FC2ブログ
NYの旅(帰国日)
RENT_miyage_DSCN1627.jpg
7/28(日)いよいよ帰国日です。私はANAなので、JALで帰るmさんより一足早く出発となりました。
 
私は、飛行機だけは絶対に遅れられないということが頭にあって、はじめての海外旅行がパックツアーで集合が3時間前だったことから、いつも出発の3時間前には空港に行くようにしています。ANAの帰国便は冬が11:15出発だったので7時には着かなくてはと前回は6:20のバス(ポートオーソリティ発)に乗るつもりが早く着きすぎて1本前(5:50)に乗ってしまったので7時頃に到着(もっと早かったかも)ANAのチェックインは8:15からと言われて待たされたのでした。今回は12:30出発だし、前回が早過ぎたので、旅慣れたmさんに聞いてみたら、1時間前に着けば大丈夫とのことだったので、思い切って8:50発にしてみました。これだと10:15にJFK着予定なので2時間近くあるし安心だなと。前回よりかなり遅いので、不安になりつつでかけました。途中、カフェでフルーツなどを食べたくて、結局8時頃には出掛けたのかな。
最初の写真は、RENTの記事のところで載せ忘れたおみやげ。ネダーランダーの売店で売っていて、「これは何ですか?」と聞いたら「オーナメント」とのこと。文鎮かと思った(笑)どこに飾ればいいんでしょうねえ。
 
RENT_miyage_r_DSCN1798.jpg
これがその裏側です。クリックで拡大します。「Seasons of Love」の歌詞が彫ってあるんですよ。ちょっといいでしょう?記念になると思って買いました。
 
空港でおみやげを物色。あまりいいものはなかったけど、何となく猫の柄のカードをいくつか買ってみました。今回はほとんどおみやげを買っていなくて、私の留守中夫の病院に行ってくれているはずの双方の実家にありきたりなチョコレートを買ったのと職場に買ったくらい。ここで買ったカードは、あとで夫の妹も病院に来てくれていたということがわかって、義妹も猫好きなのであげることになり、思いつきで買ったカードが役に立ちました。
 
そしていよいよNYを離れることに。帰国便の私の席は真ん中のブロック(3人席)の左側。今回は航空券もネットでとり、座席も自分で選んだのですが、3人席で隣がふたり連れだとうるさいのでひとり決まっているところをねらってとりました。その結果、真ん中がアジア系の男の子(中学生くらい?)でその隣は私よりも年上くらいの女性という配置になりました。男の子は家族らしき大人が声をかけに来ていたので、ひとりだけ離れてしまったらしいのですが、風貌は日本人とはちがうけれど、日本語も結構しゃべれて、わからないことをアテンダントに聞いたりしていたので(間違えてライトをつけてしまって「これはどうやって消すんですか?」とか聞いてた。可愛い!)大丈夫そうでした。でも遠慮してトイレに行けなかったら可哀想なのでその辺は隣の様子を気にしてあげたりはしたけど。
 
最初の機内食は、例によってごはんとパンとめんが出てくるパターン。私は魚料理、隣の男の子はメニューの写真を見て肉料理を選んでいました。しばらくして、隣の子がめんつゆを手に持って戸惑っている様子。冷や麦にめんつゆをかけて刻み海苔とワサビを入れるようになっていたのですが、よく考えてみればどこにも食べ方の説明はありません。めんつゆの袋に「スープ・オブ・ヌードルズ」と(もちろん英語で)書いてあったので、これをかけるのかな?というところまではわかったようですが。そこで、それをめんにかければいいと教えてあげました。「あと、海苔とわさびがあるでしょ?」と聞くと「ありません」と少年。私が一緒に探してあげたら、コーヒーカップの中にワサビが、そして袋入りのバタロールの下に刻み海苔がありました。これじゃあわからないですよね。実際日本人の私でさえ、はじめての時は海苔やワサビに気づかずに、つゆだけかけて食べてしまったくらいですから。ちょっと不親切ですよね。めんつゆにはりつけといてくれればいいのに。この少年は賢い子で「これ(海苔やワサビ)は全部入れるんですか?」と聞くので「海苔は全部入れてワサビは辛いから少しずつ混ぜて」といったら海苔はバッと全体にかけて、ワサビは端の方にびゅーっと全部入れてました。ちゃんとわかってるんだなと感心。はじめはもっと大きい子だと思ったのですが、最後の方になって妹らしい小学生くらいの女の子がきて彼に抱きついていたので中学生くらいかなと。しっかりしてました。
 
少年の隣のおばさんははじめ日本人ぽくみえたので、少年のことをもうちょっと気にかけてくれてもいいのにと思っていましたが、どうもアテンダントと英語でしゃべっているようす。そんなわけで、彼がトイレに行く時は私が出させてあげたり、最後の機内食は彼が寝ていて親御さんがかわりに受け取っておいたらしいのですが、寝ぼけ眼でお盆を手渡されてその状態ではテーブルを出せなかったので、私がテーブルを出してあげたりして、おせっかいなおばさんをしていたのでした。
 
今回のNYの旅は初日から雨に降られるなど天候に恵まれませんでしたが、帰国日のこの日も上空の天候が悪くてかなり揺れたりしました。「運行に支障はございませんのでご安心ください。」と言われても恐いですよね。成田でも天候不順でよく確認して着陸させなければならないためか、管制官からしばらく旋回して待つように指示があったとかで着陸が少し遅れました。
 
ようやく成田に着いてひと安心する間もなく、エアポートリムジンで自宅近くのホテルに向かい、そこからタクシーで帰宅。スーツケースをおいて真っ先にしたことはずっと水やりができなかったテラスの植木に水をやることでした。どの鉢も乾ききって土がカラカラ。特にハナミズキとミモザは枯れかかっていました。ふだんから手入れが悪くて、なんども枯らしそうになった植木たち。私がたまに植木に水をやると大雨が降るというジンクスもありましたがこの日は大丈夫そう?
 
Cat_carry_DSCN1318.jpg 終わったらすぐに地下鉄に乗って猫3匹を預けている動物病院へ。勝ち気な長女猫、陽気な次女猫、臆病な三女猫で、私は特に三女が環境の変化に慣れていないのではと気にしていました。しかし実際は私に一番なついている次女が当初まったくごはんを食べず、点滴になったとのこと看護師さんが最初に連れてきてくれたのがその次女でしたが、後半は元気になったようで「クッキーちゃん、可愛いですね。すりすりしてくれて。」と看護師さんにも好評。「ふみちゃん(長女)もなついてくれて。」と。ここでちょっとイヤな予感がしたのですが「縞子ちゃん(三女)はちょっとひいてる感じで・・・。あ、でもごはんはよく食べてました。」といわれ、やっぱりなーと(笑)私達にもなついてない三女なのでしかたないか。キャリーバッグを3つ持って、ちかくでタクシーをひろうつもりで病院を出ましたが、看護師さんがひとり心配してついてきてくれて近くのホテルの方がタクシーが来やすいということでそこまで来てくれました。それでなんとか猫を連れ帰ることができました。
 
やれやれと思いつつ、私の仕事はまだ終わりません。出発前日夫の病院から持ち帰りその夜のうちに洗って干しておいた着替えをとりこんで、それをカバンに詰めて夫の病院へ。面会時間ギリギリにすべりこみ。帰国報告をし、洗濯物を受け取りました。病院を出たところで、雲行きが怪しくなってきました。また大雨に降られそう。まだ夕飯も食べていない。明日からは仕事。というわけで、近くのコンビニで食料を調達し、急いで駅まで行ってまたもやタクシーに乗り込みました。乗った途端に、バラバラと音を立てて雨が降り始めました。やった!ギリギリセーフ!これで濡れずに済みました。うちまでは1500円前後の距離。家の門の前まで来てもらえばほとんど濡れずに家に帰れるとほっとしていました。そしていよいよ自宅前に車が着きお金を払っていたら、突然、雨が強まって、滝のような雨というのか、雨の勢いで前がみえないくらいの大雨になってしまったのです。でもそこまできて降りないわけにはいきません。降りて、数歩で門の前について、門の鍵を開けて玄関前までは屋根のない部分です。そのわずかな間に全身ずぶぬれに。最後の最後まで雨にたたられた旅でした。
ooame_DSCN1561.jpg
帰宅後、窓からテラスの雨の様子を撮影したのがこの写真。空港から帰ってすぐ水をやったのに大雨で水浸しに。こんな時にもふだんのジンクスどおりに?植木たちも可哀想ですが、私もかなり可哀想じゃない?(笑)
 
何度も雨に見舞われつつも、たくさんの橋と、魅力的なミュージカルと、大好きな役者さんとの再会を堪能した旅でした。あらためて、一緒に旅をしてくれたmさん、名前入りのサインと写真と握手までしてくれたAnthony、私のことを覚えていてくれたJonathan Groff、その他の役者さんや、旅で出会ったみなさんに感謝します。そして、このブログを通して、私の珍道中を温かく見守ってくださったみなさんもありがとうございました。
 
★NYの旅(2008年7月)の記事一覧はこちらです。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2008/09/13 18:13 】 | New York/Broadway | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<「Hair」が2009年にブロードウェイに!! | ホーム | 「ALTAR BOYZ」(7/27夜)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/486-9ec629ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |