FC2ブログ
NY5日目(1/28-29)・旅の終わりに、こんなことが!!!
NY_yoake_DSCN0740.jpg
NYでのすべての行程を終え、あとは帰るだけ・・・のはずが、思いがけない展開になっています。先日会ったC嬢に「やっぱりhimikaさんだね。」と笑われた仰天ハプニングとは?
 
最後まで目が離せないhimikaの珍道中に、どうぞご期待くださいませ。
最後の朝、5時半起床。夏に行った時には帰りのバスに乗る時間と到着時間をまちがえて1時間遅く出ることになってあせったので(それでも十分間に合ったのですが)、早め早めにと思って、さっさと支度をしたら6時。少し早いけど出発しました。外はまだ真っ暗。気温は27°F(約ー2.8°C)。ひとり寂しくスーツケースを引きずって、Port Authorityバスターミナルへ。JFK空港行きの6時50分のバスに乗るつもりが、1本早い6時20分に間に合ってしまいました。待つのもばからしいので乗ってしまいました。これだと到着予定が7時45分のはずなのに、早朝で道がすいていたのか7時15分に着いてしまいました。

写真はバスの中から撮影。ちょうど夜が明けて朝焼けが見れたので。この写真を見るとかなり明るく見えますが、実際は周りはもっと暗かったです。真ん中の白っぽい帯は川だと思うのですが、どの辺だったんだろう・・・。

空港に着いたら、ANAのチェックインは8時15分からと判明。1時間も早く着いてしまったのです。1本遅いバスの到着予定時刻が8時15分だったので、それでも(道がすいていれば)早いくらいでしたね。そこで、ベンチに座って今更ながらSAの台本を開き、気になった箇所の英文を見直したりしていました。
 
チェックインをすませ、手荷物検査。PCをケースから出し、コートも脱いで、ブーツも脱いで準備万端・・・と思っていたら、私の荷物がなぜか何度も機械に通されている。その時は気づかなかったのですが、実は別にしておかなければいけない液体類が入った袋を出し忘れていたのでした。でも一応無事通過。飲まず食わずで出てきたのでサンドウィッチとジュースで軽く朝食。一見おいしそうでしたが、ハムがしょっぱくて、パンも分厚くていまいち。結局、オススメできるような食べものをほとんどみつけられなかったなあ(笑)
sand_DSCN0741.jpg
搭乗開始まで「RENT」を聞きながら、荷物をがっちり抱えつつうとうと。10時45分から搭乗開始。出発予定は11時15分。全日空9便。

私の席は行きと同じ23C。後ろがすぐトイレという3人掛けの通路側。行きと同様真ん中が空席で、窓際にもうひとり。今までは日本人ばかりでしたが、はじめて白人男性と並ぶことになりやや緊張。でもその人、最初からかなり最後の方までずうっと寝てました。1回目の機内食も食べず、大分経ってから「どうしますか?」と聞かれても断っていたし。そんなわけで遠慮がちに真ん中の座席の自分よりのところに荷物を置いちゃったりしました。
 
搭乗前に変に寝てしまったために機内であまり寝られなくて、懲りずにSAの台本を開いてみたりもしましたが、さすがにそれも飽きてきました。後半に観たRENTやSAで気づいたことを忘れないようにメモしておこうと思い、荷物を下ろした時、窓際の男性のものと思われる黒いリュックにRENTのポスターをパウチしたタグが付いているのに気が付きました。
「この人もRENTが好きなのかな?」
そう思うとちょっと興味が湧いてきたけど、とにかくずっと寝ているので接点なし。
RENT_Poster_Pink_DSCN0679.jpg
こういう柄のタグでした。
 
あまりにもヒマなので、映画でもみようと思ってリストをみると、「オズの魔法使い」(ジュディ・ガーランド主演)を発見。6~70年前のかなり古い映画ではあるようなのですが、RENTの「La Vie Boheme」の歌詞にも出てくるし、帰国の翌週には劇団四季の「ウィキッド」を観る予定だったので予習がわりに観ることに。「オズの魔法使い」は子どものころに読んだ気はするけど細かいことは覚えていなかったので観れてよかったです。英語版か日本語吹き替え版しかなく、吹き替えだと歌のところは英語のままなので細かい意味はわかりませんでしたが、それがわからなくてもストーリーはよく理解できました。有名な「Over the Rainbow」ってこの映画の曲だったのねーとか(笑)
 
