちです。  
  カーテンコールの時ダフネは泣いてました。鼻が赤くなるくらい。どんな思いでステージを終えたんだろう・・・。 アンコール
「Seasons of Love」/英語/出演者全員
12/2もそうでしたが、終演を伝えるアナウンスが流れても拍手が鳴りやまず、キャストが再登場。この日はダフネが近くにあったスタンドマイクで話そうとしたのですがマイクが入ってなくて、でもすぐにオンになってダフネが挨拶を。細かくは忘れましたが、「また日本に来たいです」と何度も言っていました。そしてウィルソン。「RENTに関わった人はみんなファミリーなので、今日の出演者も客席のみなさんも今日からファミリーです。」と。ウィルソンにファミリーと言ってもらえて本当に感激しました。
 
残りふたつのサプライズは別記事にて。その2に続きます。
 
■関連CDなど
Jonathan Sings LarsonJonathan Sings Larson
(2007/11/06)
Jonathan Larson          

商品詳細を見る

レントレント
(1996/11/21)
フィーチャリング・スティーヴィー・ワンダー・アンド・ザ・キャスト・オブ・レント

商品詳細を見る

Rent [Original Motion Picture Soundtrack]Rent [Original Motion Picture Soundtrack]
(2005/09/27)
Paul Bushnell、 他

商品詳細を見る

 
◆「RENT」関連リンク
 RENT関連リンク
 RENT関連商品リンク
 
 東宝版「RENT」 公式サイト
 
 過去記事 TOHO RENT(出演者インデックス)
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2008/12/06 02:05 】 | RENT(Japan) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<ジョナサン・ラーソン・トリビュート・コンサート(12/4)その2 | ホーム | お知らせ>>
コメント

himikaさん、先日はまたお会いできて嬉しかったです。

オリジナルキャストのふたりのもつ魅力を目にして、どう言葉にしたらいいのか分からないくらい、感激しました。もう本物!!ずっと求めていたMimiとAngelが目の前にいるなんて!!もう他の人との比じゃないんですよね。はじめのうちは、前が見えなくなるのがイヤだから、涙を必死で堪えていたんですが、I'll Cover Youでもう止められなくなりました。
本当に、あの場にいられて幸せ(すぎ)でした。絶対忘れたくない大切な日ですよね。
企画してくださった東宝さんにも感謝ですね。内容も期待以上で、大満足の公演でした!!

【2008/12/07 02:14】 | URL | リヴ #0iyVDi8M[ 編集] | page top↑

リヴさん
>himikaさん、先日はまたお会いできて嬉しかったです。
こちらこそ楽しかったです。

>オリジナルキャストのふたりのもつ魅力を目にして、どう言葉にしたらいいのか分からないくらい、感激しました。
今までみてきたものすべてが覆るくらいの感動でしたよね。

>はじめのうちは、前が見えなくなるのがイヤだから、涙を必死で堪えていたんですが、I'll Cover Youでもう止められなくなりました。
夢のような時間でしたよね。今でもあの場にいたことが信じられません。

>企画してくださった東宝さんにも感謝ですね。内容も期待以上で、大満足の公演でした!!
RENT以外の曲もよかったですよね。インタビューもたっぷりとってくれたし、もりだくさんでしたね。

【2008/12/07 02:38】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/625-52709a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。