スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「欲望という名の電車」
唐突ですが、11/16(金)の初日と翌11/17(土)マチネの2回、「欲望という名の電車」を観てきました。
desire1
「欲望という名の電車」
主催:テレビ朝日/アトリエ・ダンカン/シーエイティプロデュース
運営協力:東京音響
作:テネシー・ウィリアムズ
翻訳:小田島恒志
演出:鈴木勝秀
CAST:
 篠井英介   ブランチ・デュボア
 北村有起哉  スタンリー・コワルスキー
 小島 聖   ステラ・コワルスキー
 伊達 暁   ハロルド・ミッチェル(ミッチ)

 明星真由美  ユーニス・ハベル
 菅原永二   スティーブ・ハベル
 押田健史   パブロ・ゴンザレス
 Takuya 集金人に若者
 永島 克   見知らぬ男
 鈴木慶一   医師
あまりにも有名な作品ですが、演劇初心者の私が観てみようと思ったきっかけは、ブロードウェイミュージカル「Spring Awakening」に出演している私がお気に入りのJonathan B. Wrightくんが高校生の時にスタンリーを演じていたと聞いたからだったりします(笑)彼の公式サイトに「欲望~」の写真が何枚もあるのですが、ちょうど1週間くらい前に一時的に(1日か2日)動画が公開されて、彼が演じているシーンのいくつかをみることができたのですが、差し障りがあったのかすぐに削除されてしまい、今はみれません。でも実際にお芝居を観て、あれはこのシーンだったのかーとわかったりして、色々勉強になりました。

<ストーリー>
「欲望」という電車に乗って妹が住むニューオリンズにやってきたブランチはある事情から姉妹が育った南部の大農園を失ってしまったが、お高くとまった態度に妹の夫スタンリーの反感をかう。そんな中、スタンリーの友だちで唯一紳士的なミッチとブランチは互いに惹かれあう。しかし、スタンリーが探りだしたブランチに関する情報が人々の運命を狂わせていく。

ヒロイン・ブランチを演じるのは現代劇の女形として活躍している篠井英介さん。初日がはじまって最初のうちはどうしても男性に見えてしまって、私はたまたま同じスズカツ演出の「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」をみているのですが、裏返った声と大仰な物言いが、失礼ながら「ヘドウィグみたい」と思ってしまいました。でも不思議と2幕になると、ちょっと時代錯誤なおかしな女性に見えてきました。それがまさにブランチな訳です。ただし、篠井さんは50歳で、演じるブランチは30過ぎのオールドミス教師なわけですが、若干無理があるかなと感じました。というのは、他のキャストがみんな若いので、小島聖さんと姉妹にも見えにくいし、ミッチの伊達さんも若いし篠井さんの方がずっと背が高くて、ふたりが恋に落ちるというのがちょっとピンとこなかったのでした。でも、翌日、どうしても気になって予定外だったけど急遽当日券を買ってみたときには、最初から女性に見えたし、もともとブランチはミッチよりは年上の設定な訳で、それに加えて色んな意味で不思議な存在感の人なので、まあこれはこれでいいのかなーという気がしてきました。



desire2
なんだか終始怒鳴ったり怒ったりしている熱いポーランド系の男スタンリーを熱演しているのが北村有起哉さん。ふつうの会話も怒って聞こえるようなかなりガラの悪さと同時に、ステラをすごーく愛していてケンカして出て行かれちゃったら必死で追いすがるような可愛さもある男性をとてもリアルに演じていてかっこよかったです♪

余談ですが、北村さんの舞台デビューはTPTでの「春のめざめ」とか。つまり「Spring Awakening」なんですよ!!北村さんは性的な夢に悩まされて成績ががた落ちして落第したのを苦に自殺してしまうモーリッツの役だったんですね。まさかここでSAとつながるとは(笑)

desire3
スタンリーの妻&ブランチの妹のステラは小島聖さん。どんな時にも前向きで明るさを失わず、しょーもない夫や変わり者(になってしまった)姉とも上手につきあう愛らしいステラがぴったりでした。

東京グローブ座で、初日は1階H列21番でわりと真ん中の席。翌日(当日券)は1階D列7番でやや左寄りだったし、背の高い電話台で時々キャストの顔が隠れたりしたのですが、この席の前が通路になっていてキャストが演技をしながら出入りするところで、色んな役者さんが間近にみれて、その意味ではおいしい席でした。小島聖さん、間近でみても可愛かった~。

あとこれはちょっとネタバレになっちゃうけど、「見知らぬ男」という役の人。しょっぱなからすらすらとフランス語をしゃべりながら出てきて、合間にも鼻歌を口ずさみながら次のシーンに邪魔なものを片付けたり、独特の雰囲気を出していて素敵でした。スズカツ・ヘドウィグでは意表をついて英語上演で字幕も時々しかでなくて驚きましたが、今回もまさかフランス語上演で字幕なしか?と一瞬あせりました(笑)

思い付きで観に行った舞台でしたが、とてもよかったです。グローブ座もこぢんまりしていて、ブロードウェイの劇場を思い出しました。東京は11/25(日)まで。その他の地域はこちらをご参照ください。

◆リンク
アトリエ・ダンカン
 公式サイト
 「欲望という名の電車」

シアターガイド:
 「欲望という名の電車」公開舞台稽古


・映画版DVD
欲望という名の電車[DVD] (COSMIC PICTURES 111)欲望という名の電車[DVD] (COSMIC PICTURES 111)
(2006/06)
不明

商品詳細を見る


・台本(和訳版)
 欲望という名の電車 (新潮文庫)
 テネシー・ウィリアムズ 作/小田島雄志 訳

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2007/11/21 03:44 】 | plays/お芝居 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の先行&一般発売 | ホーム | 超ネタバレ「Company」>>
コメント

himikaさんお久しぶりです。
時々伺ってはいたものの、なかなかコメントできず…
今回は私も先日この舞台を観たばかりなのでお邪魔しました。
私が観たのは17日のソワレです。
ずいぶん前に篠井さんがテレビで「北村有起哉くんと『欲望という名の電車』を演ります。」とおっしゃってて、これは観なくてはと思い、早々にチケットをとり、そのおかげか?かなり前の席で、迫力のある舞台を間近で観られてとても感動しました。
なかなかいいキャストですよね。私はこのキャストに惹かれて観ることを決めました。思った通りよかったです。。

見知らぬ男については、私も同じことを考えてしまいました(笑)

【2007/11/21 19:18】 | URL | maaya #fUqhyw1M[ 編集] | page top↑

maayaさん
>私が観たのは17日のソワレです。
私はマチネだからすれ違いでしたね。

>早々にチケットをとり、そのおかげか?かなり前の席で、迫力のある舞台を間近で観られてとても感動しました。
maayaさんはかなり前からチェックされていたのですね。

>なかなかいいキャストですよね。
ホントにそうでした。
ガラの悪い仲間たちとその奥さんもそれっぽかったし、すんなりお芝居の世界に入っていくことができました。

>見知らぬ男については、私も同じことを考えてしまいました(笑)
やっぱりそうでしたか(笑)
フランスとのハーフの方なんですね。日本語のセリフはひとつもないのにあの存在感!!惹きつけられました。

【2007/11/21 23:18】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/251-d0129940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。