ストーリーは、畜産業を営む?おばさんと暮らすドロシーが自分の気持ちをわかってくれないおばさんに失望して愛犬トートと家出。竜巻に襲われて逃げ込んだ家ごと吹き飛ばされて、憧れていた虹の向こうの夢のような世界にたどり着く。そこで出会ったいい魔女グリンダのアドバイスで、うちへ帰るためにオズの力を借りようと、途中で知り合った脳みそのないかかしと心のないブリキ男と臆病者のライオンと旅をする・・・というようなもの。最終的に、仲間たちはそれぞれ脳みそや心や勇気をすでに持っていることに気づき、ドロシーも「本当に大切なものは遠くにあるのではなく、おうちの近くにあるのね」と気づくという、子ども向けにしてはなかなか奥深い内容になっています。(これを観たことでのちに「ウィキッド」を観た時に「オズの魔法使い」とのつながりがとてもよく理解できたので、観て正解でした。)
 
そうこうするうちに、最後の機内食の時間が近づき、その前のドリンクサービスに先立ち、お手拭きが配られはじめました。NY時間で9時半ごろでしたから、乗ってから10時間ほど経っていることになります。そこでようやっと窓際の男性が起き出しました。私は少しでもRENTの話でもできないかと思い、さりげなくRENTのPlaybillを左側にいるその人に表紙を向けて開いてみたりしたけど反応なし。で、お手拭きを受け取る時にPlaybillを閉じて膝においたのですが、それでようやく気づいたらしい。向こうから話しかけてきました。
「RENTを観てきたんですか?」
「はい。2回観ました。」
すると男性はにっこり。でもそれ以上話しかけてこない。シャイな感じの人なのです。そこで何か言わなくちゃと思い。「あなたもRENTを観たんですか?」と聞いてみました。すると、
「僕はRENTのツアー・メンバーなんです。」
というからびっくり!!「サウンド・エンジニア」なんだそうです。
「え?ホントに?私は昨年の日本公演を3回も観に行ったんですよ。」
「12月の?」
「そうです。」
「どこで?」
「東京で。」
「僕も行ってたんですよ。」
なんという偶然なんでしょう。彼は日本が好きらしく、10日間休みが取れたので日本に旅行するとのことでした。せっかくのチャンスなのに、シャイなアメリカ人と、英語があまりしゃべれない日本人では、会話が続かず・・・。でもふと思いついて
「RENTがクローズすると聞いてとても悲しいです。RENTツアーもクローズしてしまうんですか?」と聞くと、
「ツアーはクローズしません。むしろ拡大していくと思います。ブロードウェイに出演していたキャストも参加するようになると思います。」とのこと。うれしい情報ですね。
 
私はその人がサウンド・エンジニアだということがどうも引っかかっていました。というのは、昨年の来日公演の東京での初日、ステージドアにキャストが出てこなくて、唯一出てきた白人男性に声をかけたところ「いえ、僕はオンキョー(音響)だから」と言っているのに、こっちもひっこみがつかなくなり、「OK!OK!」と強引にサインをもらってしまったということがあったのです(→関連記事)。もしかしてその人がこの人?ステージドアで会った人もちょっとシャイな感じだったけど、顔ははっきり覚えていなくて確信が持てないのです。どうしたらそれをつきとめられるか考えていました。そしてふとひらめきました。「もう一度サインをもらえばわかるかも!」というわけで、その人がトイレから戻ってきた時に、RENTのプレイビルを差し出して「サインしていただけますか?」と頼んでみました。
「いいですよ。」と気軽に受けてくれました。
「私は来日公演のオープニング・ナイトのあと、ステージドアでサウンド・エンジニアの人にサインをもらったんです。」というと、
「え?それは誰ですか?」
と聞き返されてしまいました。ということはこの人じゃないのかしら?だって音響さんがサインを求められることってあまりないだろうから本人だったら覚えていそうですよね。そう思っていってみたのに。
「ごめんなさい。わからないんです。」というと
「そうですかー。」っていう感じで、そこでまた会話が終了。書いてもらったサインをみても同じ人かどうかわかりませんでした。

しばらくして、私がトイレに行っている間に彼は荷物の中から書類を下ろしていました。そしてRENTのPlaybillをみせて、
「これは数週間前にテキサスで公演した時のなんです。」という。
そしてスタッフのページを見せて、私がサインをもらったのは誰かと聞かれたのですが、実はサインをもらったのによく読めなかったし、スタッフということもあって誰なのかまで特定していなかったのです。そうも言えないので、無難に「わかりません」と言いました。すると向こうはまあいいやって言う感じで、話題を変えてきました。
「他には何か観たんですか?」
「はい。Spring Awakeningを観ました。」
そこで会話が終わりそうになったので、
「去年の夏、AnthonyとAdamのRENTを観に行ったんです。」と付け加えると、
「僕はAdam Rappとよく一緒に仕事をするんですよ。」と彼。
「Anthonyのお兄さんの・・・」
そこで彼は仕事の内容を説明しようとしたようなのですが、私がわかってないように見えたのか、「ああ、わからないですよね。」と笑って、「Adamはとてもいい人(nice)だよ。」といいました。
 
