スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
NY2011:「RENT」プレビュー(7/17夜)3回目
RENT_kanban2011_DSCN7215.jpg
日曜日はふだんとミュージカルなどの開始時間がちがっていることが多いのですが、この日も「RENT」の夜公演はふだんより30分早い7時半からでした。マチネに観た「War Horse」が3時からだったので、2時間前の5時半から受け付けて6時に抽選という「RENT」のロタリーにはどう考えても間に合わないということで、Rさんが「2枚でエントリーしておきましょうか?」と言ってくださったのですが、チケットもネットで買ってしまったし、「いいです。」って言ってしまいました。
 
「War Horse」のリンカーンセンターは場所的にもシアターエリアからちょっと離れていることもあり、戻ってくるにも微妙に時間がかかる感じでした。そんな移動中にKさんがメールをくださっていました。「今、このお店で食事をしていますが一緒にどうですか」みたいな。でも私がそのあたりに戻れるころには、それからお店に入るほど時間もなく、それも「ごめんなさい。」してしまい、Food Emporiumあたりで軽いものを口に入れてNew world Stagesに向かったのでした。(写真の看板はどうみても夜撮ったものですね。たまたまいい写真がなくて。笑)
劇場に入り、私はメザニン(2階席)だったので2階に行ってみると、もう開場時間はとっくに過ぎているのに、「準備ができていないのでもう少しお待ちください」みたいな貼り紙がしてありました。仕方なく、吹き抜けになっているロビーを上から見下ろすように眺めていました。もしかしてKさんがいたりしないかしら?と思いながら見ていると、下からKさんが手を振ってくださり、私が降りて行って、最後にまたお会いすることができました。劇的な再会でした。もうすぐ「RENT」がはじまってしまうし、Kさんはこの日は出待ちはしないで早く帰るとのことだったので、今回の旅の中でお世話になった色んなことに感謝して、またどこかで会いましょうと言い合って別れました。Kさんは私が買い間違えたチケットの譲り先をさがしてあげましょうかと最初に言ってくださった方で、Bryant Parkでは一緒に席取りをしようと約束していたのに、私が時間の読みを失敗してかなり遅れてしまってお待たせしてしまったり。それでもミュージカルのこととか色々話せて楽しかったです。最後まで気遣ってくださってありがとう!
 
RENT_ticket2011.jpg
この日はメザニン(2階席)A-21(1列目下手寄り)でした。前の日にネットでとったチケットだったのですが、行ってみたら偶然にも隣がRさんでした。Rさんも昨日とったみたい。mさんも帰ってしまったし、Kさんともお別れしたばかりで、Rさんと並んで観劇できたのはうれしい偶然でした。
 
この時は、NYASの空港を往復するバスがなくなったと聞いて、バスはもうないのかと思っていて(別な会社になっただけだったらしいと、帰国してから知りました)、Rさんはどうやって帰るの?とか聞いていたら、なんと同じ便だとわかり、それじゃ一緒に帰ろう、ふたりならタクシーはどう?みたいな話になりました。よかったー。
 
キャストは初日と同じ。
Mark Cohen ... Adam Chanler-Berat
Roger Davis ... Matthew Shingledecker
Mrs. Cohen, Cort Vender & others ... Morgan Weed
Tom Collins ... Nicholas Christopher
Benjamin Coffin III ... Ephraim Sykes
Joanne Jefferson ... Corbin Reid
The Man, Mr. Gray & others ... Ben Thompson
Angel Dumott Shunard ... MJ Rodriguez
Mimi Maquez ... Arianda Fernandez
Maureen Johnson ... Annaleigh Ashford
Mr. Jefferson, Paul & others ... Marcus Paul James
Mrs. Jefferson,Homeless Woman & others ... Tamika Sonja Lawrence
Gordon, Waiter & others ... Michael Wartella
Alexi Darling, Mrs. Davis & others ... Genny Lis Padilla
*この日もAlexiは代役の人。
 
前日、メザニン2列目が結構観やすかったので、1列目ならさらに観やすいかも、と期待したのですが、逆に1列目だと近過ぎて、舞台の縁ギリギリに2階部分が重なってしまうので、メザニンだったらむしろ2列目の方がよくみえることがわかりました。それでも高さがあった方が、上部の映像などがよく見えてよかったので、メザニンは狙い目です。オーケストラ(1階席)の状況はわかりませんが、メザニンは後ろの方は割と空いていた気がします。
 
「RENT」の感想ですが、もう3ヶ月も経ってしまったので、記憶が薄れているし、すでに書いたもの(初日の感想、新演出についてネタバレ少なめネタバレ)でかなり書いたので、今の時点で感じていることを少し書きます。
 
「RENT」がクローズし、今年オフから再スタートになった訳ですが、「RENT」を愛するものとしては再開はとてもうれしいし、「RENT」がそれだけ求められているとも感じます。そして、オリジナルと同じMichael Greifが演出することは、「RENT」が生まれる過程やファンにどう受け入れられてきたかを知っている演出家であることに安心感もありました。「オリジナルにかなり近い演出なのでは?」という期待と、最後のツアーの時点で、エンジェルのお葬式のシーンで「Angel was」と全員で言う演出に変えたりしていたので、結構変わってしまうのでは?という不安もありました。変わることがいけないことというわけではないけれど、私はオリジナル演出が好きだったので、変えるなら納得いく変更であって欲しいなと思っていたので、観るまで不安だったのでした。
 
