スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「Hair」(7/25夜)その1 第一幕の途中まで
Hair_playbill_DSCN1630.jpg
7/25(金)夜8時、今日到着したmさんとともに、今回の旅のきっかけとなった「Hair」を観に行きました。場所はセントラル・パーク内にあるデラコート・シアターという野外劇場。並んで無料チケットをゲットする方法もありますが、私は事前に公演を主催するパブリックシアターの公式サイトからチケットを購入、というか、一応形としては寄付することでチケットを確保してもらえるという仕組み。なのに1枚165ドルと決まっているというのもねえ(笑)
 
mさんとはほぼ同時期に(それもかなり早い時期に)それぞれチケットを確保したのですが、私は向かって左側のブロックのセンター寄りのC-302(前から3列目、通路から2つ目)、mさんはセンターブロックの5~6列目くらいと離れた場所になりました。
 
ビックリしたのはPLAYBILLの厚さ。中にはHairの解説や、衣装を付けたキャストの写真も何枚か載っていたりしてなかなか豪華でした。
 
以降、ネタバレあり。
Hair_playbill_DSCN1631.jpg
The cast of HAIR
Will Swenson (Berger)
Bryce Ryness (Woof)
Jonathan Groff (Claude)
Darius Nichols (Hud)
Caryn Lyn Manuel (Sheila)
Patina Renea Miller (Dionne)←Aquariusソリスト
Kacie Sheik (Jeanie)
Allison Case (Crissy)
Dawn Falato(Mother)←Megan Lawrenceの代役
Andrew Kober (Father/Margaret Mead)
Nicole Lewis (White Boys Trio / Tribe)
Saycon Sengbloh (White Boys Trio / Tribe)
Jackie Burns (Black Boys Trio/Tribe)
Kaitlin Kiyan (Black Boys Trio/Tribe)
Megan Reinking (Black Boys Trio / Tribe)
Ato Blankson-Wood (Tribe)
Steel Burkhardt (Tribe)
Lauren Elder (Tribe)
Allison Guinn (Tribe)
Anthony Hollock (Tribe)
John Moauro (Tribe)
Brandon Pearson (Tribe)
Paris Remillard (Tribe)
Maya Sharpe (Tribe)
Theo Stockman (Tribe)
Tommar Wilson (Tribe)

 
Hair02_hairdelacortecall460h.jpg
 *写真:参考リンク(1)より
デラコート・シアターは半円形の芝生のステージを囲むように客席が設けられています。ステージ中央にはバンドセットとそれを覆うテント(屋根)があるだけ。観客はJonathan Groff世代の若者から元祖Hairを知っていると思われる年配者までさまざま。ヒッピー風の衣装の人もたくさんいました。開始前、最前列にいた若い女性が誰もいないステージの写真を撮ったらすぐに係の人が来て制止。ここまではよくあることですが、撮影したデジカメ映像を消すよう言われていたよう。本人もけろっとしてたし、横にいたボーイフレンドも明るくフォロー、係のお姉さんもにこやかに「ご協力ありがとう」って感じで和やかではありましたが。他でも同様に注意されていた人がいたので、チェックが厳しそうです。
 
舞台は基本的に、オリジナル・キャストCDの曲順(映画版とは違う)にしたがって進みます。ここから私の感想を交えつつ、おおまかにストーリーを追っていきたいと思います。私は色んな場面で「RENT」に似てると思ったのですが、今回の演出はたぶんオリジナルとは若干違うので(オリジナルCDの解説と比べて)、オリジナルの「Hair」が先でそれを「RENT」で使ったのか、オリジナルにないものを入れたら「RENT」に似て見えたのかは判断しきれないところがあります。文末の参考リンクのところに写真があるので参考にしてください。

 
第一幕
最初の曲「Aquarius」のイントロのところで、キャストが四方八方から出てきます。舞台のうしろの壁を乗りこえてくるキャストも。キャストが集まったところで客席側の真ん中の通路からソリストの女性(Patina Renea Miller)が日本の着物を羽織って出てきます。(*これがまずRENTのMimiの「Out Tonight」と重なってしまいました。)そしてまずソリストから歌いはじめます。迫力のある歌声。途中からみんなも歌います。
 
曲が終わるとBerger(バーガー)が大きな声で自己紹介をはじめます。上半身は裸に一応ベストを羽織っているけど胸の筋肉がよく見えます。ワイルドな感じの人。すごいハイテンションです。客席の方に走っていく途中、お母さんをみつけたらしく「おお!うちのママだ。」とか言って立ち上がってもらったりしてました。それからセンターブロックをまわるようにしてステージに戻り、急にGパンを脱ぎはじめました。脱いだら下から細い革ひもの腰蓑が出てきて、これだけしか履いてないの?とちょっと心配?に(笑)脱いだGパンを近くにいた客の女性に預け「Donna」を歌います。Bergarは地面にうつぶせになって腰を上下させたりして、しまいには客席側に向かってでんぐりがえしまでして、何かが見えた気がしてドキドキ(笑)あとで正面側でみていたmさんに聞いたら、その部分だけを隠すものをつけていたそうです。この曲に限らず、他のキャストも歌いながら性的なイメージの動きをする場面が多かったです。歌い終わったらさっきの女性のところにいってGパンを返してもらってました。そしてGパンを履いて腰蓑を外に出した状態に。(以下の写真)
Hair01_hairdelacortecall460b.jpg
 *写真:参考リンク(1)より
 
次にWoof(ウーフ)が自己紹介。ウルフのつもりなのか、「ウォー、ウォー」と遠吠えのように叫んで、他のキャストは手で丸を描きながら「Moon, moon, moo...」と叫びます。(*これもRENTっぽいですね。「Over the Moon」みたい。あちらはMooooですけどね。)そして「Sodomy」を歌います。そしてHud(ハッド)の「Colored Spade」が続きます。
 
Claude(クロード)は、まず3500で終わる長い数字を言って、自己紹介をはじめます。この数字、のちに「Three-Five-Zero-Zero」という歌にも歌われますが、何なんでしょうね。個人を識別する何かの番号のような気がしますが。歌はClaudeのテーマソングともいうべき「Manchester England」。この日のClaude(Jonathan Groff)はPlaybillの写真とも、参考リンクにある写真とも違って、薄い水色のTシャツ風の服。下は写真にある破れたGパンです。もともとがっちりしている、というか、若干太めのJonathanなので、この服装はより太めにみえます(笑)金髪のロン毛も見慣れないのでちょっと違和感あり?よく考えたらJonathanって金髪じゃないんですよね。だからよけい違和感あるのかも。
 
Sheila(シーラ)が中心に歌うのは「I Believe in Love」。戦争反対!みたいなプラカードを掲げるのはこのあたりだったと思う。SheilaはBergerが好きなのです。Bergerは嫌いではないんだろうけど、束縛されたくない感じ。ClaudeはSheilaが好きで、あとから出てくるお腹が大きいJeanie(ジーニー)はClaudeが好きなのです。このあたりは映画版とはずいぶん違いますね。ちなみに、オリジナルCDの解説には「Sheilaはあたかも馬の背に乗ったように登場」という意味のことが書いてありますが、それがどうだったか記憶が曖昧です。
 
女の子3人が登場。向かって左からDionne(ディオン)、Jeanie、Crissy(クリッシー)。真ん中のJeanieは大げさなガスマスクをつけています。両脇のふたりが前奏のところを歌うのですが、Jeanieがなかなか歌いはじめなくて、笑いがおきます。そうしてやっと「Air」を歌うのです。大気汚染を歌った歌です。(この時は気づかなかったのですが、Dionneは「Aquarius」のソリストの人だったんですね。)3人がお互いを紹介し、妊婦のJeanieはClaudeが好きと語ります。
 
Claudeと両親の場面。お母さんは頭にタオルを巻いてガウンを着てスティック状の電気掃除機を持った姿。父さんとお母さんでちゃんと働けとか言ってる?Claudeが「Manchester England」を歌いかけると、「あなたはポラックでしょ。」とお母さん。(polackとはポーランド系ユダヤ人のこと(蔑称?)。なのになぜManchester?ってことでしょうか。)父さんはClaudeに軍隊に入れみたいに言って軍服をみせます。そしてClaudeに召集令状が。Claudeが「I Got Life」を歌う。I got life, motherとお母さんに、そのあと~sisterなのにお父さんに向かって歌う、客席から笑いが。
ちなみにオリジナルCDの解説によると、この場面は父親を女性が母親を男性が演じたのだとか。今回はその逆でしたが、父親役のAndrew Koberはあとで女性の役で出てきます。
 
「Going Down」のあと、客席からスプリングコートを着た太めのおばさんと連れの男性が急に立ち上がってステージの方に歩いてきます。このおばさん役が父親役だったAndrew Koberで、すごくわざとらしいしゃべり方で面白かったです。このおばさんが「どうしてあなた達(男性なのに)髪が長いの?」と言ったのをきっかけに「Hair」の歌がはじまります。
 
あとでPlaybillをみてわかったのですが、このおばさんの名前はマーガレット・ミード(Margaret Mead)。どんな人か調べたら、文化人類学者で、ポリネシアなどで色んな部族の調査をして、男性、女性の性別役割が必ずしも固定的でないことを発見し、「性役割は社会的につくられたもの」という考えのもとになった人らしい(その研究には否定的な見方もあるとのこと)。その彼女がNYにきて男なのに髪を伸ばしている人たちをみて、めずらしがったという訳ですね。納得。
ちなみにオリジナルCDではMargaretとその連れについて、Tourist Coupleとしかかかれていませんが、この時代の人はそれを言わなくてもMargaret Meadだとわかるのかも。(*ツーリストといえば、RENTではドラーグクイーンのAngelをみてびっくりした、という話もありましたね。こじつけすぎ?)
 
このあと、彼女がどんなドレスを着ているのかという話になって、コートをぱっと開いたら中には男物のブリーフ1枚のぶよぶよした男性の身体が(笑)「私、何も着てないの。でも彼(連れの男)は知らないの」と。Andrew、ホント、面白いです。
 
まだ第一幕は終わっていませんが、とりあえずいったん区切ります。
 
★NYの旅(2008年7月)の記事一覧はこちらです。
 
◆参考リンク
(1)PHOTO CALL: Hair Grows at Central Park's Delacorte Theater(Playbill.com)
(2) ミュージカル「ヘアー」セントラル・パークで開幕(Playbill Japan)
(3)Photo Coverage: HAIR Opening Night in the Park
(4)Photo Flash: The Cast of 'Hair' Lets The Sunshine In
(5)Hanke To Replace Groff For Two Week 'Hair' Extension
(6)Public's 'Hair' Extends Again At Delacorte Until 9/7
(7)Public Announces Final HAIR Extension Until 9/14
 
動画
 Opening Night: Hair in Central Park
 
◆関連商品リンク
いずれも今回のキャストのものではありません。
・オリジナル・キャストCD
Hair: The American Tribal Love Rock Musical - The Original Broadway Cast RecordingHair: The American Tribal Love Rock Musical - The Original Broadway Cast Recording
(1990/10/25)
Jimmy Lewis、 他

商品詳細を見る
*解説はあるが、歌詞の記載はなし。
 
・映画版サウンドトラックCD
ヘアーヘアー
(1999/09/22)
サントラ

商品詳細を見る

*ブロードウェイ版とは曲順が異なる(ストーリーもかなり変えてある)し、曲数も減っているが、英語の歌詞(日本語訳付)があるのでオススメ。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2008/08/20 23:55 】 | HAIR | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<The Hot Ticket「RENT」の予告編 | ホーム | theoryと「Hair」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/450-7633f6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。