スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
in:愛の中におちていく・・・
ミュージカルに学ぶ独学英語シリーズもかなり久しぶりですが、相変わらずの私の試行錯誤におつきあいくださいませ。
 
勉強中につき、誤り等ございましたら、どうぞご指摘くださいませ。
前置詞の「in」は色んな使い方がありますが、私が気になったものをピックアップしてみます。
 
・in a Relationship
MySpaceでみつけたのですが、個人の未既婚等を表す項目で独身、既婚、離婚などの選択肢のひとつにこの「In a Relationship」というのがあって何だろう?と思いました。日本語表示にすると「彼/彼女がいます」となるのですが、single、married、divorcedなどは1単語なのになぜこれだけちがうのかと興味を持ちました。日本では(私の感覚では)「関係」というものは人と人の間にあるものというイメージがありますが、これだと「関係の中に入る」という感じですね。面白いなーと思いました。
 
そういえばfall in loveといいますね。フォーリン・ラブと覚えていたけど、よく考えればinが入ってました。まさに「恋の中におちる」のですね。なるほど!
 
・a woman in pink
映画「Hair」のDVDを見ていて(Hair関連記事はこちらのカテゴリーにて)、エンドクレジットに出てきた「woman in pink」というのが目にとまりました。そう、これはパーティのシーンでテーブルの上で踊っているバーガーがそばにいたノリのよさそうなピンクのドレスのおばさんをテーブルに引き上げて一緒に踊るのですが、そのおばさんのこと。つまり「ピンクの服を着ている女性」のことなのです。そういえば「ウーマン・イン・ホワイト」というミュージカルも観に行ったんだっけ。それも白いドレスを着た女性の物語でしたね。
 
調べてみると、服を着たり、帽子をかぶったり、色々使えます。
 a girl in blue 青い服を着た少女
 a woman in a hat 帽子をかぶった婦人
 a man in spectacles メガネをかけた男
 in uniform 制服[軍服]を着て
「spectacles」というのは「a pair of glasses」のことで「メガネ」を意味します。
 
こうしてみると、服を着るというのは、「服の中に入る」というイメージみたいですね。そういえば「RENT」にも「You should try it in heels!」と「ハイヒールを履いて(タンゴのバックステップを)試しなさい」というセリフがありましたね。上から下まで、身につけるものに使えるようです。
 
・be in for
「tick, tick...Boom!」の中で私が一番好きな曲「Louder Than Words」の中にもinがありました。私が特に好きな冒頭の部分です。
 
 Why do we play with fire?
 Why do we run our fingers through the flame?
 Why do we leave our hand on the stove
 although we know we're in for some pain?
 
 ぼくたちはなぜ火のそばで遊ぶんだろう?
 なぜ柵の間に指をつっこむんだろう?
 ストーブの上から手を引っ込めるのはなぜ
 避けられない痛みを知ったあとなのか?
 
ああ、なんと意味深い歌詞なんでしょう。私の訳はいいかげんですが。この中に出てくる「be in for~」の意味がなかなかわからなかったのですが、「be in for O」に「志願する」という意味があることや「be in for」には「<競争など>に参加している、することになっている、<分け前などを>受けることになっている、<いやな事>を受けること、経験すること必至」などという意味があることをつきとめました。ストーブの上に手を乗せたら、当然痛みを受けることになりますからね。
 
似たような感じで「cry in pain」といえば「痛くて泣く」という意味で、他に「in tears(泣いて)」「in confusion(混乱して)」「be in trouble with~(~と面倒なことになっている)」などと状態を示すこともできます。だからはじめは上の歌詞も「in pain」のような意味だと思っていたのですが、もっと強い意味合いがあったんですね。ますますこの歌がすきになってしまいました。
 
こんな調子で英語を少しずつ身につけたいと思っています。色々教えてくださいませ。
 
◆参考商品リンク
「ヘアー」サントラ盤CD(日本語歌詞カード付き)
ヘアーヘアー                
(1999/09/22)
サントラ

商品詳細を見る

・「レント」ブロードウェイ版(日本語歌詞カード付き)
レントレント
(1996/11/21)
フィーチャリング・スティーヴィー・ワンダー・アンド・ザ・キャスト・オブ・レント

商品詳細を見る

・「Jonathan Sings Larson」(英語歌詞のみ)
Jonathan Sings LarsonJonathan Sings Larson          
(2007/11/06)
Jonathan Larson

