スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『RENT』観ました
RENTのパンフレット 映画『RENT』を観てきました。ブロードウェイ・ミュージカルの映画版ですが、これは先日、渋谷のBunkamuraで『オペラ座の怪人』を観に行った時に予告編で見て、歌が気に入り、絶対観ようと思ったもの。

 「525,600分をどう(何の数で)計りますか?」という問いかけで始まる力強い歌を予告編でたった一度聞いただけで気に入ってしまいました。

 公式サイトで是非予告編をご覧になってみてください。いいですよ~。

 それぞれに夢を持ちながらも貧乏暮らしをしている若者たちが、HIVのキャリアであったり、ゲイやレズビアン、ドラッグなど、色々ありながら、愛し合い、支え合い、時には傷つけ合いながら生きた1年間を描いています。

 私は最初の歌ですでに涙目でしたが、そのあとも、泣けるところがいくつもあって、例えば後半ある人が死んでしまうんですが、死んだ時よりも、仲間がその死を悼む姿に涙が出たりとか、悲しいから泣くというよりそれぞれが一生懸命生きてる姿に泣けるような感じ。

 泣くだけじゃなくて、笑えるシーンもたくさんあって、美人だけど浮気者のモーリーンに元恋人と今の恋人が翻弄されるところとか、その他色々・・・。

 この物語はプッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』をベースにしているとのこと。時代設定も雰囲気もかなり違うけど、なるほど~というシーンも。『ラ・ボエーム』では、お針子のミミが上の階に住む詩人のロドルフォのところにロウソクの火をもらいにくる場面があって、暗闇で鍵を落としてふたりで探したり、ロドルフォがミミの手を取ってその冷たさに「冷たい手を」という歌を歌ったりするのですが、それによく似た場面が出てきます。似てるんだけど、ミミのイメージが全然違う。こういう風に使うのか~と笑ってしまいました。

 うまく説明できないし、説明してわかるものでもないと思うのですが、とにかく歌。歌に最後まで惹きつけられっぱなしでした。早速サントラをネットで購入したのですが、ちょっとしたミスを。いったん輸入盤を買ってから国内版があるのに気づき、輸入盤をキャンセルして国内版を購入し直したのですが、よくよくみると輸入盤のサントラは2枚組で収録曲も多いと判明。もう一度輸入盤を買い直すことに。国内版の方は処理が早くてキャンセル不能で、到着後返品ことしかできないみたい。よく確かめないといけませんね。下の参考リンクには、輸入盤の方のリンクをはってます。

 Bunkamuraでは初回が10:40だったのですが、9:30ごろ行ったらまだ24~5番目でしたが、そのあとどんどん人が来て初回は満席でした。ロビーが人で埋め尽くされていて、人気の高さを感じました。いい映画です。よろしかったらご覧になってみてください。

◆参考リンク
・公式サイト
 http://www.movies.co.jp/rent/

・映画サントラ
 
 Rent [Original Motion Picture Soundtrack](輸入盤・2枚組)

*この記事は当ブログ開設にあたり、himikaの他のブログから移転させたものです。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 

テーマ:RENT(レント) - ジャンル:映画

【2006/05/05 00:00 】 | RENT(Movie) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<旅のお供は・・・ | ホーム |
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/3-7ab25e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。