スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ジョンとヘドウィグとちょっぴりRENT
Hedwig ポリネシア
“RENT ポリネシア&グアムツアー 出演者募集”

先週末、たぶん私以上に『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』にはまっている友人を呼んで、ジョン・キャメロン・ミッチェル・デーを開催(笑)ジョンが出演していた『David Searching』(関連記事)や、『ヘドウィグ~』のDVDの特典映像を観たりしました。
『David Searching』は私はUS版のVHSを入手。当然英語のみで字幕もないため、結局細かいところはよくわからないままなのですが、出番は少ないけれど、ふつうの男性を演じるジョンがなんだか新鮮に感じました。

この作品の主演はアンソニー・ラップ。この映画の撮影のあと、オフ・ブロードウェイ版『RENT』の稽古がはじまり、それ公開されれば大ヒット。ジョンも『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』で一世を風靡。そういう才能あふれる若者たちがひしめき合っていた時代だったのですね。

『ヘドウィグ~』の特典映像のひとつは、ヘドウィグが作られてきた経緯をジョンをはじめとする関係者が語るものです(86分)。それによるとヘドウィグはジョンのベビーシッターの女性をモデルにしていることや、ジョンのお父さんは軍人でその転勤でベルリンにも住んだことがあるなど、ジョンの実体験がこの作品に大きく影響していることがわかります。そういうアイディアを持っていたジョンがミュージシャンのスティーブン・トラスクと出会うことで、ヘドウィグはミュージカルというよりライブパフォーマンスとして誕生し、発展したこともわかるし、その発展途上の時期のライブ映像もたくさんあって、なかなか見応えがあります。

そして、12分の削除シーン。冒頭の写真は本編の一部ですが、『RENT』のポリネシア&グアムツアーの出演者を募集するというポスターがアップになったところ。エンジェルのところにはこう書かれています。

ANGEL - young, edgy, Puerto Rican drag queen
    (must be comfortable with drums)

ヘドウィグに嫌気がさしたイツハクがこのポスターを観てエンジェルに応募して受かってしまうというエピソードは映画版だけのものです。それだけでも『RENT』を茶化しているのですが、削除シーンには、イツハクがバンドのメンバーの目を盗んで踊りながらドラムをたたく練習をしているシーンがあり、これもかなりいやみがきいています。(そもそも映画版のイツハクははじめから“RENT”と大きく書いてあるTシャツを着てますからね。)

他にもヘドウィグとイツハクの出会いのシーンなどもあり、イツハクの変貌ぶりもビックリです。

4月の東京ファイナルに向けて、あらためてジョンとヘドウィグに浸ることができました。つきあってくれた友人に感謝です。

◆関連リンク

 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』関連リンク

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ ヘドウィグ・アンド・アングリーインチDVD2枚組
ジョン・キャメロン・ミッチェル (2002/09/06)
エスピーオー

この商品の詳細を見る

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2007/03/31 23:55 】 | Hedwig and the Angry Inch | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ジョーをめぐる関係性(Angels in Amarica) | ホーム | 日劇に行ってきました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/142-8aae5ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。