それからまた時間が流れ、飛行機はついに着陸態勢へ(と言っても、まだ青森上空あたり)。私は結局彼の名前を特定できていないことと、よく考えれば質問ばかりして自分のことは何も言ってなかったなと思い、密かに仕事の名刺(名前のローマ字以外全て日本語)の裏にMySpaceアドレスのシールを貼ったものを用意。飛行機が成田に着陸し、陸上を走行しはじめたところでもう一度声をかけました。
「RENTについてお話ししてくださってありがとうございます。(名刺のローマ字を指さし)私はxx(ファーストネーム)です。(裏返して)これが私のMySpaceです。」
彼はニッコリして「僕もMySpaceやってます。」と。
私は「次の日本公演の時にまたお会いしたいですね。色々ありがとうございました。」と言いました。
飛行機が停止し、降りる時に、彼はリュックに付いているタグを見せてくれました。本当はすでも知っていたし、名前が書いてないかとこっそり裏返してもみたんですが、初めてみた風に反応(笑)スタッフ用の入館証のようで、全てのエリアに入れると言うようなことが書いてありました。そしてよくみるとカタカナで「レント」と。
「Japan Tourのですね。」
旅の終わりに、そんな思いがけない出会いがあったのでした。
 
空港からの帰りのリムジンバスの中で、彼のサインを解読しようと試みましたが、比較的わかりやすく筆記体で書いてくれてるのに読めなくて、読み方も聞けばよかったかなーと思いつつ帰宅。早速来日公演のパンフのサインをみてみたらなんと同じサインではないですか!!やっぱりあの人だったんだ、と超びっくり。その日のうちに、彼からMySpaceメッセージが届き、そこから名前もわかりました。彼のメッセージには「飛行機の中で出会うなんて、なんという巡り合わせでしょう。」なんて書いてありました。RENTが大好きと言っていた彼。RENTの話ができてうれしかったらしいのです。返事には来日公演でもらったサインの画像をつけて、「これはあなたのですよね?」と。そのあとの返事には、 「(サインしたことを)思い出しました。来日公演の初日はロビーでイベントがあってそれでキャストがステージドアから出なかったんです。」などと書いてくれました。そう、この日の出待ちは悲惨だったのです。そんな理由だったのねと納得。たどたどしい英語でありながらも、会話とメールでここまでやり取りできたことに、ちょっとだけ自信が持てました。そして同じエンジニアに2回もサインをもらってしまう私って・・・。やっぱりちょっとヘンかも(笑)
 
★NYの旅(2008年1月)の記事一覧はこちらです。
 
◆リンク
「オズの魔法使い」
オズの魔法使いオズの魔法使い
(2005/06/17)
ジュディ・ガーランド、ヴィクター・フレミング 他

商品詳細を見る

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2008/03/02 14:05 】 | New York/Broadway | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
<<AnthonyとAdamのファイナルツアー? | ホーム | Spring Awakening 4回目(1/27夜)>>
コメント

すごいッッッッッ
なんか感動してしまいました!!そんな偶然の出会い・再会ってあるんですね~~(>▽<)!!あたしだったら絶対何も話しかけられずに終わってます・・・ちゃんと会話して、前回の人と同じとういう事実のまでたどり着いたなんて素晴らしすぎです☆
いや~すっごく楽しませて頂きました♪♪♪

【2008/03/02 19:00】 | URL | kabarin #-[ 編集] | page top↑

kabarinさん
>すごいッッッッッ
なんか感動してしまいました!!そんな偶然の出会い・再会ってあるんです

そう、自分でもびっくりしてます。
RENTのタグをみつけた時は、RENTが好きな人というだけでもすごい偶然と思ったけど、過去に一度会ってサインまでもらっていた人だったとは!!
また奇跡を起こしてしまいました(笑)

>ちゃんと会話して、前回の人と同じとういう事実のまでたどり着いたなんて素晴らしすぎです☆
かすかな手がかりを頼りにつきとめましたよ~。執念深いですねー、私。でもなんか、あの時の人のような気がしたんですよね。不思議です。

>いや~すっごく楽しませて頂きました♪♪♪
この調子で次はAnthonyとどこかでバッタリ会いたいと思います(無理!無理!)

