スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
NY5日目(7/25)前半、RENTゆかりの地Part2
RENT_map_DSCN5981.jpg
NY5日目、7/25(日)、この日は朝からRENTゆかりの地めぐりPart2に出掛けました。「RENT」のバイブル本と呼ばれている本(「Rent」)に載っている地図に示されているゆかりの地でまだ行っていないところがいくつもあったのです。
 
参考地図はこちら。
7時に起きて8時過ぎに出発。Cラインから14St.駅でLラインに乗り換え。降りたところがちょうど乗り換え口ですんなり乗り換えられて、初めて行った時には難しかった乗り換えもマスターできたと実感。ここがLラインの始発なのでしばらく止まっていてようやく出発。1stAve.駅で下車。
 
E10St.をライフカフェのあるAve.Bに向かって歩いている途中(たぶん1stAve.とAve.Aの間)、ガラス張りのショーケースに猫がいっぱいいる猫の保護センター?のようなところを通りました。中には人はいなくて猫だけ。日本にもいそうなにゃんこがたくさんいました。(地図1)
NY_cat_DSCN5853.jpg
 
NY_cat_DSCN5855.jpg
この子も結構大きいし、他の子も子猫っていう感じではなかったです。
 
さらに進んでAve.Bとの交差点がライフカフェ。その角を左折(E11St.方向)して1ブロック行った角あたりが「11th Street vacant lot, the stage for Maureen's performance piece, "Over the Moon"」と書いてあるあたりのよう。(地図2)vacant lotとは空き地のことらしいです。
E11_AveB_DSCN5863.jpg
この写真の場所は手前がE11St.で建物右側を上下に走っているのがAve.Bです。でも普通にお店が入っているような建物があって、空き地などはありませんでした。
 
Abe.Bを1ブロック進んで、E12との角にはこのような空き地がありました。(地図3)
NY_E12_AveB_DSCN5858.jpg
緑の覆いの向こう側がその角で、写真の手前側がAve.B、左側を上下に走っているのがE12St.です
 
結局場所を特定できませんでした。もしかしてもうないのかも。もう少し歩いてみようかとも思ったけど強烈な日差しの猛暑で挫折。
 
Ave.Bを戻り、E10に面したライフカフェへ戻り、そこを通り過ぎて、Tompkins Square Park(以降TSP)を過ぎてE6St.との交差点の向こうに木の茂った庭園風のところが見えてきました。(地図4)前にあるサイトでみた「RENT」のクリスマスツリーのモデルになったモニュメント?があった場所にそっくり。どうやら市民農園みたところらしい。TSP側の入り口からのぞくと畑が見えました。小さな池?も。あとは木が伸び放題でした。ツリーはもうなくなっているらしいのですが、とりあえずこれてよかった・・・。と思ったら、実は場所がちがっていたようです。
 
バイブル本をみると説明のところにはCommunity Gardenと書いてあり、それはE6St.の角を曲がったあたりのようでした。(地図5)バイブル本の地図は手書きの地図に写真や数字が貼ってあるもので、位置がとってもわかりづらいのです。バイブル本の地図だと地図4のところに見えるのに・・・。しかもこの辺りの地図はガイドブックにはないし。ちゃんとGoogleマップで調べておくべきでした。
 
とにかくかんかん照りで暑い。TSP(地図6)に戻り軽く園内を散歩でもと思ったけど、そこはホームレスのたまり場。前に来た時より悪化してる気がしました。リスがいたり、小鳥がいたりするんだけど、なんか落ち着かない。ベンチに坐る気にもなれず、とりあえず木陰で立ったまま地図を確認。まだ行っていないのはロジャーのポスターのCBGB。でもちょと遠い。暑いし、外観を見に行くためだけにわざわざ行く気になれず。「Christmas Bells」のモデルになったというセント・マークス・プレイス(St. Mark's Place)は、そうとは知らずに前に行ったことがありました(その時の記事はこちら。)。
 
じゃあもういいかなーと思いながら地図を眺めていると、ラフな格好の男性に話しかけられました。「ビューティフル」とかいわれ、無視しても「どこに行くの?」とか言ってきて、「ノー。ノー。」って言って立ち去ろうとしたら、急にかぶっていたキャップを差し出されました。え?どういう意味?お金を入れろとか?とにかくなんだかよくわからないので無視して立ち去りました。
 
10時頃、ちょっと早いかなと思いながらライフカフェ(Life Cafe)へ(地図7)。まだお客さんは誰もいなかったけど、入ることができたし、RENTのメモリアルコーナーのところの席に案内してくれてラッキー!
Life_cafe_Rent_DSCN5879.jpg
センターのRENTのポスターはよく見るとオリジナル・キャストの何人かがメッセージを書いていました。木彫りの「Thank you Jonathan Larson」も飾られていたし、左下にある黒い表紙の本のようなもの(バイブル本に似ていますね)はRENTheadsが色んなことを書き残したノートです。一番新しい1冊をぱらぱらめくっていたら、最後に書いてあったのは日本語のメッセージ。内容を読むとNYに在住の日本人の方のよう。NYに来て頑張ってきた日々への思いを書かれていました。日本人の私が見る直前のカキコミが日本語とは、なんだか不思議な感じがしました。
 
Life_c_Barger_DSCN5888.jpg
おなかがすいていたのでハンバーガーを注文。店員さんに「肉はどうしますか?」と聞かれ(たぶん)、意味がわからずきょとんとしていたら「レアorウェルダン」というのでとっさに「ウェルダン」と言ってしまったのですが、確かにしっかり焼いてありましたが、外側はこげ気味で、中もややぱさぱさした感じ。ミディアムくらいにしておけばよかったかな?でもステーキとかならいいけど、ハンバーグの生焼けはちょっとどうかなとやや心配ではありますが。
 
もう滅多に来れないと思って、ライフカフェグッズをお土産に買うことにしました。店員さんにどんなものがあるか聞くと「持ってきます」と。黒字にロゴが入ったTシャツと、やはり黒字のエコバッグ、そしてキャップがあったのですが、私はTシャツとエコバッグを買いました。(Tシャツが20ドルで、エコバッグが10ドルでした。)
Life_cafe_eco_DSCN5894.jpg
 
11時半ごろまでライフカフェで過ごしました。RENTゆかりの地の中で、やっぱりライフカフェがゆったりできて落ち着きます。お昼近くなると結構お客さんも増えてきました。地元でも人気なんですね。
 
というところでいったん区切り、後半は別記事にしたいと思います。
 
New Yorkの旅 2010年7月 Index
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2010/10/05 03:01 】 | New York/Broadway | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<シアタークリエ版「RENT」開幕! | ホーム | 「ベニスの商人(THE MERCHANT OF VENICE)」に再びJesse L. Martinが出演>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/1247-b4d58275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。