スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
NY3日目(7/25) 橋と滝アート
NY3日目。なんとか8時頃起床。今日はとても天気がよくて暑くなりました。これなら今夜の「Hair」は大丈夫そうとひと安心。お天気が気になってテレビをつけてみたら、今日だけが晴れであとは曇りがちのよう。でも今日さえ晴れてくれればいいのです。
カフェでフルーツなどを食べ、最初の目的地へ。地下鉄で14St.駅へ。「Hair」に関連する展示があるという「theory」というお店を目指します。
 
theoryレポートはこちら
 
駅の方に戻りはじめた頃、今日到着予定のmさんから空港に着いたとのメールが。お互いに海外で使える携帯を持っていて、携帯メールで連絡を取り合うことにしていたのです。これは結構便利でした。私はsoftbankですが、7回分(受信も有料?)で158円だったので(この時はどのくらいかかるかわからなかったけど)安心して使えますね。1月には1回だけ通話してみたのですが、アパートメントホテルに空港に着いたと知らせる程度で1回200円くらいでしたから、メールは安いですね。
 
ちょうどお昼ごろだったので、16St.近くのカフェでランチをしながらmさんを待つことにしました。私は今夜の「Hair」に出演するJonathan Groffにメッセージも書きたかったし。
16th_lunch_DSCN1436.jpg
注文したのはチキンのサンドウィッチとオレンジジュース。こんな豪快なサンドウィッチが出てきましたが、「おいしそう!」と思って食べきることができました。これまでだったら半分くらいでもういいやって感じだったんですが、胃袋もNYサイズに成長しつつあるのかな?mさんを待つ間、Jonathanへのメッセージの下書きをしました。昨日、Anthonyにメッセージを書いた時に翻訳ソフトなどで確認しながら書いたので、それを一部使いながら書いたらあまり迷わずに書くことができました。
 
外はいいお天気どころかギラギラ照りつけるような陽射しです。そんな猛暑の中、mさんが到着しました。mさんもここでランチ。コーヒーなども飲んで落ちついたところで出発です。
 
まずはNYに詳しいmさんがチェルシー・マーケット(Chelsea Market)を案内してくれました。ちょうどごはんを食べたところのすぐ近く、9th Ave.とW15th St.の角あたりでした。
chelsea_Market_DSCN1437.jpg
これがチェルシー・マーケットの外観なんですが、これをみただけじゃ何だかわかりませんよね。私もこの写真を見るたびに、これ何の写真だっけ?って思うくらい。この中に、食料品やお菓子、雑貨などのお店がたくさん入っています。建物は古いけれど、ステキなお店が多くて、ゆっくりまわったら楽しそうです。
 
その中で、ガイドブックにも載っているエレニーズ(Eleni's)というお菓子屋さんでお買い物。カップケーキや、カラフルなクッキーが有名なお店らしいです。クッキーは動物のセットとかウェディング用とか色々あるのですが、大きなクッキーが10個ぐらい?入っているセットで65ドルとか、意外と高いのです。もうちょっと安かったらカワイイしおみやげにいいんですけどね。クッキーをツリーのオーナメント風に飾ったりもしてありました。本当に食べるものというより飾って楽しいクッキーです。
elenis_cupmini_DSCN1464.jpg
カップケーキは大小あって、小さい方は1.25ドル。カラフルなバタークリームがカワイイし、おいしかったです。mさんが買った分も含めて写真を撮ってみました。長時間持ち歩いたため若干変形していますが、冷蔵庫に入れておいたらしっかり固まりました(もちろん、このままの形で)。
Elenis_maltBalls_DSCN1562.jpg
もうひとつ、こちらはおみやげ用。Peppermint Twist Malt Balls、12ドル(安くはないですね)。ミント味のチョコで中はぱふぱふした感じのものでした(職場のおみやげにして、自分も食べてみました)。Maltは麦だから麦チョコですね。
 
次は、ブルックリン・ブリッジとマンハッタン・ブリッジの近くにあるという滝アートを見に行きました。tomokoさんのブログで紹介されていて見てみたいと思っていたら、mさんも見る予定だったということで、一緒に行こうと事前に相談していたのでした。tomokoさんが紹介されてた記事によると、滝アートはManhattan Bridgeの北側、Brooklyn Bridgeの橋脚、Brooklyn Heights Promenadeの近く、Governors Islandの北岸の4個所ですが、全部は行けないとして、ブルックリン・ブリッジとマンハッタン・ブリッジは一緒に見れそうだということがわかり、まず、地下鉄でブルックリン側に渡って、確かHigh St駅で下車。そうか、なんとかハイツって高台っていう意味なのねーとか思いながら、歩いていくと、まず見えてきた金属の橋。これはマンハッタンブリッジらしい。
M_bridge_DSCN1441.jpg
mさんが道路脇の案内地図を見ながら方向を定めてくださり、ブルックリン・ブリッジ・パークにたどり着くことができました。
M_bridge_DSCN1445.jpg
そして間近にみるマンハッタン・ブリッジ。そしてこの青い空。ものすごい暑さだったことが伝わるでしょうか。
 
そしてこちらがOlafur Eliasson氏制作の滝アート。
WaterFall_m_DSCN1448.jpg
 
WaterFall_m_DSCN1449.jpg
マンハッタン・ブリッジとの位置関係はこんな感じ。結構遠かったです。
 
そしてマンハッタン・ブリッジから視線を後ろに移すと、こちらも雄大なブルックリン・ブリッジが。マンハッタン・ブリッジとはちがって石造りなんですね。
B_bridge_DSCN1450.jpg
 
B_bridge_DSCN1453.jpg
滝アートはこんな感じ。手前の柵に、The New York City Waterfallsと書かれた緑色のプレートが見えます。  
B_bridge_DSCN1456.jpg
ついでにもう一枚(笑)橋脚がよく撮れていたので。
 
美しいふたつの橋と滝アートを見ることができて大満足でした。でもとにかく暑くて暑くてくたくたに。
 
ケーキなど食べて休憩した後、ホテルに戻りました。私はJonathan Groffへのメッセージを清書。冬にぬいぐるみをあげた時の写真をカードに貼りました。封筒がないことに気づき、千代紙っぽい柄の折り紙があったので、両面テープで2色のをつなぎ合わせて和風の封筒を作ってみました。Jonathan Groffのファンというわけでもなかったのですが、とにかく人なつっこくていい人なので、じゃあなんか持っていってあげよう、となってしまうんですよね。
 
夜はmさんと一緒に、今回の旅のきっかけとなった「Hair」(Delacorte Theatre)を観に行きました。それは別記事にて。
 
★NYの旅(2008年7月)の記事一覧はこちらです。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2008/08/18 12:30 】 | New York/Broadway | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<theoryと「Hair」 | ホーム | 「Some Americans Abroad」(7/24夜)>>
コメント

すごい!壮観ですね~うらやましいっ☆
橋を見上げるこの風景も、とても懐かしいです^^

しかし本当に暑そう・・・
おつかれさまでした~

【2008/08/23 01:06】 | URL | tomoko #-[ 編集] | page top↑

tomokoさん
>すごい!壮観ですね~うらやましいっ☆
橋があまりにも大きいので滝は小さく見えますが、実際はかなり大きくて水量も多くて迫力がありましたよ。
滝もそうですが、ふたつの橋をこんな近くで眺められてすごい感動でした。

>しかし本当に暑そう・・・
暑かったです・・・。
この日だけだったんですけどね。
NYの夏は結構お天気が変わりやすいですね。

【2008/08/23 14:05】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/472-3dadbc62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。