【2008/03/02 22:06】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑

凄すぎます!こんなミラクルなことってあるんですねぇ☆
でもhimikaさんらしいって私も思っちゃいました^^ 素敵な出会いでしたね♪

【2008/03/02 22:22】 | URL | maruko #xpRige7I[ 編集] | page top↑

marukoさん
>凄すぎます!こんなミラクルなことってあるんですねぇ☆
あったんですよねー、こんなことが。
「サウンド・エンジニア」と聞いたあたりから、またやっちゃったかもと思いました(笑)

>でもhimikaさんらしいって私も思っちゃいました^^
隣にRENT好きらしき人がいた、っていうところで終わらせないところが、私らしいところでしょうかねえ。

【2008/03/02 22:55】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑

ご無沙汰しています。ayakoです。
コメントがなかなかできませんでしたが、ちゃんと拝見していましたよ。忙しい毎日で・・・というのも、ブロードウェイでRENTを観る!と決めてから今までにない行動力でNYについて調べたり、英語の勉強をしたりと。
何もかもが初めてのことで不安も多いですが、楽しみの方が大きいです。himikaさんみたいに思いがけない出会いがあると思うと益々ワクワクしてしまいます。本当に素敵な再会でしたね♪すごく希望が持てました。

【2008/03/02 22:58】 | URL | ayako #-[ 編集] | page top↑

ayakoさん
>コメントがなかなかできませんでしたが、ちゃんと拝見していましたよ。
無駄に長い記事ばかりでお手数かけます(笑)

>忙しい毎日で・・・というのも、ブロードウェイでRENTを観る!と決めてから今までにない行動力でNYについて調べたり、英語の勉強をしたりと。

おお!ついに行かれるのですね。
英語もろくにしゃべれず、しかも超方向音痴な私でも行ってこれたのだから大丈夫!

>何もかもが初めてのことで不安も多いですが、楽しみの方が大きいです。
NYが舞台のRENTをNYでみる意味は大きいと思います。こういう場所で生まれた物語なんだなと、イメージしやすくなるし。

>本当に素敵な再会でしたね♪すごく希望が持てました。
これにはホントにびっくり!
この人だけでなく、出待ちで会ったキャストの人たちのこともいい思い出です。

英語がしゃべれないからと遠慮していては損です。何かひと言でも話しかけてみると、次の日覚えていてくれたりしますからね。出会いも是非楽しんでくださいね。

【2008/03/03 00:58】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑

久しぶりに引いた風邪がものすごく長引いてスッキリしない日々を送っていましたが、毎日楽しみにレポート拝見させていただいていました。
ワオー!すごい再会ですね。あの男性、覚えてます!あの時サインをもらったのはhimikaさんだけでしたし・・不思議な”縁”があるんですね。向こうから気づいて声を掛けてくれたら、少し話しやすくなりますよね。でも、ここまで会話できるhimikaさんはやっぱりすごいなぁ☆
貴重な体験話をまた一つ聞かせていただけて(勝手に)大満足です(笑)

【2008/03/03 02:09】 | URL | リヴ #0iyVDi8M[ 編集] | page top↑

リヴさん
>久しぶりに引いた風邪がものすごく長引いてスッキリしない日々を送っていましたが、毎日楽しみにレポート拝見させていただいていました。
ありがとうございます。風邪、よくなりましたか?私も風邪か花粉症かどっちかなーと交互に薬を飲んでました。(花粉の方だったみたい)

>ワオー!すごい再会ですね。あの男性、覚えてます!
そう!あの人ですよ。ややふくよかで、ちょっとシャイな感じの。
会っちゃいましたよー。同じ飛行機っていうだけじゃなくて、ほぼ隣ってありえないですよね、フツウ(笑)

>向こうから気づいて声を掛けてくれたら、少し話しやすくなりますよね。
無理矢理気づかせて声をかけさせたともいう?(笑)

>でも、ここまで会話できるhimikaさんはやっぱりすごいなぁ☆
いえいえ、めちゃくちゃな英語だけど、必要に迫られればやるしかないってことで。ここで曖昧にすませてしまうと、それっきりですもんね。

次の来日の時もきてくれるといいな。
だって去年の音響かなりよかったですよね。(一昨年がめちゃくちゃだったせいもあるけど。)
若いけど優秀なエンジニアだと思うので。

【2008/03/03 11:32】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑

こんにちは。
「縁」なのでしょうかね。いや、そう思ってしまうほどです。素晴らしい出会いですね。そして「レントツアーはクローズしない」とのお話とのこと。何よりうれしいお土産です。ありがとう。

【2008/03/03 17:58】 | URL | さるかもめ #-[ 編集] | page top↑

さるかもめさん
>「縁」なのでしょうかね。いや、そう思ってしまうほどです。
来日公演の初日に会った時にサインまでもらっていなかったら、ここまでのことはなかったでしょうね。
スタッフとキャストを間違うのはよくあることだし、お互いに覚えていないでしょうから。
なぜあの時にサインをもらっちゃったのか自分でもよくわからないのですが・・・。

>そして「レントツアーはクローズしない」とのお話とのこと。何よりうれしいお土産です。ありがとう。
ツアーだけでも残ってくれたら、また観れるかも知れないですもんね。

Adam Rapp(Anthonyの実の兄)と何度も仕事をしている人というのも、Anthonyと少しでも縁がつながったようで感動でした。だからってどうなるわけでもないですが。

【2008/03/03 21:54】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/329-cbaf3a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |