FC2ブログ
SpringAwakening 1回目(1/24夜)出待ち
今回の日程の中でこの日の夜一番寒くて、25°F(約ー3.9°C)。劇場内は暖かいので東京と同じような格好(カットソーに長めのスカート)で全く問題なしですが、外では念のため厚手のカーディガンを羽織った上にダウンジャケット、下はタイツとロングブーツ、マフラーと指先が出る手袋で完全武装。(帰宅時は耳あても重宝しました。)それでほぼ大丈夫でしたが、私が冷え性のせいもあるけどとにかく指先が冷えて感覚がなくなるほど。左手に持っているものを右手に持ちかえるにも、自分の指がどう動いてるのか自分でわからないくらい(笑)それでもペンのふたの開け閉めとか、やっぱり指先が出てないとね。
 
以降は写真満載です。
*キャストの写真は私の責任で載せています。他でお使いになりませんようお願いします。
今回はまだオリジナルキャストの大半が残っているので、夏に買った公演プログラムにサインしてもらうことにしました。前回は白っぽいペンがなくて実現しなかったので、今回は銀色のペンを持参。キャストが勢揃いしているページがすぐ開けるよう付箋を貼って準備。カメラも、このために買った自分撮りカメラを持参しました。
 
ユージン・オニール劇場では、出待ち用にステージドアから劇場に平行に柵が設けられ、キャストは柵に添って待っている人たちを順番に回ります。だから、待っていれば基本的に全員のサインがもらえるのです。キャストが出てくる扉が柵の真ん中辺ということもあり、奥の方が混んでいたりすると真ん中からサインをはじめるキャストもいますが、その場合もたいていは奥に戻ってみんなにサインをしてくれます。(一度だけ、誰かひとり真ん中から奥に向かってサインを始めてそのまま返っちゃってサインがもらえなかったことがあったと思ったけど。記憶が不確かですが。)私は柵が切れるあたりで待っていました。そのあとにも数組いましたが、最後の方になります。
 
はじめにこの日Anna役だったAlexandraが出てきました。この日は寒かったせいか、彼女が代役だからなのか、みんなPlaybillにサインはもらうけど写真を撮っている人がいなくて、私もあまり引き留めたら悪いかなとサインだけもらいました。Adult memのGlennとAdult womenのKateも出てきたけどさっと帰ってしまったような。
 
夏にも、他の女の子が出てこないのに二度とも出てきてくれたLilliは今回も出てきてくれました。これまでの流れから写真は撮れませんでしたが、サインをしてもらって、買ってきたおみやげを渡しました。オレンジ色の着物地の巾着袋に、折り鶴を貼ったカードをつけて。「いつも出てきてくれるから日本のおみやげを買ってきたの。」といって渡したのですが、「ありがとう。」といってあっさり受け取ってすぐ次の人へ。あらら・・・。
 
このあとあたりから写真を撮る人が出始めたので、私も写真を撮ることに。でもこの日はプログラムにサインをもらうのがメインだったし、寒くて手がかじかんでカメラ操作も自信がなかったので、「一緒に撮って」じゃなくて「あなたの写真を撮ってもいい?」といって撮らせてもらうことにしました。
 
ローレン
夏に会えなかったLauren。女の子達に会えるか心配だったので、出てきてくれてうれしかったです。最初に写真に写ってくれました。
 
ブレイク・ダニエル
新しいErnstのBlake Daniel。とてもにこやかで感じのいい青年でした。あとでまだ18歳と知ってビックリ。何かひとこと声をかけようと思ってとっさに出てきた言葉は「あなた背が高いわね。」(笑)そんな私に立ち去りかけたのを戻ってきて「そうなんだ。背が高いんだよ。」とにっこり。こんなことしか言えなくてごめんね・・・。
 
このあとこの作品のヒロインであるWendla役のLeaが来てくれたのです。やっと会えたーとうれしくてもちろん写真も撮らせてもらったんですが、なぜかシャッターがなかなか降りなくて、光ってないのにLeaはもう撮ったと思ったらしくすっと立ち去ってしまったんです。で、Leaがフレームから外れたあとにシャッターが降りて、写っていたのは劇場の見張りの?おじさんだけ。大失敗でした。
 
レミー
次に出てきたのは小柄で可愛いRemy。
 
ブレイク
彼が新しいMoritzのBlake Bashoff。そう思ってみると、素顔もJohnにちょっと似てる?
 
JBW
そして今回の旅の目的でもあったJonathan B. Wright。みんなフードをかぶるなど防寒対策をしている中、顔がはっきり見えるいでたちでの登場がうれしかったです。
 
彼が映画の撮影で一時休んでいた時、「1月に観に行きたいと思っていますが、その時には戻っていますか?」と問い合わせたらすぐに返事をくれたという忘れがたいエピソードも(関連記事)。それに、まるで私の都合に合わせたようにショーに復帰してくれたので、私のことを少しは覚えているかしらと、名前を言って「メッセージをありがとう」と言ってみたけど、覚えているともいないとも無反応。
 
サインをもらい、ショーの感想を伝えました。「あなたのHanschenはとてもエレガントで美しかった」と。うれしそうに「ありがとう」と言ってくれたと思います。そして、必死で作って持ってきたHanschenキャットを渡すととてもよろこんでくれました。そして、この子と写真をと頼んで撮ったのがこれなのでした。いい笑顔です。
 
実は写真を撮る時に私が色んなものを手に持っていたので、ここは失敗できないと思って、荷物をどさっとそばに置いてから撮ったんです。そのあと置いた荷物を片付けている間に彼は次の人のサインをしていたのですが、振り返って、キャットとカードが入った手提げ袋(私が用意した)を見せながら「Thank you again.」と言ってくれたんです。その声は低くて、男っぽくて、超カッコイーーーーーー!惚れ直しました(笑)彼はあまり自分からは話さない人。なのに振り返って・・・。感激でした。
 
彼は荒々しい感じの人ではないけれど(ふだんの彼は知らないけど)、SAのキャストの中で「男」を感じるのは彼くらいじゃないかな。私にとっては。21歳とは思えない落ち着きと威厳を感じます。やっぱりJBW、あなたについていきます(笑)
 
マット
今日はOtto役だったMatt。七三分けのOttoのヘアスタイルの名残が。
 
ジョナサン
そしていつも最後に登場するJonathan Groff。予想通りの重装備でしたが、笑顔と人なつっこさは抜群でした。サインのあとMelchiorキャットを渡すと、確か「かわいい」とか何か言ってとてもよろこんで、思いっきりハグしてくれました。「洋服は私が全部つくったの。」とか話したと思います。夏に一度来てまたきた様なことを言ったあと、「What are you doing?」みたいなことを聞かれて何を答えていいかわからず、とりあえずNYはとても寒くてビックリしたとか言って・・・。なんとちぐはぐな会話なんでしょう(笑)でも楽しくお話しできたからまあいいかな。
 
帰りは風が強くて寒かったー。耳あてを持ってきてよかった。この耳あて、NYでも結構使っている人をみかけましたよ。流行ってるってほどではないですが。若い人だけじゃじゃなく、色んな年齢層の人が使っていましたね。シンプルなデザインなのがいいみたい。
 
おやつがわりに小さいお菓子(ビスケット的な)を買って宿へ。メモ的にブログの下書きをしたり、写真のバックアップを撮ったり、なんだかんだで寝たのは3時近かったかも。
 
◆リンク
・Spring Awakening公式サイト
 http://www.springawakening.com/

・Spring Awakeningファンサイト
 MySpace:Spring Awakening

・Jonathan B. Wrightの公式サイト
 http://www.jonathanbradfordwright.com/

・オリジナルキャストCD
Spring Awakening [Original Cast Recording] Spring Awakening [Original Cast Recording]
George Farmer、 他 (2006/12/12)
Decca

この商品の詳細を見る

・台本
Spring Awakening Spring Awakening
Steven Sater (2007/09)
Theatre Communications Group

この商品の詳細を見る

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2008/02/04 11:55 】 | Spring Awakening | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<Jesse L. Martinの映画「Sexual Healing」 | ホーム | SpringAwakening 1回目(1/24夜)第二幕>>
コメント

ニューヨークのリポート、楽しみに読ませてもらってます。
「Spring Awakening」は1度見ただけなので記憶が曖昧で、himikaさんの詳細な報告のおかげでそうだったと思い出したり、見たときには気付かなかったことが分かったりしました。見たときのわくわく感も甦ってきてまた見たくなっちゃいました。
しかし、出待ちのときのキャストたちの姿を見るとすごく寒そう。himikaさん、寒いなかで頑張ってきましたね。SAの第2弾、その後の記事も楽しみにしています。

【2008/02/05 22:26】 | URL | chie #-[ 編集] | page top↑

chieさん
>ニューヨークのリポート、楽しみに読ませてもらってます。
ありがとうございます。

>見たときのわくわく感も甦ってきてまた見たくなっちゃいました。
そうでしょ?(笑)楽しかったです。ホントに。

>しかし、出待ちのときのキャストたちの姿を見るとすごく寒そう。
みんな重装備ですよね。風邪をひくわけにはいかないからこうなってしまうんでしょうね。
でもみんなにこやかにサインに応じてくれて、夏に会えなかった人たちにも会えてうれしかったです。

RENT関連も含めこれからのレポートも是非見てくださいね~。

【2008/02/06 22:03】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑

今回はJonathan B. WrightのHanschenが観られてほんとうに良かったですね♪
写真もバッチリ☆笑顔がかわいらしい^^
他のレポート記事も楽しみに読ませていただきます。

【2008/02/06 22:46】 | URL | maruko #xpRige7I[ 編集] | page top↑

marukoさん
>今回はJonathan B. WrightのHanschenが観られてほんとうに良かったですね♪
そうなんですよ。直前まで休んでいたようなので、観れてよかったです。

>写真もバッチリ☆笑顔がかわいらしい^^
シリアスな顔がとても美しいJBWも笑うと可愛いですよね。ふふっ。

【2008/02/07 02:49】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/309-a8e3e9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |