スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
どたばた韓国旅行記(4)ショッピングと「without you」2回
どたばた旅行記(3)に続き、ようやく韓国2日目(10/24)です。
やや遅めに起きて、本当はホテルに朝食もついていたのですが、結局いかずにだらだら。部屋にPCがあり、インターネットが使えるので、さっそく使ってみました。ところが、日本語ソフトが入ってない。入力は英語かハングル。検索サイトも、私は普段Googleを使うことが多いのですが、検索を選ぶとNAVERという検索サイトにつながり、日本なら検索すればすぐにみつかる自分のブログを探すのも一苦労でした。TwitterとかmixiのIDとパスワードとか忘れてるし。
 
Sさん&Mさんとは12時に明洞のロッテ・ヤングプラザの前で待ち合わせ。その前に軽くダンキンドーナツで朝食。日本にもあるお店だから入りやすかったのですが、アイス・ティを頼むと「ピーチ・アイス・ティ?」と聞かれ、他でもそうだったのですが、韓国ではアイス・ティといえばピーチ・アイス・ティなんでしょうか???
 
地下鉄が思ったより時間がかかり(電車に乗るまでに結構時間がかかる)若干遅れ気味で待ち合わせ場所に到着。若いふたりはすでにお買い物をたくさんしていました。私はそんなに欲しいものはないので、彼女たちについていって、かわいらしいコスメショップに行ったり、衣類などを山積みして売っている露店をのぞいたり、H&MやZARAなどを見たりしてちょっとした小物や衣類、ピアスなどを購入しました。
 
なんとなくお昼を食べそびれたまま、3人で「without you」を鑑賞。Sさん&Mさんは前日は特別席ではなかったので、これが最初のサイン会に。私はポスターを買って、それにサインをお願いしました。そのあとSさんは別キャストの「tick, tick...BOOM!」を観るために移動。私とMさんは夜も「without you」なので近くのカフェへ。私は眠たくならないよう普段は控えているコーヒーを飲んで気合いを入れました。MさんとはAnthonyの話などで盛り上がりました。カフェのトイレはあまりきれいじゃなかったみたいなので、劇場で行くことに。
 
韓国ではトイレにトイレットペーパーを流せないところが時々あって、普通の家にあるような口の開いたゴミ箱に使用済みの紙を捨てるのですが、それが結構抵抗がありました。ショッピングセンターで、大きなゴミ箱とゴミをつかむ金属のトングを持ったお掃除の人が、ゴミをごそっと取り出しているのを見ましたが、あれがぜんぶ使用済みの紙なんだなと思うとぞっとしてしまいました。実は私が泊まっているホテルも紙を流せなくて、でもたまにうっかり便器の中に入れてしまい、おそるおそる流したらちゃんと流れたのでほっとしたことも。その習慣のちがいをのぞけば、韓国のトイレは日本並みにとても清潔です。NYのトイレは必ずいくつかは鍵は壊れているし、汚れているし、老朽化しているところも多いので、それに比べたらかなりいい方だと思います。
 
そして3回目の「without you」。この回はお客さんのノリがよかったせいもあり、Anthonyもノッている感じがありました。カーテンコールの最後はSOLを歌いながら客席に降りて最前列の前を歩いてくれるのですが(握手とかはなしですが)、この日は特にひとりひとり見つめてくれました。サイン会では「12月に会いましょう。」と言い合って別れました。
 
Sさんとの待ち合わせの時間にも余裕があるし、また出口でうろうろしていたら、他に日本人が2人。前日にも会った人たちでこの日は特別席ではなかったので、Anthonyに手紙を渡したいとのこと。一緒に待っていたら、割と早めにマネージャーさんらしき人とふたりでAnthonyが出てきました。写真を撮ってもらった人もいたけど、私はもういいやと思って撮ってもらわなかったのですが、ある人がAnthonyと握手していたので便乗して私も握手!暖かくも冷たくもない、程よい手でした。たぶん。(興奮のあまり記憶なし。)
 
MさんとタクシーでSさんの待つ東大門へ。タクシーの中で、Mさんが、通常は1枚のAnthonyとのツーショット写真を、係のお兄さんがなぜかもう一枚撮ってくれていたことに気づき大喜び。実はMさんが壇上にあがる時にちょっとつまづいてしまったということがあって、「きっと可哀想だと思って撮ってくれたんだね。」と盛り上がりました。その時は気がつかなかったのですが、私もあとで写真を整理してみたら、この日のマチネで私がAnthonyと話している場面が写真に撮られていました。私は前の日もいたから、サービスでしょうか。Anthonyがすごくいい笑顔で写っていて、写真のお兄さんに感謝です。
Seoul_sign_DSCN6297.jpg
 
そしてようやくみんなの念願の焼き肉を食べることができました。おなかがすいていて一気に食べてしまったので写真はナシです(笑)。
 
焼肉店を出たのが11時半過ぎ、大通りに出たところで、私は地下鉄でホテルに帰ることにし、ふたりはホテルが近いのでもう少し遊んで帰るとのことで、そこで別れました。教えてもらった方向にひたすら歩いてもなかなか駅が見えず、店じまいした屋台が並ぶようなところになって、こんなところでいいのかなと、明るいところに引き返して地図を確認。でもよくわからず、そのまま進むことに。ようやく東大門の駅へ。一駅乗って乗り換えて、三成へ向かう2号線に乗らなくてはいけません。で、次の駅で降りたところまではよかったのですが、なんだか人が走っている。終電が近いのか?かと思うとゆっくりトイレに入っていく人も。私もトイレに行きたくて、三成まで結構かかるのでどうしようか迷って結局トイレへ。そのあとホームに降りていったらこちら側の線路が暗くなっているのです。反対側はまだ明るかったんですけど。どうやら終電を逃したらしい。駅員さんに「サムソン」と言っても「だめだめ」というように首を振られるばかり。せめてタクシーに乗るのにどっち方向かだけでも聞きたかったけど、結局意思の疎通ができず、地上へ。
 
思いがけずひとりでタクシーを拾うことになりました。Mさんがやっていたようにと思っても、どのタクシーを止めていいかもわからない。やっと一台つかまえて乗り込んだのですが、値段を聞いても通じない。「メーター?」というと「メーター」との答え。信じるしかありませんでした。「サムソン」と何度も言ったら「カンナム・サムソンxx」と運転手。xxの部分が何度聞いてもわからないけど「江南(カンナム)・三成(サムソン)」といっているはず、大丈夫、と自分に言い聞かせました。タクシーは降りる時も難しいのです。これまで何度もタクシーに乗りましたが、「ここで降ろして」というのがなかなか伝わらず「ストップ」といってもダメで、結局運転手が納得した場所で止まる感じ。三成駅と言ってもどこで降ろしてもらうのか指示しにくいし、ホテルの場所が結構いりくんだところにあるのでそこも難しい。そこで、ホテルの少し手前の大通り沿いに現代百貨店があるのでそこで止めてもらいたいと思って「ヒュンダイ」と言ったけどどうしても通じない。しかたなく、そこの隣で、より手前に当たるコンチネンタルホテルならわかると思って「コンチネンタル」と言ったら、すごくうれしそうに「コンチネンタルホテル?OK!」と。そんないいホテルに泊まってる客と思われたのかなとちょっと複雑な気持ちだったけど、よく考えれば、ホテルの前に止めればお客をみつけやすいからだったんでしょうね。思い切りコンチネンタルホテルの車寄せに止められ、逃げるように帰りました。
 
あっという間に明日は帰国。もらった3冊の本も含め、荷物がちゃんと収まるか3時4時までごちゃごちゃやってました。(つづく)
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2010/11/01 00:08 】 | Anthony Rapp's without you | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<「Act Against AIDS 2010 LIVE」に米倉利紀さんが出演 | ホーム | どたばた韓国旅行記(3)>>
コメント

韓国お疲れ様でした。
お会いできて光栄でした。
私たちは代理店から先にチケットを受け取っていたので、カウンターを素通りだったんですね。
それで本を受け取れなかったみたいです。
himikaさんのおかげで無事に本も貰えました(笑)
写真のお兄さんはいい人でしたね。私も何故か2枚撮ってくれてたりしました。
Anthonyもとてもリラックスしている感じで優しくて惚れ直しました(^^)
また12月に見かけたらお声かけてください。

