スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
英語への道
新たに英語のカテゴリを追加してみました。英語のミュージカルを観るには英語が不可欠、でも英語には自信のない私の、英語への挑戦を綴っていきます。

私が英語を身につけたいと切実に思ったのは、あるミュージカル映画を観て、その主演俳優さんに惚れ込んだことから。それって『RENT』?アンソニー?いえいえその前にもうひとりいたのです。映画版の『オペラ座の怪人』でファントム役だったジェラルド・バトラー。彼の迫真の演技に惹きつけられたことに加え、両親の離婚や過度な期待に悩みアルコール依存症になり、弁護士の道を捨てて俳優になる夢を叶えたという彼の生き方そのものが演技にあらわれているように思えて、彼が何を考えどう発言しているか関心を持つようになったのです。でもジェリー(彼の愛称)はスコットランド人で、その英語を聞き取るのは至難の業。そのあたりから私の英語遍歴ははじまります。
私はまず英会話スクールの門をたたきました。1年前のことです。初心者なのにぜいたくにもプライベートレッスンを選択。動機を聞かれ「好きな俳優さんの英語を聞き取りたいから。でも彼はスコットランド人なの。」というと「それは僕でも難しいよ。」と先生もあきれ顔。1回行くと、5分休憩を挟んで40分のレッスンが2コマ。計40レッスンを約3ヶ月でこなすというものでした。

そこで学んだことは、英語しか話さない人ととりあえず40分間ふたりっきりでいて、とにかく何かしゃべるということ、くらいかな(笑)ちゃんとテキストもあって、友だちを食事や映画に誘うとか、ショッピングするとか、ホテルや乗り物のチケットの予約をするとか、毎回テーマはあるのですが、ごく基本的な言い方だけ習ったらあとは臨機応変に場面設定を変えて役割練習をするのです。それが結構きつい。

食事に誘うにしてもイタリアンがダメならチャイニーズを提案してみるとか、時間も何時ならいいとかダメとか、そういうのを何パターンもやるのですが、とっさにネタが思いつかず苦戦。たぶん日本語でもできないと思う。それでも先生は、「そのチャイニーズレストランはどこにあるの?」「そこへはどうやっていくの?」「どこで待ち合わせる?」と立て続けに質問してくる。日本語で考えるヒマを与えないという方針らしいのですが、それ以前に思考が止まってます(笑)

そこで覚えた数少ないもののひとつは「aisle」という単語です。「通路」という意味で発音は「アイル」。どうしたらこのスペルでアイルと読める?その時は何度みても読めなくて苦労したのですが、おかげでやっと覚え、その後英語の本の中にこの言葉が出てきた時はヤッター!って感じでした(笑)

時制もよく理解していなくて、月曜日がレッスンだったので週末何をしたかいつも聞かれるのですが「I go to...」と言ってしまい、「went」と直されることがしょっちゅう。それと、「この(レッスンの)あとどこへ行くの?」と聞かれるので、買い物にというつもりで「go to shopping」と言ってしまい、それも何度も直されました。正しくは「go shopping」なんですよね。「ニューヨークに行く(go to NY)」と「買い物に行く(go shopping)」での「to」のありなしのちがいを今でもきちんと説明はできないけれど、とにかくショッピングはgo shoppingなのだと学びました(笑)

それにしても入会金も含めてン十万もかけて学んだのはこれだけ?(笑)あまりにも効率が悪すぎました。敗因は、テキスト中心の会話は生きた会話じゃないということかな。食事に誘うにしたって、相手が誰なのか、どういう状況なのかによって、会話の内容もちがってきませんか?むしろレッスンのはじめの週末何をしていたかの方が、自分が言いたいことがあるからそれをどう伝えようかとない知恵を絞って考えるし、それが伝わったらすごくうれしかったんですよね。それを架空の状況でやれといわれても、私にはちょっと難しかったのです。もし目の前にアンソニーがいたらなんて言う?こう聞かれたらなんて答える?というくらい具体的だったら、もうちょっと色んなイメージができたかも知れないけど(笑)もちろん、基本的な言い回しを覚えることは大事だと思うのですが、結果的にそれがあまり頭に残っていないんですよね。私の理解力の問題?かも知れませんが。

習い始める時、「(ジェリーがスコットランド人なので)イギリス英語を勉強したい」といったら、英語の得意な夫に「ロンドンでもクイーンズ・イングリッシュをしゃべる人なんかほとんどいない。まずアメリカ英語を勉強しろ。」と言われました。確かに今思えば、何英語なんて選べるレベルではなかった!!私が行っていた英会話スクールでは先生が毎回かわるのですが、(英語圏の)色んな国の人がいるというのもウリでした。とってもフレンドリーな黒人の先生や、ちょっと厳しい先生、早口でやや聞き取りづらい先生、何を言っても「cool!cool!」ばっかり言う先生(一応ほめてくれてるのか?)とか色々でした。何英語かじゃなく、ひとりひとりちがうのだと気づいて、それはいい経験でした。

こんな私の英語への旅はまだはじまったばかりです。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2007/07/16 17:55 】 | studying English/英語に挑戦 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
<<明日から・・・ | ホーム | 『Angels in America』in Westend>>
コメント

言葉のカベ・・・
これは、私にとっても今大きなテーマです。
中学生レベルも怪しいくらいの英語力で、一人NY旅を決行してみて、分かったことが2つ。

人は言葉を使わなくてもコミュニケーションできるということ。
でも、異国の言葉を理解できたら、きっともっとずっと、自分の世界が広がるということ。

NYは本当に楽しかったけれど、今でも、「劇場でとっても寒そうなおばさまにショールを貸してあげる言葉が出なかったこと」「キャストの皆さんにちゃんと感謝と感動をつたえられなかったこと」が、すごく悔しいです。

NYから帰ってから英会話教室を調べたりたりしたのですが(遅・・苦笑)、あまりの値段(‐‐;)と、今の自分のレベルではついていけなさそう・・・と、とりあえず市販の英語テキスト&CDで英語になれる練習からしています(笑)

himikaさんのお話から、やっぱり英会話教室行かなくてよかったと思いました、今の私の英語力では何一つ学べなさそう(^^;)…そして40分も英語で会話なんて絶対無理です(苦笑)
でも、辞書でいくら調べても言葉のニュアンスまでは理解しづらい、生の英語に触れるのが一番なんですよね。
himikaさんの行動力と情熱見習いたいです!
私ももう少し独学で頑張ってみて、決意が固まったら英会話スクールも考えてみたいと思っています。

【2007/07/16 23:00】 | URL | kabarin #-[ 編集] | page top↑

私も真剣に英語が話せるようになりたいと思い、無料体験レッスンには何度か行った事があります。どうせやるなら、マンツーマンが良いと思い検討してみたのですが、どうしても予算オーバーで・・・結局自力で頑張ってますが、上達しませんねぇ(笑)NYに行った時、キャストと話しをしている時(これは特に)、本当に自分の英語力のなさに凹みます。
そこで、やはり英語で話すという場数を踏む事が大事だという事は実感しました。その機会を経験できた英会話スクールは絶対にプラスになっているんじゃないでしょうか?
って私も偉そうな事は言えませんが、アンソニーと話すイメージトレーニングが一番手っ取り早いですかね?

【2007/07/16 23:17】 | URL | ami #-[ 編集] | page top↑

英語への道・・・人それぞれなんですねえ。
私の場合、今もスクールに通ってます。大きなところではなく、ネイティブの先生が小ぢんまりとやってるところです。相性がいいのか、もう4年くらい行ってます。引っ込み思案な私の性格を知ってくれて、海外に行ってきなさいと背中を押してくれました。英語の上達は亀ですが(笑)楽しいのでいいことにしています。英会話のテキストもよく本屋でチェックしますが、自分に甘いからなあ、私にとっては独習は難しいかも(爆)
アンソニーと話すイメージトレーニング・・・やったことあります。今年の夏はぜひ生かしたい!

【2007/07/16 23:52】 | URL | maaya #fUqhyw1M[ 編集] | page top↑

kabarinさん
NYにひとりで行くって勇気がいりますよね。それをしてこられたkabarinはやっぱりすごい!

>人は言葉を使わなくてもコミュニケーションできるということ。
>でも、異国の言葉を理解できたら、きっともっとずっと、自分の世界が広がるということ。
おっしゃるとおりですねえ。やっぱり語学はできるに越したことはないですよね。足りないところは熱意でカバーってことで(笑)

>himikaさんのお話から、やっぱり英会話教室行かなくてよかったと思いました、
英会話教室がいけないわけじゃないんですが、私が緊張しすぎていてせっかくのチャンスを生かし切れなかったのです。

>そして40分も英語で会話なんて絶対無理です(苦笑)
私もそう思ったけど、結構出来るもんですよ。大半はテキストに沿った内容なので(説明も英語だけど、私のレベルに合わせて話してくれるので)どんどん進んでいくし、先生と2人なのでわからないことも聞きやすいし。

>でも、辞書でいくら調べても言葉のニュアンスまでは理解しづらい、生の英語に触れるのが一番なんですよね。
私もとにかく英語圏の人としゃべりたいと思ってスクールに行ってみたんですよね。相手は先生だから(といっても結構みんな若い)こちらの言ったことをわかろうとしてくれるし、間違いは指摘してくれるし、通じれば達成感もあるので。無謀かも知れないけど、もっとフリーでしゃべりたかったなあ。それこそ40分もたないかも知れないけど(笑)

【2007/07/17 00:02】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑

amiさん
>どうせやるなら、マンツーマンが良いと思い検討してみたのですが、どうしても予算オーバーで・・・
そう、マンツーマンは高いですよね。2~3人までのクラスにすると半額ぐらいになるのよね。でも他に生徒がいたら余計話せないかも?恥をかく覚悟が必要ですね。

>NYに行った時、キャストと話しをしている時(これは特に)、本当に自分の英語力のなさに凹みます。
amiさんは何度も行かれてるし、来日公演のキャストともよくお話しされてたからずいぶん慣れてきたのでは?

>その機会を経験できた英会話スクールは絶対にプラスになっているんじゃないでしょうか?
たぶんそうでしょうね。外国人を見ても恐くなくなりましたから(笑)とにかく伝えたい気持ちがあればなんとかなるものだと学びました。より込み入ったことを言えるようになりたいとも思ったけど。

>アンソニーと話すイメージトレーニングが一番手っ取り早いですかね?
色々言いたいことはあるけれど、いざとなると言えないんだろうなあ。

【2007/07/17 00:11】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑

maayaさん
>英語への道・・・人それぞれなんですねえ。
それぞれ個性があるのでしょうね。

>私の場合、今もスクールに通ってます。
4年も続いているとはすごいですね。maayaさんに合っているのかも。そういう先生に出会えるといいですね。
私も一番多く当たった黒人の先生が話しやすくて好きで(もちろん先生としてですよ)、個人的にお金を払って教えてもらいたいと思ったくらいだけど、それはしちゃいけないことになっていましたから・・・。

>楽しいのでいいことにしています。
そう、楽しいことが一番ですよね。
辛い勉強は続きませんからね。

>アンソニーと話すイメージトレーニング・・・やったことあります。今年の夏はぜひ生かしたい!
それはぜひ生かさなくちゃね!
私も頑張ります。

【2007/07/17 00:22】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑

初めまして。
『オペラ座の怪人』はとても丁寧に発音しているので、リスニングにはいいですよ。好きなものなら何度でも繰り返し聞けると思いますから、是非とも頑張って下さい。
ただね、あの映画の字幕を丸ごと信じると、まるで違う話になります。詳細は「字幕改善連絡室」という所にあります。

わたしはジェリーを応援するサイトをやっていますので、どうぞおいで下さいませ。他の日本未公開作品のセリフや記事やインタヴューの訳もあります。

【2007/07/25 13:28】 | URL | jade-eyes #nts.E40U[ 編集] | page top↑

jade-eyesさん、ようこそ!
>『オペラ座の怪人』はとても丁寧に発音しているので、リスニングにはいいですよ。
そうですね。
singingにもいいようで(笑)、私もかなり歌える自信があります。

>ただね、あの映画の字幕を丸ごと信じると、まるで違う話になります。
○田○○子さんの誤訳騒動ですよね。よく存じ上げています。「字幕改善連絡室」さんの訳は本当に勉強になりますよね。

>わたしはジェリーを応援するサイトをやっていますので、どうぞおいで下さいませ。
ありがとうございます。
私も「オペラ座の怪人」に関しては別ブログに色々書いていました。最近は更新をさぼってますけど(笑)
http://blog.livedoor.jp/himika44/

【2007/07/25 21:25】 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/176-2230e0a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。