FC2ブログ
「アクロス・ザ・ユニバース」をみました
AcrossTheUniverse.jpg
NYの旅からもう1ヶ月。レポートもまだ途中なのにそれ以外でも書きたいことがありすぎて更新が間に合わない状態。そんな中、新しいところで今日観た映画「アクロス・ザ・ユニバース」について報告します。
 
今日は休みだったので「セックス・アンド・ザ・シティ」かどっちかを観ようと思ったのですが、NYで「Hair」を観て、そのレポートを書きながら、1960年代の時代背景にどっぷり使ってしまった私にはこっちかなと。
 
「アクロス・ザ・ユニバース」は、ビートルズの曲をたっぷり使って、ベトナム戦争の時代のアメリカの若者たちの姿を描いたミュージカル映画です。「Hair」との共通性も多いけれど、映画でなければ表現できない美しくて幻想的な映像や、ビートルズの歌の歌詞をうまく場面にあわせていて、ミュージカル映画にありがちな歌や踊りだけが浮いてしまうこともなく、自然に物語に入っていくことができました。
 
私はNYの帰りの機内で、主演俳優がかっこよかったので「ラスベガスをぶっつぶせ」という映画をみたのですが、まさにその主演俳優、天才的な数学の能力でラスベガスで学費を稼ごうとする大学生役の、ジム・スタージェスが主役のジュードをつとめているというのも、なんだか縁を感じました。
 
これからご覧になる方のために、ネタバレはなるべく控えめにしようと思います。
主な登場人物は、ある理由でリバプールからアメリカにやってきたジュード。ジュードと偶然出会い意気投合するマックスとその妹のルーシー。彼らをルームメイトに受け入れたのは歌手のセディ。そこにさらに黒人ギタリストのジョジョ、レスビアンのプルーデンスが転がり込んでくる。ジュードとルーシーは恋仲に。そしてマックスに召集令状が届く・・・。
 
物語は、色んな場面が交錯しながら進んでいきます。暴動に巻き込まれて死んだ黒人少年はゴスペルチャーチで弔われ質素なお墓へ。同時に、ベトナムで戦死した白人青年はアメリカ国旗に覆われた立派な棺桶に入れられて葬儀も盛大。それでも大切な人を失った悲しみは同じなのだと強く感じます。亡くなった少年が口ずさんでいたのが「Let It Be」というのも深いなーと。
 
戦場と母国、学生運動に傾倒していく若者とそれを受け入れられない恋人、殺すもの、殺されるもの、生き残るもの。時代が人々を引き裂いていく中で本当に大切なものは何かを考えさせられます。
 
主人公の名前がジュードなので、どこかで「Hey Jude」が使われるんだろうと思っていたら、「ああ、ここで使うのかー」と納得するようないいポイントで使われていました。もともとはジョン・レノンがオノ・ヨーコにのめり込んで妻と離婚に向けて進んでいる時に、ジョンの息子ジュリアンを励ますためにポール・マッカートニーが作った曲とのこと。確かに元気になる歌でした。そういう調子で色んな場面がビートルズの歌の歌詞や彼らの活動などをモチーフに作り込まれていて、ビートルズ・ファンならかなり楽しめそう。私のように詳しくなくても、十分楽しめます(プログラムを買うと詳しく解説されているし)。
 
私はまさに60年代生まれなので、この映画の設定になっているころはまだ乳幼児。日本で学生運動に情熱を傾けたのも私よりも上の世代だし、ビートルズ世代もやはりちょっと上の世代だと思います。そういう意味では知っているような知らないような時代なのですが、一応そこに存在していたというだけでもなんだか親近感をおぼえるし、ビートルズの曲も私が知らない曲も多かったですが違和感なく聞けました。
 
監督のジュリー・テイモアはブロードウェイの大ヒットミュージカル「ライオン・キング」の演出家で、他にオペラの演出や、映像作品も手がけており、インド、フランス、日本などに留学し、日本では人形浄瑠璃や歌舞伎を研究していたという多彩な方。「アクロス・ザ・ユニバース」もこのまま本物のミュージカルもできてしまいそうな気がします。
 
* * * * *

余談ですが、NYセントラルパークでの「Hair」で主役のクロードをつとめたジョナサン・グロフ(Jonathan Groff)が、アン・リー監督の"Taking Woodstock"の出演が決まったとのこと。
Groff, Fogler, Schreiber and Gummer Cast in "Woodstock" Film
 
Woodstockとは1969にNY郊外で3日にわたって開催されたロックコンサートで、全米から40万人が押し寄せてきたことなど歴史に残る大イベントだったらしいです。次々この時代の作品が公開されるというのは、60年代が今の時代をマッチしているということなのでしょうかねえ。
 
◆関連リンク
・公式サイト http://across-the-universe.jp/
 
・サウンド・トラック
Across the UniverseAcross the Universe
(2007/10/16)
Original Soundtrack

商品詳細を見る
*こちらは2枚組のようです。
 
Across the UniverseAcross the Universe
(2007/09/14)
Original Soundtrack

商品詳細を見る
*イチゴの中にルーシーとジュードの写真が。こちらは1枚のよう。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2008/08/25 23:55 】 | movies/映画 | コメント(6) | トラックバック(1) | page top↑
<<ヨンだ? | ホーム | 「Hair」(7/25夜)その3 出待ち・追加情報>>
コメント

