スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
初NY旅行記(7/29)
NY3日目:2007.7.29(日)
昨日の反省から今日は頑張って早起き。7時半に目覚め、8時起床。9時にホテルを出て、今日こそセントラルパークへ向かいます。ポート・オーソリティ・バス・ターミナルの近くの42St.駅から地下鉄に乗りました。ここからがまたまた大冒険に(笑)まず、チケットの買い方がよくわからなかったのです。
メトロカード

で、なんとなく「Single Ride」っていうのを買ってみた(写真上)。それを自動改札に通してもどうしてもゲートが開かない。入れ方が悪いのか?何度やってもダメ。誰かに聞こうにも通りがかる人は聞く間もなく行ってしまうし、改札の少し手前に窓口はあるけど行列になっている。ひとりだけ、若い男性が「チケットをさっと通して行けば通れる」と教えてくれたのですが、そうやってもできない。困って券面をよくみると「No subway」と書いてある。これではダメそうだと気づき、MetroCardを買い直しました(写真下)。(追記:kabarinさんの情報によると、これでも乗れたようです。自動改札が通りにくかったのも同様だったそうです。「No subway」ではなく「No subway bus transfer」地下鉄とバスの乗り継ぎ不可とう意味だったんですね。)たぶん1日券。1往復しかしないのになあと思いながらもそれしかわからなかったので。今あらためてガイドブック(「いい旅・街歩き (19)/ニューヨーク」)をみたら、地下鉄は一律2ドルで、一日券は7ドルとあるので、2回しか乗らなかったから3ドル損してますね。)

無事に地下鉄構内に入れて、NYは北がアップタウンで南がダウンタウンで、私は42St.駅からセントラルパークの西側の72St.駅に行くのでアップタウン方向に行けばいいはず。これでもうわかったぞ、と安心して地下鉄に乗り込みました。向かい合う座席の間に金属のポールがあって、映画版「RENT」でみたのと同じだーと思い、うれしくなりました。3つ目で下車すれば72St.駅、のはずだったのですが・・・。下りたところはなぜか53St.駅(Lexington Ave.)。42St.駅から72St.駅はまっすぐ北上すれば良かったのに、53St.駅はすごーく東側。どこで間違ったんだろう??この時は地下鉄のラインの色の違いに注意を払っていなくて、青のACEラインに乗らなくてはいけなかったのに、地下道をアップタウンという表示だけをみて歩きすぎてしまい、緑の456ラインに乗ってしまったらしいのです。

この日の予定は、「Avenue Q」を2本。マチネの方はチケットをとっていないのでlotteryに挑戦する予定だからあまり時間に余裕がありません。あせって歩きました。それでもなんとかセントラルパークに到着。ここにいられるのは11時まで。それまでにベセスダの噴水を探さなくては。朝から何も食べていないので、とりあえず入り口で水だけ買って、また歩きました。

セントラルパーク
広大な自然あふれる公園のまわりはビルが林立しています。園内は観光用の馬車も行き交っていて、舗装された道路の上に馬糞がころがっていて、ちょっとにおっていましたね。でも木がいっぱいあって湖もあったりして、素敵なところです。

セントラルパークのリス
リスもいました。可愛い!!

ベセスダの天使
そしてついに会えた、ベセスダの天使。「Angels in America」のラストシーンはこの噴水の前でのプライアーの語りでした。(テレビ版でも同じ。)実際にここに立って、NYを舞台にした物語をすごく身近に感じることができました。慈愛に満ちたエンジェルの表情が忘れられません。

目的を果たしたら急がねば(笑)はじめに行く予定だった72St.駅はすぐ近く。今度は迷わず乗れました。ここから3つめがゴールデン劇場(45St.)にも近い42St.駅。ところが各駅か急行かよくわからず、ひとつ前で下りてしまい、50St.から歩くことに。まあこれは近いからいいんですけどね。

lotteryの受付が11時半~12時と思ってあせって戻ってきたのに、11時半になっても係の人は出てこないし、並んでいる人もまばら。不思議に思って劇場入り口の張り紙をみたら、日曜日は12時からの受付になっている。あせって損した~。しかも夜の公演も1時間早い7時から。あぶないあぶない。

ミルク&クッキーズ
時間があったので、何か少しでも食べようとマックへ。ミルク&クッキーズというセットを頼んでみた。小さいミルクとクッキーが3枚。クッキーの種類を聞かれチョコチップにしたけど、かなり甘かった(クッキー自体も甘かったと思う)。1枚しか食べられず、2枚は持ち帰りに。

ここで今日の「Avenue Q」の出演者のメッセージに添えるための折り紙を作りました。来る前に日本でみつけた「英訳付き折り紙帖」から。着物や動物などの作り方が英語と日本語で書かれていて、前半は千代紙のような柄が印刷されていて、切り取って折り紙として使うこともできるようになっています。英語圏の人へのおみやげとしてもいいかも。

クリスマスツリー
私はこの中から、クリスマスツリーが気に入って作ってみました。ハサミを使わなければいけないのは折り紙としては邪道だとは思うけどね。そのうち、なんだか声がして顔をあげると、中年の女性がこちらをみて「オリガミ?」と言っている。「イエス」と答えると、「私は日本の折り紙が大好きなの。」という。そこで、いくつか作ってあったクリスマスツリーをひとつあげて、本を見せて、「これは簡単に作れるんですよ」といいました。そうしたらその人は「ビューティフル」とかなんとか言って、すごく感激した様子で何度もサンキューと言ってました。作り方を教えてあげるほどあちらに時間がなかったようで、そのまま帰ってしまったけど、やはり折り紙は日本的でプレゼントとしてはポイントが高いなと実感しました。

マックを出て、ゴールデン劇場に戻りlotteryに挑戦するも、またハズレ。割引チケットを使ってチケットを購入。

そして、写真屋さんを探しに行きました。はじめは8th Ave.沿いのKODAKと書いてあるカメラ屋さんに入ってみました。「デジタルカメラの写真をプリントできますか?」と聞くと、入り口近くにいたおじさんがいきなり私のデジカメのメディアを抜き、「この倍の容量で安いのがある」と言い出したので、「いらない」といってそれを奪い返し、奥に入っていくと、セルフの機械がある。「これを使いたい」というとその側にいたもうひとりのおじさんが「これは壊れてるんだ」という。そこにもうひとりいいた若いお兄さんが「42nd St.にあるよ」と教えてくれてお礼を言って帰ろうとすると、入り口のおじさんはまだメディアを売ろうとして「ハンガク、ハンガク」とかいってる(笑)振り切って店を出ました。

8th Ave.を南に進み42nd St.で右に曲がって少し行くと、ここもさっきのようなふつうのカメラ屋さん。デジカメのプリントができるか聞くと、できるという。「いくらですか?」と聞くと「1まい5ドル」とのこと。この時、私も金銭感覚がおかしくなっていて、できるならまあいいかぐらいで「OK」と言ってしまったのですが、あとで日本で2L版(アメリカサイズよりひとまわり大きい)をプリントしたら60円だったので、その10倍ですよね。高っ!

で、どこにその機械があるのかと思ったら、おじさんが持ってきたのはポータブルプリンタのようなもの(笑)これから観に行く「Avenue Q」の出演者のHowieとJenniferとそれぞれ一緒に撮ってもらった写真をプリントしてそこにサインをもらおうと思ったのです。Howieとのツーショットのプリントができて、次はJenniferというところで、なぜかおじさんが失敗してまたHowieの写真が出てきてしまいました。画面にはJenniferの写真が出てたんですけどね。「おかしいなあ」って感じでやり直してもまたHowieが(笑)いったん電源を切ってやり直したらできたけど。写真屋さんじゃなくて、素人ですよね、こうなると。商売としてやってる感じではなかったので、はじめに値切ってみても良かったかも。失敗した写真ももらって4枚で10ドル払い(2枚分の値段)店を出ました。

このあたりから小雨が降ってきていました。NYは結構毎日暑くて、緯度的には日本の東北地方くらいらしいのですが、東京よりは若干ましかなという程度。昔、西海岸(ロサンゼルスやサンフランシスコ)に行った時は空気がからっとしていましたが、NYは結構じめじめしていました。アメリカはどこもからっと乾燥して、雨なんて滅多に降らないかと思ったのに、NYでも雨が降るんだなーなんて思いました。

着替えにホテルに戻ってから、フルーツが食べたくてEuroPan Cafeへ。オレンジやメロンやスイカなどが山盛りで瑞々しくておいしかった~。
フルーツ

ここで、Jeniferにメッセージを書く。「私は日本人で、セラピストで、誕生日はクリスマス・イブです。」と書き添えて。というのは、「Avenue Q」に日本人で、セラピストで、クリスマス・イブという名前のキャラクタが出てくるので。誕生日がクリスマス・イブでよかった。「RENT」もクリスマス・イブからの1年の話だしね。そして例のツリーをトップの星のところで両面テープでカードに貼り付けて完成。

ゴールデン劇場へ。2時から「Avenue Q」を鑑賞(2回目)&出待ち。詳細は、別記事にて。

いったんホテルに戻ってから、ある考えのもとユージン・オニール劇場へ。昨日会えなかった「Spring Awakening」の出演者、Jonathan B. Wrightに会えないかなーと未練がましく劇場まで行ってみました。開演の1時間ほど前。入り待ちができればと思ったけど、もうすでに観客も集まりはじめている状態。ここには来ないなーと思ってふとひらめきました。7時から「Avenue Q」をみたあと、こちらは出が早いし、会いたいキャストは決まっているので手早く済ませて、出待ちにまた来ようと。私も簡単にはあきらめませんよ(笑)

スタバでちょっとしたものを食べて、ゴールデン劇場へ。7時から「Avenue Q」を鑑賞(3回目)&出待ち。詳細は、別記事にて。

そして、「Spring Awakening」の終演後、出待ちだけしに行ってしまいました。そしてもちろん目標達成!(笑)私の執念はかなりのものですね。出待ちレポートは別記事にて。


◆リンク
・ガイドブック
ニューヨーク (〔2006〕) (いい旅・街歩き (19))ニューヨーク (〔2006〕) (いい旅・街歩き (19))
(2006/06)
いい旅・街歩き編集部

商品詳細を見る


・折り紙の本
英訳付き折り紙帖英訳付き折り紙帖
(2007/01)
不明

商品詳細を見る


・「Angels in America」テレビ版DVD
エンジェルス・イン・アメリカエンジェルス・イン・アメリカ
(2006/04/07)
アル・パチーノ

商品詳細を見る

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2007/08/25 19:02 】 | New York/Broadway | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<Gideon GlickがSAを去る日 | ホーム | RENTのチケット>>
コメント

あ!
上の写真のSingle Ride乗車券、私も改札が読み取ってくれなくてすごい苦労しました(笑;)
1回目は4、5回やったら通れたんですが、帰りは何度やってもむりで、見かねた駅の窓口の人が手招きして手動の改札を通してくれました(^^;)
№ subwayってどういう意味なんでしょう?地下鉄の乗車券で間違いはなかったようですが・・・

折り紙の本、良さげですね♪
私も次回はメッセージカードとか渡せたらいいな~と思いました。初旅では全く気が回らなかったので(‐‐;)

【2007/08/26 23:50】 | URL | kabarin #-[ 編集] | page top↑

kabarinさん
>上の写真のSingle Ride乗車券、私も改札が読み取ってくれなくてすごい苦労しました(笑;)
やっぱり使えるんですね。そうですよね。1回しか乗らない人だっているもんね。

>№ subwayってどういう意味なんでしょう?
今あらためてみたら、「サブウェイとバスの乗り換えはNO」と書いてありますね。英語力なさすぎ(笑)

>折り紙の本、良さげですね♪
「作り方教えて」と言われたら本ごとあげてもいいかなと思って持って行ってみました。

>私も次回はメッセージカードとか渡せたらいいな~と思いました。初旅では全く気が回らなかったので(‐‐;)
あまりあげてる人がいないので喜ばれるかも。

【2007/08/27 10:37】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/207-3665237e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。