スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「レ・ミゼラブル」通常キャスト(5/23)その2 バリケード・オンステージガイド
5/23(月)13:00からの「レ・ミゼラブル」のあと、バリケード・オンステージガイドというイベントがありました。(当日の公演のレポートはこちら。)
 
記憶と頼りにメモをまとめていたら、その一部が東宝のレミゼの公式ブログに動画で出ていました。
 
流れとしては、以下の通り。このうち動画になっているのは1)と4)のみです。
1)駒田一さん、森公美子さん、山崎育三郎さんのトーク
2)バリケード登場
3)アンサンブルの清原邦仁さん(司教、レーグル他)、大津裕哉さん(ジョリなど)によるバリケードの説明と一般参加者の体験
4)アンサンブルを交えたトーク
5)駒田さん、森さん、山崎さんのあいさつ
動画と一部だぶりますが、イベントのレポートです。
 
1)駒田一さん、森公美子さん、山崎育三郎さんのトーク
まず3人が登場し、挨拶してしばらくトーク。駒田さん、森さんのノリのよさが面白かったです。新しい演出になってもオーディションを受けたいという3人ですが、駒田さんが「ガブローシュで受けたいと思います」と言ったことから、森さんはファンティーヌ、山崎さんは一瞬迷ってテナルディエといって笑いを取ってました。
 
失敗談の話になり、山崎さんにふっても返事がなく、森さんが当日の失敗談を自分から告白。コゼットとジャン・バルジャンが消えた後マリウ(山崎さん)がマダム・テナルディエ(森さん)に「どっちへいった?」と聞くところで「あっち」というべきところで「え?」って言っちゃったと。とっさにマリウスが「もういい!」と言って走って行ったとか。
 
他に、今日、ジャン・バルジャンの吉原光夫さんが3回目にお金を出す時に財布が探せなくてあたふたした話とか(これは私も気がついた)、今日ではなかったけど、新しいアンサンブルの方が、最初の囚人のシーンで「ヤツを個々へ呼べ」というところで山口祐一郎さんを見失って別な人を前に出してしまったというハプニングもあったとか(仕方なく山口さんは自分で立ち上がったとのこと)。
 
ジャン・バルジャンがマリウスをひきずりこむ下水道の入り口の蓋が意外に軽いことがわかったり、楽しいトークでした。
 
2)バリケード登場
このあとバリケードが舞台上に登場します。ちゃんと登場の音楽付き。さすがにオケではなく、ピアノでしたけど。森さんが「重さとか説明しなくていいの?」というと駒田さんは「重さは知らない」と。森さんが「こっちが1トン、こっちが2トン」と説明したら逆だったので言い直し。(なので私もどっちかわからなくなりましたが、下手側が1トンで上手側が2トンだったような。)森さんは「で、私が乗ったら4トン」と(笑)。動力で動くのですが、中に寝た状態の人が入っていて操作するそうです。バリケードに登るために下におく木の箱のようなものも運ばれてきました(手で)。
 
駒田さん、森さんはバリケードに乗ったことがないそうで、このタイミングだったか忘れましたが、山崎さんがバリケードに軽々とあがって、マリウスが死ぬ場面を再現。かなり高いところからバリケードを降りて(落ちて)きて、結構勢いよく床に倒れ込むのをみせていただきました。
 
3)アンサンブルの清原邦仁さん(司教、レーグル他)、大津裕哉さん(ジョリなど)によるバリケードの説明と一般参加者の体験
このバリケードに乗ってみたい人を来場者の中から募集。危ないのでスニーカーなどをはいている方、ミニスカートはダメなどと言いつつ、手を挙げた人の中から2人選ばれました。一人目は60代の男性。60代で手を挙げるくらいだからかなり年季の入ったファンの方かと思いきや、レミゼは今日で2回目とのこと(笑)。そして「清史郎くんには負けません」とコメント。森さんが「清史郎くんのどことはりあってるんでしょうねー」とウケてました。そんな、突っ込みどころ満載のおじいちゃん。もうひとりはチェックのシャツにジーンズという軽装の若い女性。北海道から来て、このあと帰るとのことで、レミゼはロンドンでも観たことがあり、国内でも何度も観ているという方でした。
 
参加者が決まったところでアンサンブルの方が出てきたと思いますが、逆だったかも。記憶が不確かです。登場したのは清原邦仁さん(司教、レーグル他)と大津裕哉さん(ジョリなど)さんです。
 
まずは参加者にバリケードを登ってもらいました。女性はアンジョルラスが立つ一番上のところまで軽々あがって行きましたが、おじいちゃんは危ないからと下から2段目くらいの比較的平らで細長いところに登ってもらいました。
 
そのあと、アンサンブルのお二人が、ジョリが撃たれて逆さ吊りになる場面を、やり方を説明しながら再現しました。それによると、ジョリは下手側のバリケードの一番上に立ち、その隣(下手側)にレーグルが立つのですが、ジョリは登った時点で左足にバリケードから出ている輪になったロープをさりげなくかけておくのだそうです。そして、撃たれて倒れる時に、隣にいるレーグルがさりげなくジョリの銃を受け取り、倒れそうになるジョリの足の上に倒れ込みます。ジョリの大津さんは自分の足がバリケードに当たる時に一番痛くない場所を狙って落ちて行くのだと言っていました。落ちる時にレーグルが手を差し伸べ、ジョリも手を伸ばし、一瞬手をつかむのですが、そのまま落ちてしまうという流れになっているそうです。さらに、あとでジャベールが来てレーグルを引き起こすと、ジョリは右足も落ちて片足吊りになるんだとか。そこは私も見逃していました。残念!起き上がる時は気をつけないと3階席から見えてしまうので、なるべくバリケードから顔を出さないように気をつけているそうです。(はける場面を観るために3階席をとるマニアの方もいるそうです。)
 
そんな高度な実演の後、先程の2人もバリケードでスローモーションで死ぬ場面をやってみることになりました。それでアンサンブルのお二人がお手本をと言われたのですが、ふだんの動きとちがうので一瞬戸惑っていましたが、一人がバリケードの上の方、もうひとりが下の方で。上に上げた両手をばたつかせながらバリケードに倒れ込むという見本を示してくれました。
 
で、いよいよおじいちゃんとお姉さんが挑戦。お姉さんは上から2段目くらいのところで、上手に倒れ込んでいました。問題のおじいちゃんですが、危ないからということで、さっきと同じく下から2段目くらいのところで挑戦しましたが、意外と思い切りよく後ろに倒れ込もうとしたので、キャストが3人掛かりぐらいで支えて、なんとか四角くて細長い箱状のところに寝転ぶことができました。終わったら、お姉さんはさっさと起き上がって、バリケードから降り始めたのですが、おじいちゃんがすぐに起きなかったら、森さんが「なかなか起きてこないから本当に死んじゃったかと思いましたよ」とつっこみ。感想を聞かれてま、またも「清史郎くんには負けません」と答えるおじいちゃん。笑えました。
 
参加者が退場する時は、下手側の階段から舞台を降りたのですが、アンサンブルのおふたりが階段の上と下から手を引いたり支えたりして、安全に降りられるように手伝っていました。
 
4)アンサンブルを交えたトーク
ここで短いトークが。まず清原さんが挨拶をとふられるのですが、急にいわれてビックリみたいな感じで、「憧れていた舞台なので出られてうれしいです。また観にきてください。」というような感じで挨拶をされていたのですが、しゃべり上手の森さん、駒田さん以外は急にふっても無理とわかったのか、大津さんには「どんな役をやってる?」と聞かれ「囚人で「いつかは逃げるぞ」と歌ってます」と。そこに駒田さんが「金があるぞ」で金歯を抜かれる役もやっているとフォロー。それぞれに「何役くらいやってます?」と聞くと、清原さんは「16~7はやってます」と答えたのですが、大津さんはとっさに答えられず「10役ぐらいですかねー?」と。すると、駒田さんや森さんから、もっとじゃないの?とつっこみが。とぼけた感じの方で笑ってしまいました。
 
5)駒田さん、森さん、山崎さんのあいさつ
barricade_guide20110523.jpg
*youtubeキャプチャー画像
 
youtube動画の後半7:42頃からが最後の挨拶の部分です。 山崎さんからは、25周年という節目に出演できて頑張っていること、森さんからは東北出身ということでチャリティイベントに協力してもらって力をもらったことなどが語られて(駒田さんは特別な挨拶はなく)終了となりました。
 
morikumi_DSCN6737.jpg
森公美子さんの色紙。東北・茨城への思いがこもっています。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2011/05/28 17:18 】 | musicals/ミュージカル | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<Jonathan Groffが語るGleeなど | ホーム | 「レ・ミゼラブル」通常キャスト(5/23)その1>>
コメント

本当のバリケード体験だったのですね。
25年続いたセットの見納めですもの、名残惜しくはありますね。
それでも、変わるべき時期でもある。
新しく生まれ変わったレミゼも一度は見てみたい(たぶんロンドンで)と思いました。
トークショーの詳しいレポ、楽しかったです。
ありがとうございました。

【2011/05/30 05:52】 | URL | はなin Ireland #-[ 編集] | page top↑

はなin Irelandさん
> 本当のバリケード体験だったのですね。
> 25年続いたセットの見納めですもの、名残惜しくはありますね。
私は3回しかみていませんが、バリケードは迫力がありますからね。
役者さんたちが危険と隣り合わせの技を披露しているのだとよくわかりました。
もしいつかまた観ることがあったら、アンサンブルの方たちにももっと注目したいです。

> それでも、変わるべき時期でもある。
> 新しく生まれ変わったレミゼも一度は見てみたい(たぶんロンドンで)と思いました。
私はとりあえず日本で!
日本では現在の演出での公演は6/12までです。

【2011/05/30 10:11】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑

詳細なレポ、ありがとうございます。
とっても楽しめました。
見落としているところばかりです。
東宝の動画は公演が終わってしばらくすると削除されてしまいますので、早めにいろいろ見たいと思います。

【2011/06/04 19:49】 | URL | 景 #-[ 編集] | page top↑

景さん
> 詳細なレポ、ありがとうございます。
> とっても楽しめました。
素人目線、初心者目線で、思いついたことを色々書きました。
バリケードのイベントも面白かったです。

> 東宝の動画は公演が終わってしばらくすると削除されてしまいますので、早めにいろいろ見たいと思います。
東宝のレミゼブログにも色々動画も載っているし、キャストへのインタビューとかも面白いですよね。
もうじき終わってしまうなんて残念ですね。

【2011/06/05 01:51】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/1462-d6a80ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。