商品詳細を見る
*Jonathan Larson自身が歌う「RENT」や「tick, tick...Boom!」や未発表の楽曲が楽しめます。「Louder Than Words」も収録されています。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2008/05/05 18:07 】 | studying English/英語に挑戦 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<Kさんを見ました! | ホーム | Anthony Rapp、Lauren Pritchardらの音楽イベント(5/17)>>
コメント

着用するもののinと言えば、
woman in rubber(Take me or leave me)も多分そうかな、と?^^

Whyの歌詞は、
「なぜ火と戯れるんだろう
なぜ炎に指をかざしてしまうんだろう
痛みがあるとわかっていながら、
なぜコンロ(?)に手を置いてしまうんだろう」
みたいな感じかなと思うんですが、
確かに「in for some pain」って不思議ですね。
勉強になりました!
ちなみにrun through to the flameのtoも不思議です^^;
それこそin the flameでも良さそうな気がしません?!

【2008/05/06 00:46】 | URL | tomoko #-[ 編集] | page top↑

tomokoさん
>着用するもののinと言えば、
>woman in rubber(Take me or leave me)も多分そうかな、と?^^
ああほんとだ。TMOLMに入る前のJoanneのセリフですね。
You were flirting with the woman in rubber.
(クラブに行くのを反対するのは)あなたがラバー服の子といちゃちゃするからよ。 という感じでしょうか。

>「なぜ火と戯れるんだろう
>なぜ炎に指をかざしてしまうんだろう
>痛みがあるとわかっていながら、
>なぜコンロ(?)に手を置いてしまうんだろう」
なるほど、ストーブはコンロのことでもあるんですね。

私が子どもの頃、石油ストーブが危ないからとよく柵の中に入れられていて、それでも子どもってその柵の間から手を入れて触りたがるんですよね。それが先に思い浮かんでしまって。

人ってそうやって痛い目にあわないと学習しないんだなーという意味だと思っていましたが、正しくは、そういう目にあっても(あうとわかっても)またやってしまうってことですね。それもまた人間ですね。
この歌に出てくる色んな場面をみても、ジョナサンって人をよく見てるなーって思いますね。

そういえば土曜日に森山さんみたさに「ルーキーズ」をみたのですが(森山さんは出てなかったのですが)、元不良少年が野球部をつくるという話らしく、まだメンバーが足りないのですが、本当は野球が好きでやりたいのにつっぱっていて入部しない子が部室にやってきたシーンで、その子が怖い感じなので緊張が走るんだけど、誰かが「おまえペンキに触っただろ?」と言い出すんです。部室のドアがペンキ塗り立てで触るなと書いてあるのに部員も、その子もみんな触ってて人差し指の先が白くなってるのを見せ合って急に和やかに笑いあったりして。「ダメって言われるとやっちゃうんだよねー」って。ホントそうなんですよね。笑ってしまいました。

>ちなみにrun through to the flameのtoも不思議です^^;
ごめんなさ~い。これは私が入力する時まちがえました。(訂正しときます)

前置詞の使い方ってやっぱり感覚で覚えるしかないんでしょうかねえ。なかなかむずかしいです。

また色々教えてくださいね~。

【2008/05/06 15:41】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑

「run through the flame」のところ、
私も歌詞カードとか見ないでコメント入れちゃったので、
失礼しました!
じゃぁ、不思議じゃない、ということで(笑)。

あと、stoveの「コンロ」訳ってこの文脈では変ですよね(笑)。
これもまた失礼しました~!^^

【2008/05/06 21:01】 | URL | tomoko #-[ 編集] | page top↑

tomokoさん
>「run through the flame」のところ、
>私も歌詞カードとか見ないでコメント入れちゃったので、
>失礼しました!
いえいえ、その間違いに気づくtomokoさんがすごいなーと。

>あと、stoveの「コンロ」訳ってこの文脈では変ですよね(笑)。
どうなんでしょうね~。ジョナサンが何をイメージしたのかはよくわからないですけどね。ストーブを柵で囲むというのも向こうでもそういうことをしていたのかどうかもわからないしね。人によってイメージがちがうのもまたおもしろいですね。

でも「コンロ」もstoveっていうんだって、これで一生忘れないと思います。たぶん(笑)
ありがとうございました。

【2008/05/06 22:19】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/377-572de2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。