スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
NY番外編:エンジェルス・イン・アメリカをたどる旅
ベセスダの天使
すっかり秋らしくなってきたこのごろ、何をしていてもすぐ寝てしまい、ブログも失速気味?水面下で色々考えたり、準備したりはしているんですが。気長におつきあいくださいませ。

さて、またしても唐突に「エンジェルス・イン・アメリカ」に私の頭はすっとんでいます(笑)
えんじぇるす
*写真:「エンジェルス・イン・アメリカ」より

NY行きを決めて、ガイドブックを開いて、最初に探したのは実はセントラル・パークにあるこのベセスダの天使でした。上の写真はパート2「ペレストロイカ」のラストシーン。AIDSを発症したゲイの青年プライアー(写真右から2人目)が、テレビのこちら側に語りかけます。ここがNYで一番好きな場所で、今は冬だから噴水の水は抜いてあるけど、夏になったらまた来たい、と。それを聞いて、少しでも彼が長生きできたらと願わずにはいられませんでした。TPTの舞台でみたときも、やはりラストシーンでは舞台上に天使像がおかれ、同じようにプライアーの独白で終わりました。その印象が鮮烈だったので、プライアーがみたいと言った夏のベセスダに出会えた感動は忘れられません。天使像は湖の畔に建っていて、緑豊かな夏の景色が美しかったです。

ぱーく
そして、テレビ版では、ベセスダの天使の向かい側にあるこの建物の奥の階段を4人で談笑しながら、みなが足の悪いプライアーを気遣いながら登っていって終わります。それはまさにここでした。映像に映っていた場所に実際に立つと、うすぐらい建物を抜けて明るい方へと階段を登っていくシーンにも、未来に向けての希望が込められているように感じました。

セントラルパーク
順序は逆になりますが、セントラル・パークの南側の入り口から入ってすぐのあたりで取ったこの写真がこれです。

えんじぇるす
*写真:「エンジェルス・イン・アメリカ」より

同じ場所ではないと思いますが、こちらは夜のセントラル・パーク。ここでゲイの人たちが相手を探したり、闇にまぎれて男性同士で関係をもつようなシーンもありました。写真はプライアーの元彼のルイスです。ここで、宗教上の理由からゲイであることを隠していたジョーと出会います(もともと職場で出会ってはいたのですが)。

NY7
これは観光用の二階建てバスから撮った写真です。アナウンスが英語だったのでわかりにくかったのですが、確かに「コート(court=裁判所)」と聞こえたのと、三角屋根の下に書いてある文字に「justice(=正義)」と書いてあるのが読めたので、これだ!と思って撮影したものです。それとこの手前に見覚えのある公園があって、もしやと思ったことも一因でした。

えんじぇるす
*写真:「エンジェルス・イン・アメリカ」より

その裁判所前の公園のシーンがこちらです。裁判所の文書係のルイス(左)と彼より遥かに上の立場にある書記官のジョーですが、お互いに好意を持ち始めていて、親しく語り合います。

えんじぇるす
*写真:「エンジェルス・イン・アメリカ」より

そして、別なシーンでジョーが出てくるのがこの建物。私が撮った写真と同じですよね。しかし、これがどんな建物なのかつきとめるのにはかなり苦労しました。観光ガイドブックの地図には裁判所が載っていたりいなかったりするし、実はこのあたりに裁判所がいくつもあるのです。また、似たような建物もあったりして、なかなか特定できなかったのです。最終的には、この建物の三角屋根の底辺に当たるところに書かれた文字を解読し(私の写真からも同じ記述が読みとれました)、その文章の一部を使って検索しました。すると、書いてある文字は以下の通りとわかり、これはNew York State Supreme Courthouseだとわかったのです。(こちらでそれがわかりました。)

"The true administration of justice is the firmest pillar of good government"

「Supreme Courthouse」を辞書で調べると最高裁判所、または、高位裁判所のようです。物語の中で、ルイスの浮気を知ったプライアーが相手がどんな男か見に裁判所を訪れるシーンがあります。いきなりジョーの執務室の戸を開けて顔を見て、あとは適当なことを言って逃げてくるのですが、誰かを訴えるなどと騒ぐプライアーに「ここは上訴専門だから」とジョーが言うので、そこも辻褄が合います。ただ、舞台版の台本をみるとブルックリンのコートハウスという設定になっているんですけどね。

そういう細かいことはともかく、物語の舞台となった場所を訪れると、作品のイメージする世界がよりリアルにみえてくる感じがします。もし冬のニューヨークに行くことがあったら、冬のベセスダの天使をみてみたいです。

◆TV版公式サイト
 HBO Film: Angels in America(英語)

◆TV版DVD
エンジェルス・イン・アメリカ エンジェルス・イン・アメリカ
アル・パチーノ (2006/04/07)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2007/09/27 23:55 】 | Angels in America | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<HAVE | ホーム | ショック!ムーンダンス・ダイナーが・・・>>
コメント

himikaさんすごい!よくみつけられましたね☆
ほんとうに写真と同じ!!
「エンジェルス・イン・アメリカ」また観たくなりました^^

以前みた映画で秋のセントラルパークの紅葉がすごく綺麗だったのが印象に残っているので、
秋にも行ってみたいし、クリスマスシーズンのNYもやっぱり一度は行ってみたい!
次はいつになるやら^^;

【2007/09/28 00:06】 | URL | maruko #xpRige7I[ 編集] | page top↑

marukoさん
>ほんとうに写真と同じ!!
こういう時に直感が働くようです(笑)
ふだんはぼーっとしてるのにねえ。

>「エンジェルス・イン・アメリカ」また観たくなりました^^
それぞれの人物像がしっかり描かれていて面白いですよね。
今度みたら、ついここはどの辺かなとチェックしてしまいそうです。

>秋にも行ってみたいし、クリスマスシーズンのNYもやっぱり一度は行ってみたい!
クリスマスに行ったら、RENTに出てくる暖房のないマークやロジャーの部屋の寒さが体感できるかも(笑)

【2007/09/28 23:15】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/225-7fbb28bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。