【2010/11/01 23:38】 | URL | NAO #q7XswXQk[ 編集] | page top↑

NAOさん
> 韓国お疲れ様でした。
> お会いできて光栄でした。
おつかれさまでした。こちらこそお会いできて光栄です。
お声をかけてくださってありがとうございます。

> 私たちは代理店から先にチケットを受け取っていたので、カウンターを素通りだったんですね。
> それで本を受け取れなかったみたいです。
そうだったんですね。
私も2日目は自分でチケットを引き換えましたが、韓国語で説明されても意味がわからず、本がもらえると知らなかったら素通りだったかも。

> 写真のお兄さんはいい人でしたね。私も何故か2枚撮ってくれてたりしました。
そうだったんですね。
お兄さん、いい人ですね。

> Anthonyもとてもリラックスしている感じで優しくて惚れ直しました(^^)
特別席のひと限定がいいかは別として、サイン会形式は公平だし、Anthonyもリラックスできてよかったですね。日本ではファンが殺到しすぎてこんなにゆっくり話せないですもんね。
Anthony、本当にいい人だし、without youを実際に見て、本当に才能豊かな人だと思いました。
ファンというより、今は尊敬の気持ちです。

> また12月に見かけたらお声かけてください。
とりあえず東京の初日と楽は観に行く予定です。
またお目にかかれますように。

【2010/11/02 01:41】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑

東大門で別れた後に、ずいぶん色々事件があったんですね!!やはり、深夜にお一人では心細かったですよね・・・すみません。
それにしても、焼肉店で合流した時の、一緒にMちゃんとhimikaさんの盛り上がりっぷりが忘れられません。2人ともAnthonyのことが大好きすぎるでしょ~!!確実に、韓国人よりテンションが高かった!なんだか、ノロケ話を聞いてる気分でした~(笑)
日本でも、是非また一緒にごはん食べに行きましょう!

【2010/11/02 20:04】 | URL | S #4zVu3Jgw[ 編集] | page top↑

Sさん
> 東大門で別れた後に、ずいぶん色々事件があったんですね!!やはり、深夜にお一人では心細かったですよね・・・すみません。
いえいえ、Mさんのタクシーの乗り方をみて多少学習していたので、無事にホテルに帰ることができました。
私ひとりだったらAnthonyのショーを観るだけで終わっていたであろう韓国旅行も、Sさん&MさんとYさんのおかげで韓国らしい過ごし方もできてありがたかったです。
色々お世話になりました。

> それにしても、焼肉店で合流した時の、一緒にMちゃんとhimikaさんの盛り上がりっぷりが忘れられません。2人ともAnthonyのことが大好きすぎるでしょ~!!確実に、韓国人よりテンションが高かった!なんだか、ノロケ話を聞いてる気分でした~(笑)
Anthonyが素敵過ぎて、Mさんと盛り上がりまくってましたからね。
やっとwithout youも観れたし、大満足でした。

> 日本でも、是非また一緒にごはん食べに行きましょう!
是非またよろしくお願いします。

【2010/11/03 03:30】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑

韓国旅行、言葉の壁とタクシーのぼったくりと
に おそれおののいています。
わたくしもハングル全然読めませんし
タクシーの不安はNYを軽く超越しました。
それでも アンソニーさまのためなら!と
勇気がわく himikaさまに 脱帽です。
っていうかNYでも結構 治安が悪そうなところとか
夜の公園とか歩いているブログを拝読
すると チャレンジャーだな~~と
いつも 思っております。

韓国の『Without You』特別席はずいぶんサービスがいいのですね。
NYは ボランティアで運営してて(それ自体はいいことですが)
スタッフが 友達とおしゃべりが盛んで
物販 ほっぽらかしでした(物販など
ないがごとし)。
まあ、「アメリカ!」って感じですけど。

いまだNYの地下鉄路線もわからない
わたくし、韓国の地下鉄ハードルも さらに
高すぎて・・・ でも一度は韓国、
行きたいです。(韓国の『Spring Awakening』
『リガリー・ブロンド』『スパマロット』など そのつど
行きたくも つねに断念)
うちは毎日韓国のTVがつきっぱなしなんですが、ハングル1つ覚えられないです。。

ときにアンソニーさま、NYMFの賞
おめでたいですね。
ITHもN2Nも賞を取ったはずだから
そう考えると、またどこかでやるかもしれないですね。

別記事ですが、「ジョナサンの甥」って
ジョナサン・グロフさまの甥
かと思いました。さすがに大学生の甥は
いないですよね。
わたしの高校の同級生もYale University School of Art GRAPHIC DESIGN (MFA)に通っていて そのときNew Heavenに住んでいた記憶があります。
Yale版RENT、観たかった~!

あと勝手にhimikaさまのこの記事のURL、わたくしのブログに(直接リンクじゃないけど)貼って
しまっております。事後報告で失礼いたしました。

【2010/11/13 16:29】 | URL | しろはなげ #JalddpaA[ 編集] | page top↑

しろはなげさん
> 韓国旅行、言葉の壁とタクシーのぼったくりと
> に おそれおののいています。
> わたくしもハングル全然読めませんし
> タクシーの不安はNYを軽く超越しました。
私も行く前は強くそう思いましたが、
だんだんわからないことにも慣れて、
「だいたいこんなこと言ってるのかな」と判断して動けるようになりました。
でも交渉事はほぼ無理ですけどね。

地下鉄は日本の地下鉄にかなり似ていて
NYのような恐怖もなく、乗り換えもわかりやすいので、
地下鉄を駆使するといいかも。(でも意外と早く終わってしまうので注意!)
といいつつも、なるべく行かないですめばとというのが本音です(韓国の方、すみません)。

> それでも アンソニーさまのためなら!と
> 勇気がわく himikaさまに 脱帽です。
> っていうかNYでも結構 治安が悪そうなところとか
> 夜の公園とか歩いているブログを拝読
> すると チャレンジャーだな~~と
> いつも 思っております。
高校時代の通知表に「好きなことは一生懸命やるが、嫌いなことは一切しない」と書かれましたが、今もそこは変わってないようです。
NYも韓国もいつもこれが最後と思って行っているので、今やらないとと思ってしまうのかも。
夜のセントラルパークは無謀過ぎてみんなに怒られました。二度としません、たぶん(笑)

> 韓国の『Without You』特別席はずいぶんサービスがいいのですね。
そうですね。ツーショット写真まで撮ってくれるとはありがたいです。でも本(ハングル)は重いし読めないし・・・。

> まあ、「アメリカ!」って感じですけど。
そうなんでしょうね。ジョナサン・グロフが出るかもっていうイベント会場では本当に翻弄されましたし。

> いまだNYの地下鉄路線もわからない
> わたくし、韓国の地下鉄ハードルも さらに
> 高すぎて・・・ でも一度は韓国、
> 行きたいです。
いつも優しいダーリンがご一緒だからでは?
私はひとりなので地下鉄はなんとか覚えましたが、それ以外でもNYのことは、現地で友達と合流できた時に色々教えてもらったり、現地の人が親切にしてくれたりとか、やっぱり人の力に助けられています。

> ときにアンソニーさま、NYMFの賞
> おめでたいですね。
> ITHもN2Nも賞を取ったはずだから
> そう考えると、またどこかでやるかもしれないですね。
いつかはブロードウェイに?(笑)
まあひとりだとそんなに長くは続けられないでしょうけれど。
とにかく一度は日本に来て欲しいです。

> 別記事ですが、「ジョナサンの甥」って
> ジョナサン・グロフさまの甥
> かと思いました。さすがに大学生の甥は
> いないですよね。
ジョナサン・グロフファンのしろはなげさんらしい反応ですね(笑)
そういえば私が今でも携帯の待ち受けにしているジョナサン・B・ライトくん方はどうしてるんだろう・・・。
今は、日本のJBWともいうべき、一和さんに夢中です(なのに京都は行かない私。)。

> あと勝手にhimikaさまのこの記事のURL、わたくしのブログに(直接リンクじゃないけど)貼って
> しまっております。事後報告で失礼いたしました。
ご紹介&お知らせいただきありがとうございました。変な使い方をされない限り、大丈夫ですので。
NYMFの情報ありがとうございました。

【2010/11/13 21:09】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/1308-ed6c8d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。