お久しぶりです。
私も先週、’アクロス・ザ・ユニバース’を観に行きました。ジェリー・テイモア監督の’タイタス’という作品を以前観ていたので、この監督の作品ならと足を運びました。
ビートルズの曲はこういう時代背景だったからこそ生まれ、そして多くの人に愛されたんだなぁと実感しました。
パンフレットを観たら、プルーデンス役のT.V.カーピオさんは’06~’07年の春にRENTのアレクシ役を演じていたそうです。私も上演中、OBCの中曽根さんみたいと思っていたら・・・納得です。彼女は本当に歌が上手ですよね。

【2008/08/27 00:20】 | URL | ayako #-[ 編集] | page top↑

ayakoさん
>私も先週、’アクロス・ザ・ユニバース’を観に行きました。
ayakoさんもごらんになったのですね。

私はRENT→Anthony→SA→Jonathan Groff→Hair→アクロス・ザ・ユニバースという経路をたどって、観に行くことにしたのですが、誰かひとりくらいはRentheadsでこの映画もみたという人がいないかなーと思っていたので、コメント頂けてうれしいです。

>ビートルズの曲はこういう時代背景だったからこそ生まれ、そして多くの人に愛されたんだなぁと実感しました。
結構抽象的な歌詞も多くて、うまく色んな場面にフィットしてましたよね。ビートルズも凄いけど、この監督も凄いですね。

>パンフレットを観たら、プルーデンス役のT.V.カーピオさんは’06~’07年の春にRENTのアレクシ役を演じていたそうです。
そうでしたね。私もそれを書き忘れたなと思っていました。
出番は少ないけれど、印象深いキャラクターでしたよね。

【2008/08/27 01:58】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑

この作品はすごく観たいと思いながら、まだ観れていないのですが…。
ちょっと前にビートルズをよく聴いていた期間があったので、どんな風に映像化されているのかとても楽しみです。
台詞も多いんでしょうか?
先日SATCを観ましたが、何の下調べもせずに観に行ったら、ダフネが出演していてビックリしました!あと、チラッと、In The Heightsのキャストの一人と思われる方も出てました。私はITHの舞台は観てないんですが、動画などを見ていて、別に気になっていたという人でもなかったんですけど…地味に発見して不思議な感覚でした(笑)
アクロス・ザ・ユニバースにも、過去にRENTに出演したことのある方たちがちょこちょこ出ているみたいで、見つけるのもおもしろそうですね。

【2008/08/29 17:53】 | URL | リヴ #NqNw5XB.[ 編集] | page top↑

リヴさん
>この作品はすごく観たいと思いながら、まだ観れていないのですが…。
ご関心があるならぜひ観てみてください。

>台詞も多いんでしょうか?
セリフも結構ありますよ。
現実的なストーリーの部分に時々、近未来的(この言い方、古い?)だったり、
幻想的なシーンも織り交ぜてあって、魅力いっぱいの映画です。

>先日SATCを観ましたが、何の下調べもせずに観に行ったら、ダフネが出演していてビックリしました!あと、チラッと、In The Heightsのキャストの一人と思われる方も出てました。
え~、SATCにダフネが出てるんですかー。ITHの人も?そうなんですね。
私はまだ観れていませんが、そのうち行きたいと思っています。

>アクロス・ザ・ユニバースにも、過去にRENTに出演したことのある方たちがちょこちょこ出ているみたいで、見つけるのもおもしろそうですね。
プルーデンス役の人以外にもいるんですね。
ブロードウェイの役者さんがかなりたくさん、ダンサーとして加わったらしいですからね。
IMDB(http://www.imdb.com/title/tt0445922/fullcredits#cast
でキャスト一覧をさらっとみたらMatt Caplanの名前をみつけました。Markだった人ですね。顔は知ってるけど、気がつかなかったなー。
それとMandy Gonzalesという人、最後がzだったらITHのNina役の人なんだけどどうなんでしょう。
そういう視点で見るとまたちがった発見もあるかも知れませんね。

【2008/08/30 14:26】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑

名前変えました。ayaです。ブログと同じshimokoでコメントさせてもらいます(笑)
私もこの映画観ましたー。RENTキャストが意外とたくさん出てるので、見つけるのに必死でした(笑) 昔MimiやってたAntonique、アンサンブルのLutherも出てますよ!あとはKarmineのお姉ちゃんも出てるのですが、見つけられず・・・。Mattyははじめのほうのシーンで、Maxの友達の一人で紛れて出てます(笑)

【2008/09/02 00:27】 | URL | shimoko #-[ 編集] | page top↑

shimokoさん
>私もこの映画観ましたー。RENTキャストが意外とたくさん出てるので、見つけるのに必死でした(笑)
そんなにたくさん出ていたんですね。全然気づきませんでした。

>Mattyははじめのほうのシーンで、Maxの友達の一人で紛れて出てます(笑)
あのゴルフの?
そんなに出ていると聞くと気になってしまいますね。

【2008/09/02 01:24】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/480-d9e4e345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2009/03/22 14:52】
| ホーム |