実際に観て感じたことは、オリジナル版の持つチープな感じというか、発展途上な感じ(オフにあげるためにつくられて、やっとプレビューというところで作者が亡くなって、本来ならこれから色々手を入れて完成させるべきところがそれが十分出来なかったんだと思うのですが)がなくなって、ミュージカルらしくなったなーということです。演じる役者さんたちも、オンの舞台に出始めた若手が多くて、ある程度力はあるものの、逆に小さくまとまってしまっている感じは否めません。でもそれも仕方がないのかなと思います。オリジナル・キャストたちは手直ししながら作り上げて行く過程に参加していたし、作者への思い入れも強くて、この作品を世に出すためのチャレンジャーだったわけですが、今のキャストは作品としていったん出来上がっているものを観ていて、ある程度予備知識がある中でスタートしたのですから。
 
新しい演出では、わかりにくさを極力排除するためにセットを工夫したり、感情表現にメリハリを付けてキャラクターの内面を表現しようとしているようです。私は色んな「RENT」を観ているので、初めての人がこの「RENT」を観てどう感じるかを想像することはかなり難しいのですが、観る人の想像力をあまり使わずにわかりやすくストーリーを伝えることには成功していると思います。私にとっては、説明しすぎ、親切過ぎ、と感じてしまうところもありますが。感情表現についても、まだプレビューが始まったばかりだったせいか、工夫しているのはわかるのですが、まだみんなキャラクターになり切れていないところがあったので、そこが本公演も始まっている今どう変わってきたのかは興味があります。
 
私としては、オリジナル演出にはかなり未練があるのですが、今の時代にあった演出というとこうなってしまうのかなーと思います。Markの旧式なカメラはビデオカメラになるし、小道具の数も減って(特にChristmas Bellsのところ)あまり散らからず、舞台転換がしやすくできていて、これならツアーもしやすいかもとも思ったし、アンサンブルもひとり減ったし、コンパクト(コストも安い?)でわかりやすい「RENT」につくりかえることで、長く「RENT」を続けて行くことを選んだのかも知れません。
 
演出の好みはひとそれぞれなので、あとは実際に観ていただけたらと思います。現在はオフ・ブロードウェイで上演中なのと、日本では同じ演出で東宝が2012年秋の上演を目指して、キャストのオーディションをしているところのようです(応募は締め切られています)。新しい「RENT」も是非観てみてください。
 
■出待ち
いよいよ「RENT」の最後の出待ちです。いつものお願いですが、キャストの写真は他では使わないようお願いします。
 
この日はとにかくAriandaとMattとAdamに会えればいいやと思っていました。サインはすでにもらったし、写真も撮ってもらったし、今日はこの3人に今日のチケットにサインをしてもらう作戦にしました。すでに写真をアップしている通り、ちゃんとゲットできました。たぶん左上がMatt、その隣がArianda、その下がAdamですよね。
 
Arianda_DSCN7211.jpg
Ariandaが出てきた時、「アリアンダ!」って声をかけたら、「あー!」って感じで、すごくうれしそうにこっちに来てくれました。初日に、来日時の写真などを貼付けた色紙風のものをあげたのを覚えていてくれたんでしょうか。「もう一度写真を。」というと「もちろんいいわよ。」って、かなり密着した感じでツーショットしてくれました。
 
matt_DSCN7212.jpg
Mattは相変わらず、色んな人としゃべっていました。しばらく待っていて、手があいたところで声をかけようと近づいたら、Mattのリュックに「Spring Awakening」のネームタグがついているのを発見。思わず「私はSpring AwakeningとRENTが大好きなの。Spring Awakeningも何度もみたけど、残念ながらMattは観れなかったわ。」と(いう雰囲気のことを)言ったら、「僕はツアーが多かったからね。僕もSpring AwakeningとRENTが大好きだよ。大好きな2つの作品に出演できてうれしいよ。」って。Mattってホント笑顔が可愛い!
 
Adam_DSCN7213.jpg
 
実は先に会っていたAdam。その時は他にも出待ちの人がいたので、写真はもういいかなと思ったのですが、AdamもMatt同様結構長いこといたので、人が少なくなった頃にもう一度声をかけてみました。その時だったか、最初に会った時だったかに、私が「あなたのMarkは毎日グレードアップしているわね。」みたいなことを言ったら、私とはちがう表現で「前よりもよくなってる?そうだとしたらうれしいな。」と言ってくれました。で、写真を一緒に撮ってもらいました。Adam、背が高いから、なんかいつも見上げるような写真になってますねえ。
 
RENT_DSCN7214.jpg
出待ちの人が大分少なくなっても(最初はキャストも含め、この3倍くらいの人がいた)まだファンとしゃべっているAdam(右から2人目、赤い帽子の後ろ姿。)。
 
なんだか名残惜しいけれど、劇場をあとにしました。
 
NYの旅2011年7月Index
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2011/10/23 13:06 】 | RENT RETURNS | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<期待?不安?Adam Pascalの「MEMPHIS」(動画) | ホーム | 「アルターボーイズ」再々演決定!>>
コメント

ついにNY記、最後ですね~♪

こちらこそ、向こうでお会いできて、心強かったです。色々ありがとうございました!

今後もブログ、楽しみにしてます(笑)

【2011/10/23 18:34】 | URL | kaori #NCcnZXFM[ 編集] | page top↑

kaoriさん
> ついにNY記、最後ですね~♪
どたばた旅行記でしたねえ、相変わらず(笑)
今回もkaoriさんをはじめ色んな方に助けられました。ありがとうございました。

> 今後もブログ、楽しみにしてます(笑)
ブログもさぼりがちなんですけどねえ(笑)

【2011/10/24 11:49】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/1565-8b8d5f72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。