スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「Memphis」2回目Chad Kimballが観れた!(7/24夜)
しばらくお休みしていたNYレポートの続きです。
 
memphis_DSCN5612.jpg
今回の旅で2回目の「Memphis」です。これは初日の写真ですが、開場前の劇場周辺はとにかく混んでました。大変な人気です。チケットを買うのに並ぶのも一苦労です。
 
前回はまさかのHueyが代役でしたが、今回はばっちりChad Kimballを観れました。(Mamaが代役でしたが。)
 
以降、ネタバレあり。
「Memphis」/Shubert Theatre(44th)
オーケストラQ-25/131.50ドル
 
■7/24(土)20:00のキャスト
*White DJ/Mr. Collins/White Father/Gordon Grant/Ensemble JOHN JELLISON
*Black DJ/Be Black Trio/Ensemble RHETT GEORGE
*Delray J. BERNARD CALLOWAY
*Gator DERRICK BASKIN
*Bobby JAMES MONROE IGLEHART
*Ensemble/Wailin' Joe/Reverend Hobson JOHN ERIC PARKER
*Ensemble/Someday Backup Singer TRACEE BEAZER
Ensemble/Someday Backup Singer/Double Dutch Girl MONIQUE SMITH
Ensemble/Ethel TANYA BIRL
Ensemble/Be Black Trio SAM J CAHN
Ensemble/Be Black Trio PRESTON W. DUGGER III
*Ensemble/Someday Backup Singer DAN'YELLE WILLIAMSON
*Felicia MONTEGO GLOVER
*Huey CHAD KIMBALL
Mr. Shimmons ALLEN FITZPATRICK
Clara/White Mother/Ensemble ?
*Buck Wiley/Ensemble/Martin Holton KEVIN COVERT
*Ensemble/Teenager HILLARY ELK
Ensemble/Double Dutch Girl BETSY STRUXNESS
*Perry Como/Ensemble/Frank Dryer BRAD BASS
*Mama JENNIFER ALLEN ←代役

Ensemble
 *VIVIAN NIXON, JAMES BROWN III, *BRYAN FENKART,*CARY TEDDER, *CHARLIE WILLIAMS, PAUL McGILL
★出演順。アンサンブルのみの方はまとめました。主要な役には色、OBCには*を付けました。

 
Memphis_seat.jpg
 
1時間以上前にチケットを買いにいったのですが、今夜のチケットをと言ったら、「オーケストラは251?ドルのセンターか、130?ドルのパーシャルビューのみ。」とのこと。いい作品だけど251ドルはチョット・・・。「ではメザニンは?」と聞くと「66?ドルでパーシャルビュー。」と。悩んだ末にオーケストラ・パーシャルで手を打ちました。Q-25で、下手ブロックの端から2番目くらい、後ろの方。それでも131.50ドル(定価)。舞台の左右の2階くらいの高さでの演技がちょっと見えにくかったけど、前回観てるからどんな感じかはわかっていたので大丈夫。
 
客席には、ペットボトルの水や各種ドリンクにお菓子などを売る人がいました。前回と同じ、丸顔で眼鏡をかけて、葉加瀬太郎さんみたいな髪型の男性。客席でのお菓子やドリンクの販売はラ・カージュ・オ・フォールの会場でもあったけど、MemphisのShubart TheatreはM&M'sみたいなチョコレートとかポップコーン?とか、お菓子が豊富なのが特徴でした。私は買いませんでしたけど。
 
■Chad Kimball
今日の注目点はなんといってもHuey役のChad Kimball。テレビでみたトニー賞の授賞式の時の印象そのままの独特な語尾を引っ張るようなややハスキーな声。ディスクジョッキー風のしゃべり方も独特でした。でもやっぱり歌も迫力があるし、存在感ありますね。この特徴あるしゃべりは役作りのためかと思ったら、出待ちで会った時も同じ声&しゃべりなので、わざとじゃないんだーと思ったのでした。
 
■その他、気づいたこと
前回はトラブルで途中で止まってしまったのですが、この日はもちろん無事にその部分をクリア。(3人の黒人男性が出てきて「Everybody...」と歌う部分。)当たり前だけど、でもほっとしました。
 
ストーリーも大分わかってきました。黒人音楽を愛し、黒人女性Feliciaと恋に落ちるHueyですが、その恋には様々な障害がありました。黒人差別が根強くあって、Hueyが黒人の音楽を応援していることから、家には何者かがレンガを投げてきて窓が割れてしまうし、Hueyのお母さんも交際を反対。
 
それでも愛を深め、外でキスしたりして2人がいちゃいちゃしているところを、黒人と白人の交際をよく思わない白人の男たちに暴力を受け、Feliciaはケガをしてしまいます。彼女を、兄が経営するクラブに担ぎ込むと、黒人の店員やお客が白い目でHueyを見るし。そこでHueyをかばう黒人のバーテンダーGatorは実は全く口をきかない青年だったのですが、この時初めて口を開き、そしてよりよい未来を願って祈りの歌を歌う。ここが感動するポイントだということを2回目でやっと気がつきました。第一幕の最後の部分ですが、Gator役のDerrick Baskinがとてもきれいな声で、一緒に祈りたい気持ちになるのです。
 
Feliciaはニューヨークでレコードデビューという話が来て喜んで、Hueyにも一緒に行って欲しいというのですが、HueyはMemphisという地域にこだわりたいところがあって、そこからだんだんふたりの思惑がずれていくのですが、実はそれはHueyのお母さんの差し金だったとわかってきて・・・。数年後、ビッグスターになってナショナルツアーの一環でMemphisにやってきたFeliciaと、華々しい活躍から一転してしがない田舎ラジオ局のDJにもどっていたHuey。FeliciaはHueyに自分のコンサートに一緒に出て欲しいと頼みにきますが・・・。Felicia華やかな舞台が開幕。そしてHueyは・・・。最後まで観客を惹き付けるストーリーと、一度聞いたらすぐに口ずさんでしまいそうな軽快でノリのいい音楽。音楽がこんなに人を楽しく幸せにしてくれるんだなーと感じた作品でした。
 
■出待ち
Memphis_Jennifer_A_DSCN5848.jpg
この日のMama役のJENNIFER ALLEN。

Memphis_Derrick_B_DSCN5847.jpg
Gatorの歌声に感動したDERRICK BASKIN。いい笑顔です。

memphis_Chad_K_DSCN5849.jpg
そして、ふだんからダミ声で引っ張る感じの独特の話し方だったHuey役のCHAD KIMBALL。
 
この他、巨漢なのに軽快なダンスを踊るBobby役のJAMES MONROE IGLEHARTとか、もちろんこの作品のキュートなヒロインFelicia役のMONTEGO GLOVERにも会えましたよ。Montego、ホントに細くて、小さくて、笑顔が可愛くて、キュートなの!
 
■「Memphis」のCD
Memphis: A New MusicalMemphis: A New Musical
(2010/03/30)
Memphis: a New Musical

商品詳細を見る

New Yorkの旅 2010年7月 Index
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2010/09/27 10:14 】 | musicals/ミュージカル | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<Adam PascalとAnthony Rappのコンサートツアーが開幕(動画あり) | ホーム | 超ビックリ!「American Idiot」にBilly Joe Armstrongが出演!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/1262-adae6815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。