スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『DAVID Searching』(1997)
David Searching
原題:DAVID Searching (1997)

Written & directed by
 Leslie L. Smith

Cast
 David:Anthony Rapp
 Gwen:
  Camryn Manheim
 Walter:Joseph Fuqua
 Michael:David Courier

Water Bearer Films, inc.

 → amazonで探す David Searching
*画像はhimikaが作成。クリックで大きめの画像が表示されます。

 本当はRENT自体のことも色々書きたいのですが、ビデオ等をみたらその印象が薄れないうちに記事にしたいなと思い、今日は昨夜みたばかりの『DAVID Searching』についてレポートします。

 「ドキュメンタリー・フィルムメーカー」をめざすDavid(Anthony Rapp)は「ゲイ」の若者で、「家賃(rent)」が払えないので「ルームメイト」を探し、Gwen(Camryn Manheim)と住み始め・・・ン?なんかどこかで聞いたような?(笑)

 日本語字幕版はないみたいで、やむなく英語版で観たために私自身よく内容を理解できていないことと、映像面でのネタバレもあるかも。それでもよかったら続きもみてくださいませ。
 アンソニーがフィルムメーカー役というだけで、すでに『RENT』ですよね。映画版『RENT』には出てこないですが、ブロードウェイ版ではマークが最初に撮影するのはルームメイトのロジャーなのですが、『DAVID Searching』でも、デービッドはまず自分たちのアパートの中でグエンにカメラを向けています。その他、色んな人を次々撮影していきます。(私はそこでどんなことを言っているのか聞き取れてないのですが。)

 そのあと、ウォルターという変な男が転がり込んできてグエンと深い関係になってしまったり、デービッドは気に入った男の人(マイケル)がいてそちらも深い関係になったり色々あるのですが、最後は彼なりの映画が完成したところで終わっています。(これも『RENT』っぽいですね。)デービッドが探していたものとはなんだったのか?ビデオジャケットにVarietyによる映画評として"A wittiy, wryly observed and engaging comedy about the search for love and life's meaning."とあるので、愛や人生の意味についてということなのかな。デービッドがみんなに尋ねる"absolutely trueth"とは?それぞれ色んなことを答えているのですが。

 さっき気がついたのですが、Water Bearer Films, inc.のサイトをみると、ゲイをテーマにした映画ばかり扱っているのですね。そのせいかどうかわかりませんが、この『DAVID searching』男女間も男性同士も結構生々しいエッチシーンがあったりします。しかも面白いことに、いずれの場合も、わざわざわかりやすくコンドームを使っているのです。男女の方は結構盛り上がっていていよいよという時に急に中断してコンドームを取りに行って、女性がわざわざ袋から出して男に渡していたし、男性同士の方もベッドの上のデービッドが腕を伸ばしてコンドームを取って、やはり袋を開けてマイケルに渡します。渡すってことは・・・。そういうことなのね(笑)それはともかく、行き当たりばったりの関係であってもちゃんと安全な方法でするんだよと、若者達(とはかぎらないが)に伝えようとしているわけですね。

 さらに、デービッド(つまり、アンソニー)が白いブリーフ一枚でベッドに横たわり自分の手を下着の中に入れて・・・というようなシーンも何度かあって、かなりドキドキでした。

 英語が得意でない私にはこの程度しかわからなくてすみません。それでも関心を持ってくださった方は、是非みてみてください。そして、私にも色々教えてくださいね。

追記:2007.2.7
 私は『RENT』の方が先だと思っていたのですが、アンソニーの本をよく読むと、オフ・ブロードウェイ版の『RENT』の上演よりも『DAVID Searching』の撮影の方が少し前だったようです。そのため、本文を一部訂正しました。監督のLeslie L. Smithはアンソニーの意向を重視したようなので、アンソニーも出演した前のバージョンの『RENT』の影響もあったかも知れませんが。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2006/08/31 23:55 】 | Anthony Rapp | コメント(9) | トラックバック(1) | page top↑
<<ミュージカルの情報って・・・ | ホーム | 『RENT』への旅>>
コメント

ご無沙汰しております~^^
英語のアクセントの猛特訓していました。
あら!やはりこのようなテーマの
映画?に出ていたのですね。

妹は「たぶんね・・・」っていっていたのですよ
彼女の好きな俳優にも同性愛者が多い
ので・・・

育てた方がよかったせいかセクシャリティ
に対して偏見がない子になりました~

姉は昔、ロングタイムバケショーン?
ゲイをテーマにした映画を観て、
号泣したコトあります。しばらく
立ち直れなかったなぁ



【2006/11/28 19:44】 | URL | AKI #-[ 編集] | page top↑

AKIさん
>あら!やはりこのようなテーマの
>映画?に出ていたのですね。
「ブロークバック・マウンテン」や「RENT」を観たあとだったので、「ああ、ゲイなのね」って感じで観てしまい、そういう自分にびっくりしたりして(笑)

>育てた方がよかったせいかセクシャリティ
>に対して偏見がない子になりました~
妹さんの偏見のなさは世代の違いもあるかも知れませんね。
私の親の世代だったらかなり受け入れがたいだろうと思うし。

>姉は昔、ロングタイムバケショーン?
>ゲイをテーマにした映画を観て、
>号泣したコトあります。しばらく
>立ち直れなかったなぁ
よほど衝撃的だったのですね。
今なら大丈夫かな?

【2006/11/28 21:56】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑

追加ですが、
この映画と「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の意外な接点について述べた別記事に飛べるよう、TBしておきました。

【2006/11/28 21:59】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑

まさに1989年頃は宝島(この雑誌知っていますか?)ゲイに、エイズにとネットのない
時代のわりに、情報としては知っていました・・・himikaさんは気がついたでしょうか?
私は、服装倒錯者です。
よくバイセクシャルと思われたりとか^^;
あと病気の後遺症で
戸籍は女性ですが、子供が
産めない体です。近い将来また内臓疾患で手術の予定(泣)

コレに関しては
カミングアウトしてます。
本当のことですから。

両親に弟が生まれるまで
私は「男」として育てられました。
勘の良い方とかはすぐ
判るようですね・・・・

それゆえか・・・ある意味ですが
アンソニーに関して
理解できる所もあります

あと、オススメの映画は縁があったら
観るとよいかも。エイズで死んでしまった
友達や恋人と夢か幻の中で
再会するシーンは
泣けました^^;

まるで「レント」のもうひとつのエンディング
と世界観が似てるなと思いました。

アンソニーは出演していないので
あしからず^^;

【2006/11/29 13:54】 | URL | AKI #-[ 編集] | page top↑

AKIさん
>まさに1989年頃は宝島(この雑誌知っていますか?)ゲイに、エイズにとネットのない
>時代のわりに、情報としては知っていました
「宝島」聞いたことはありますが、読んではいませんでした。

>私は、服装倒錯者です。
そうなんですか。私は鈍感で全然気がつかなくて(笑)
トランスベスタイト(transvestite)っていうんですよね。性の多様性についてちょっとだけ勉強したことがあって、知っている程度ですが。
アンソニーの本でもエンジェルのことを「transvestite mentioned」と表現していますね。(P.7)

>コレに関しては
>カミングアウトしてます。
>本当のことですから。
私は特に原因がない(みつからない)のに、あらゆる治療の甲斐なく子どもに恵まれませんでした。
女性が子どもを産むことや産めることが当たり前ではないと、身をもって知りました。
だからこそ、色んな方の色んな状況に寛容でありたいと思っています。

>あと、オススメの映画は縁があったら
観るとよいかも。
>>ロングタイムバケショーン?
これがタイトルなのでしょうか?
検索してみましたが、みつからなくて・・・

>まるで「レント」のもうひとつのエンディング
>と世界観が似てるなと思いました。
舞台版「RENT」だと、最後にみんなでマークの映画をみているシーンの後半にエンジェルが登場するんです。
みんなが仲直りして、まさにエンジェルがいた頃の雰囲気に戻った場面なので、本当は生き返るはずのないエンジェルを登場させたのでしょうね。

映画版のエンディングでも、形はちがうけれど、エンジェルが登場しますよね。その意味がやっとわかりました。

【2006/11/29 23:28】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑

舞台を観にいった日の一番の悩み・・・
レディスの服がなくて、絵を描く時の
作業着?で行きました(笑)

もともとバイに近い、自分の性は自分で
決めるがモットーです。
TPOにあわせて使い分けています。

>特に原因がない(みつからない)のに、あらゆる治療の甲斐なく子どもに恵まれませんでした。

私も同じかもしれません。
18歳の時すでに不妊症や原因不明の肉体のトラブルに苦しみました。10年入退院の繰り返しでした。生活に支障がでて
外科治療を受けました。
懇意にしていた婦人科の女医さんに
「人間として幸せに生きなさい」と
言われました。そして実践しています。

>>ロングタイムバケショーン?
これがタイトルなのでしょうか?

ゴメンナサイ・・・正確なタイトルは
「ロングタイム・コンパニオン」
でした^^;古い映画ですからね

ゲイに関する資料何冊もあるので
いつか?お役にたてるかも!?

>アンソニーの本でもエンジェルのことを「transvestite mentioned」と表現していますね。

そうでしたか・・・今、訳の前に英語での
自分の発音のクセの
イギリス英語のアクセントを直しています。
ここまできたら、なんとか話せるようになりたいです!

検査が面倒で今、逃げ回っています。
乳房のガン検査、脳に溜まった水の状態
調べた方がいいのですが・・・・
保健が「ホントに適応されるの?」って
位に医療費かかるのです(T-T)

【2006/11/30 13:19】 | URL | AKI #-[ 編集] | page top↑

AKIさん
>舞台を観にいった日の一番の悩み・・・
私も一応何を着ていくか悩んだりしますが、自分が思うほどまわりは見てなかったりしますから、自分がよければいいかなーと開き直ってます(笑)

>ゴメンナサイ・・・正確なタイトルは
「ロングタイム・コンパニオン」
>でした^^;古い映画ですからね
ありがとうございます。
気にとめておきますね。

個人的なことも色々書いてくださいましたが、あまり深く入り込んでしまうと他の方もコメントしづらいかも知れないので、すこし加減していただけるといいかも。

私も仕事上、たくさんの方のお話を伺っていますが、当たり前だけどおひとりおひとりみんなちがっていて、だからこそ誰もがかけがえがない人なのだと強く感じます。もちろん、AKIさんも、ね。

【2006/11/30 20:24】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑

>個人的なことも色々書いてくださいましたが、あまり深く入り込んでしまうと他の方もコメントしづらいかも知れないので、すこし加減していただけるといいかも。

そうですね・・・なんか申し訳ない気持ちで
いっぱいです。
もうディープな話はしません。
本当に申し訳ありませんでした。

妹の推薦入試がカウントダウンに入り
準備に追われています。

ヘンな表現ですけど、「自分の世界」に
戻ります。描きかけの絵が、読んでいない
本が、半分まで編んだセーターが
私を待っているので^^;

では・・・




【2006/12/01 14:37】 | URL | AKI #-[ 編集] | page top↑

AKIさん
>もうディープな話はしません。
>本当に申し訳ありませんでした。
いえいえ、そう極端にお考えにならずに・・・(笑)

AKIさんが語ってくださったことは、AKIさんのあり方としてそのまま受け取りたいと思っていて、安易に「ご病気を抱えていて大変ですね」みたいなことを言ったり思ったりしたくないし、他の人にもそうしてほしくなかったので少々ブレーキをかけさせてもらいました。
そういうことが必要だったかどうかはわからないけれど。

>ヘンな表現ですけど、「自分の世界」に戻ります。
それもいいし、またお話ししたくなったらお気軽に寄っていただけたらうれしいです。

【2006/12/02 03:02】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/28-792419f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ヘドウィグからの意外な展開
 一昨日、ロック・ミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」がなんとなく気になると記事を書きました。今は確実に気になっています。その理由は・・・。 without you【2006/11/28 21:43】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。