FC2ブログ
ボーイズ・キャッツをつくったわけ
NYから更新しています(NY1/26午前2時45分ごろ)

そもそも、今回の旅は夏にNYに初めて行った時に一度だけ観た「Spring Awakening」が気に入り、もう一度観たいと思ったことと、その時出ていなかったオリジナルHanschen役のJonathan B. Wrightが出ている時に観たいと思ったことがきっかけでした。(ちなみにSpring Awakeningをスプリング・アウェイキングという人が結構いるけど、アウェイクニングが正しい発音だと思います。)

アンソニー・ラビットの成功もあり、彼らのためにステージ衣装になっている学校の制服をつくろうと思い立ったのはかなり前からでした。旅行を決めたのも実は10月頃だったし。そこから少しずつ材料を揃えたりはしてきたけれど、秋は仕事も忙しく、RENTの来日公演もあり、何かと忙しくて、実際に作り始めたのは結局年が明けてから。かなり無謀な計画でした。

<追記>
写真をアップしました。(NY1/27午前10時)


一番気に入っている(まだYoutubeなどでしか観たことがなかったのに、出待ちで本人には会っているが)JBWだけにしようかとも思いましたが、前回私と一緒に写真を撮ってくれたのが彼と、8月に辞めてしまったGideonの他、(観た日と出待ちのみ行った日の)2回会っているJonathan GroffとSkylarでふたりともとても感じがよくて色々話しかけてくれたので、ひとつも3つも同じと思って作り始めてしまったのでした(実際は予備の分を含めて合計4つ作りました。)でもひとつと3つは大違い。しかも、ワイシャツやジャケットなど襟のあるものを作るのはとっても難しくて、ジャケットはかなりのところまでできてはいたのですが、時間的に間に合わないことと、重ね着しすぎでもありあきらめた経緯があります。

そんな訳で、週末の休みにミシンをかけ、平日の夜は編み物や手縫い仕事に明け暮れ、しかもなかなか一回では形が決まらず、作り直したことも。シャツのボタンホールをあきらめて、合わせを逆にして上側にボタンをつけて内側にスナップボタンをつけてごまかすことはしましたが、それでも負担は大きくて睡眠不足で身体はぼろぼろ。片頭痛が出たり、日中一瞬意識が途切れることが何度もあったり(瞬間的に寝ているみたい)しまいには肩こりや腰痛まで出る始末。こんなことで死ぬわけにいかないと(「死ぬ」はオーバーですが今までになくつかれていたので)、ジャケットだけはあきらめたけど、Yシャツ、ズボン、ニットのベストになんとネクタイまで作ってしまいました。疲れるわけだわ(笑)ネクタイはたまたま夫が捨てようとしていたネクタイにちょうどいい柄があったので切って使ったんです。言いたいことはいっぱいありますが、完成したのでよしとしましょう。

3人の特徴を出すのにも苦労しました。JBWはモヘアの黄色い毛糸で彼のきれいなブロンドヘアを表現。Skylarはめがねと頭のてっぺんの2つのカールが彼のこの役のトレードマークなのでそれを。めがねはラビットの実績が役立ちました。J.Groffはくるくるの前髪(舞台でもふだんでも)を作ってみました。

写真はこちらです。(以下は1/27に更新)

かたがみ
まずは型紙を作成。かなり適当です。袖を別裁ちにしてないので、着せた時につれてしまうのですが、それも仕方ないかな(笑)

ズボン
ズボンはアンソニー・ラビットで作った型紙が役に立ちました。でも実は同じシリーズなのに、猫の方が若干スリムなので、補正は必要でした。しかも、たまたま猫を選んだために、うさぎにはなかった長い尻尾があり、尻尾を出すための穴を開けなくてはいけませんでした。同じうさぎにしなかったのは、アンソニーはやっぱり特別なので同じにしたくなかったのと、Georgは髪型に特徴があるので(てっぺんにカールが2つある)うさぎの耳が邪魔になると思ったので。はじめはベア(熊)にするつもりでしたが、いったときたまたま売り切れだったので猫にしたのです。でもよくみるとこの猫さんあんまり可愛くないのよね(笑)本当は半ズボンでひざの辺りで締まっていてボタンがあるのですが、この足の短さなので・・・。

シャツとズボン
一番苦労したのがシャツの襟でした。私ははるか昔の大学時代、お裁縫がしたくて被服科の授業をとってブラウスを作ったことがあって(私自身は教育学科の心理専攻)作り方はなんとなく知っていたのですが、自分の力を過信していました。出来合いのシャツを見ながら適当に襟の形を決めて試作し、型紙を作り直していますが、出来はいまいち。やっぱり立体的なものを作るのは難しいです。製作にもこの小ささなのに接着芯まで貼って縫い合わせて裏返しているのです。角を尖らせるのも大変でした。しかもシャツは白いために印をつけたチャコの跡が目立ったり、何度も触っているうちに薄汚れた感じがしたので一度洗濯してアイロンがけまでしているのです。思い出しただけでも疲れそう・・・(笑)

ベスト
べすと
ニットは楽しく出来ました。ミシンほど場所もとらないし、小さいのでどんどんできるし。襟ぐりと裾はゴム編みをしています。本来は袖もゴム編みをすべきですが省略しました。

ネクタイ
ネクタイ製作。夫が捨てたネクタイを切って作ったのですが、捨ててあったほかのネクタイを分解して作り方を学び、即実行。先端に赤い裏地をつけてあります。本当はネクタイには中に芯が入っているのですが、芯を入れて作ったら厚手になりすぎて結ぶとかなり短くなってしまうので同じサイズで芯をやめてつくったところ、逆に長くなってしまいました。完成してから気づき、一瞬、真ん中で切ってつなぎ合わせようかとも思いましたが、きれいに出来そうもなかったし、これができたのが出発の3日前で、まだ髪の毛などやることもあったのであきらめました。ネクタイの作り方はばっちり理解できたけど(製作時にはしょったところもあるけど)もう二度と、誰のためにもネクタイを作ることはないでしょう(笑)

georg
Skylarが演じるGeorgです。頭のてっぺんの2つのカールとめがねが特徴。めがねはラビットでも作っているから楽勝。髪の毛の方が苦労しました。一応後ろ髪もつくってあります。

hanschen
JBWが演じるHanschen。本当はストレートの前髪の七三分けですが、彼自身の髪型とミックスしてこんな感じに。他のふたつは普通の毛糸ですが、この子だけふわふわのモヘアをつかっています。

melchior
一番特徴がないJGのMelchior。彼は役のときもふだんもくるんくるんの髪なので、それを再現してみました。

・・・というわけで、余計なことに命を掛けてしまい、他の準備ができないままNYに旅立つことになってしまったのでした。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2008/01/26 08:15 】 | New York/Broadway | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<とりあえず報告です | ホーム | 行ってきま~す>>
コメント

すごい~!
写真UP楽しみにしてます。
キャスト、喜ぶだろうなぁ・・・

ところで、凍えてませんか?
暖かくして過ごしてくださいね~☆

【2008/01/27 10:49】 | URL | tomoko #-[ 編集] | page top↑

tomokoさん
>すごい~!
自分でもあきれています。
男の子たちにこういうものを作る苦労なんてわからないでしょうね。

>ところで、凍えてませんか?
何とか大丈夫です。ありがとう!

【2008/01/27 15:31】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/294-95fd43e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |