スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
NYレポ:急遽観に行った「Rock of Ages」
rock_of_ages_DSCN5895.jpg
あまりにも時間が経ってしまいましたが、2010年7月のNYレポの続きです。Indexに一覧がありますが、この5日目のマチネに観たのが「Rock of Ages」でした。本当は「American Idiot」をもう一度観たかったのですが、この日はやっていないと直前にわかり、急遽思いつきでBryant Parkの無料イベントで観てよさげだったこの作品を観に行くことにしたのでした。
 
そんなわけで予習ゼロ、有名なロックミュージックを次々歌ういわゆるカタログミュージカルなのに、私自身は洋楽はほとんど知らない、英語力もない、ということで、ちゃんと理解できていないのですが、軽く感想を述べてみたいと思います。
 
以降、ネタバレありです。
5日目後半レポでも報告した通り、急遽出掛けていったロタリーで見事に当選(と言っても当選人数より若干多いかなくらいの人数でしたが)。26.50ドルという格安のチケットをゲットしてルンルンしながらいったん劇場を離れたのですが、交差点近くの水たまりで、うっかりペットボトルを落としてしまいました。水は少ししか入っていなかったけど、大きいペットボトルをこれに小分けして使っていたのでとっさに拾ったのですが、洗って使うわけにもいかないし結局すぐ捨てて買い直すことに。
 
お茶して、水も買い直していよいよ入場(Brooks Atkinson Theatre)。ペットボトルをトートバッグの外ポケット(ネット状の)に入れておいたら、入場時にペットボトルは捨てるように言われました。え~、買ったばかりなのに~。見えるところに持っていたのがいけなかったのかなと思って、とりあえず言葉がわからないふりをしてバッグの本体の中に入れようとしたら、身振り手振りも交えて、「ここで飲むか捨ててください」と。目の前にはゴミ箱が。仕方ないので一口飲んで捨てました(涙)。ロックミュージカルだから興奮してペットボトルを投げたりする人がいたら危ないからかしらと思いつつ劇場に入ったら、お水とか飲んでる人がいる。なんで?バレなきゃいいの?と思ったら、売り子さんが客席をまわって売ってもいました。飲んじゃいけないわけじゃなくて、外からの持ち込みがダメだったのね。
 
入場時にこのようなビニール製のライター風のペンライトを手渡されます。(もちろん1個。写真は両面の写真を並べたもの。)
ROA_light_DSCN6535.jpg
 
一応今でも点きます。
ROA_light_DSCN6537.jpg
 
私の席はフロントメザニン(2階)のD列26番。座席表をみていただくとわかりますが、フロントメザニンは4列で26は上手側の一番端。私は「RENT」の感覚でロタリーチケットは安くて最前列と思い込んでいましたが、「Rock of Ages」の場合は、2階席の端から4席分くらいをロタリー席にあてているようです。私はその中でも一番後ろの一番端!私のくじ運ってこんなもんですね。でも別にみにくくはなかったです。全体がよく見えたし。周りにはさっき外で見かけた若者たちが座っていました。
Brooks_Atkinson_Theatre.jpg
クリックで拡大します。
 
2回から見下ろす舞台は上手側にバーのようなセットがあって、真ん中にトイレ?があり、バンドはバーのセットの奥にいたのだと思うのですが、どこまでがバンドでどこまでがキャストなのかいまいちよくわからない感じでした。全体的に暗い色調かつチープな作りで、華やかさの全くない地味なセット。学芸会?と思ってしまいました(失礼ですが)。
 
「Rock of Ages」のストーリーは私はいまいち理解していないのですが、私が感じたストーリーは次のようなものです。田舎から可愛い女の子(シェリー)が都会に出て来て途方に暮れているところに、カッコイイ男の子(ドリュー)が声をかけて自分がバイトしてる?バーに誘います。ふたりはいい感じで、はじめはシェリーもその店で働くのですが(たぶん)、そこへ地上げ屋の親子(父と息子)みたいな人がやってきて、店を潰そうと?します。ドリューとシェリーも何かの誤解から関係が悪くなり、シェリーはストリップクラブで働くことになります。で、ドリューは何かの配達とかしてたよう。眼鏡をかけていかにも冴えない女という感じの人(たぶんレジーナ)がストリッパーの待遇改善をと女の子たちの先頭に立って運動をします。地上げ屋?の息子のひ弱な感じの人がレジーナに惚れ込んで、そのせいなのか、関係ないのかわからないけれど、最終的に店はふたたび営業できることになり、ドリューとシェリーとの誤解もとけてめでたしめでたし。こんな雰囲気だったけど、細かいところはちがってるかも。正しいストーリーを知りたい方はwikipediaでどうぞ(英文ですが)。
 
こういうなんとなく月並みなストーリーの合間にたくさんの歌が歌われます。最後に歌うのが「Don't Stop Believin」。女の子が田舎から出て来て男の子と出会ってみたいな内容が「Rock of Ages」のストーリーそのものだなと思いました。この曲はBryant Parkでも歌われていて、すごく気に入ったので、最後にこの曲がまた聴けたのはよかったです。他の曲はあまり記憶にないんですけど(すみません)。
 
NYの旅も終わりに近づいていて疲れ気味で集中力がなかったこともあったけど、一幕を観た時点で、正直ちょっとつまらないなーって思ってしまって、帰ろうかなと思ったくらいでしたけど、こんな中途半端な時間に出ても行くところもないし(観るものもないし)まあしかたないか、と思って、2幕を迎えたわけですが、なんと、私の周りのロタリーで当たった若者がごそっといなくなって、2幕が始まっても戻ってこなくて、結局帰ってしまったらしいんです。安かったし、無駄にしてもいいやってことですね。そんなわけで、一番端っこの席の私の隣が3人分空席になり、戻ってこないならもうちょっとセンターに移動しようかなと思いつつ、なかなか動きかねていたら、空席の隣に座っていた女性(40代くらいの)が「こっちへきちゃいなさいよ」って感じで大きく手招きしてくれたので、移動することにしました。その女性は結構ノリノリだったので、若い人よりも、少し上の年代の人の方が楽しめる選曲なのかも知れません。
 
一幕ではペンライトの出番がなかったので、二幕が始まる時に私はそれを手に持っていました。それを使う場面は、なんだか毛むくじゃらのおじさんが、おっきくてごっついおじさんと急にラブラブになるところで、ピンクの照明になったりしたところでバンドの人が片手を上げて大きく振って合図。そこでみんなバッグの中のペンライトを探すのですが、暗闇なので見つけられない人も多数。私を手招きしてくれた女性も見つけられず。そしてペンライトの振り方もバンドの人も何も合図してくれないのでみんな勝手に振って全くそろわずバッラバラ。最後までバラバラのままそのシーンが終了。そんなゆるーい感じに笑いそうになりました。
 
最後までよく理解できないまま終わってしまいましたが、そんな私も聞き取れたのは、多くのミュージカルに出てくる下ネタ(笑)。はじめにシェリーが店で働き始める時に、何か書いたものを読み上げたとき「フィレーシオ」と言ってみんながギョっとしたら、「私、読み方間違えたかも。」って。この言葉は「Hair」にも出て来たので知っているのですが「fellatio」の英語読み?ですね。もうひとつは、地上げ屋?の息子が好きになった女性を探す場面。その女性を「バジャイナ」と呼んで、その名前を連呼しながら探しまわるんですよね。だから私はそういう名前なんだと思ったら、役名にはそんな名前はなく、本当の名前はレジーナらしいのです。ある英語表記のブログにRegina (pronounced like "vagina")と書いてあったので。Reginaはレジーナの他に、レジャイナとも発音するらしいです(辞書によると)。これで納得。私は確かに「バジャイナ」の連呼を聞いたはずなのに、役名にないからおかしいなーと思ったのでした。
 
「Rock of Ages」の映画化の話は、こちらにも書きましたが、それよりも前に出ていた記事がこちらです。(ROAレポがずっと書きかけのまま放置状態だったので。)
 

トム・クルーズが、ミュージカル映画で久しぶりに助演役に挑戦か? - シネマトゥデイ


こちらに書かれているあらすじはこんな感じ。
 
1980年代のハリウッドのサンセット・ストリップを舞台に、ロックスターを目指すバーで働くバスボーイと、女優を目指しカンザスから来たばかりの女の子が恋に落ちるが、ある日二人が働くバーが都市開発の危機に迫られ、徐々に状況が変わっていってしまうという作品。
 
そうか、それぞれ夢を持って頑張っていたふたりだったんですね。そういわれればそうだったかも。
 
余談ですが、大分前に楽天レンタルで「Glee」の第一話が無料で観れるというのをたまたま見つけて観てみたのですが、第一話の最後で歌われる歌が「Rock of Ages」でも最後に歌われる「Don't Stop Believin」で、この歌を字幕付きで観たら、やっぱりいいなーと思いました。(今も楽天レンタルで観れるほか、Gleeの公式サイト でも観れます。)
 
Rock of AgesRock of Ages
(2009/07/07)
Rock of Ages

商品詳細を見る

 
New Yorkの旅 2010年7月 Index
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2011/01/10 23:33 】 | musicals/ミュージカル | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<「In the Height」のクローズと初公開動画 | ホーム | Wilson Jermaine Herediaがブロードウェイの「La Cage aux Folles」に出演決定>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/1300-d97f03fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。