スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
劇団四季「エクウス」
劇団四季「エクウス」3月4月
Shiki_Equus2010.jpg
エ~ク~ウ~~~ス!(観た人しかわからないか・・・、笑)、というわけで、あっという間に一週間経ってしまいましたが、3/22(月)13時の劇団四季「エクウス」初日を見てきました。場所は東京の浜松町の自由劇場
 
これから観る方には結末がわかってしまうとつまらなくなってしまうと思うので、結末には触れずに感想を述べたいと思います。とはいえ、多少のネタばれはお許しくださいませ。それではキャスト一覧からどうぞ。
劇団四季「エクウス」出演者(3/22(月)13時、初日)
マーティン・ダイサート  日下 武史
アラン・ストラング    藤原 大輔
フランク・ストラング   山口 嘉三
ドーラ・ストラング    木村不時子
ヘスター・ソロモン    都築香弥子
ハリー・ダルトン     高林 幸兵
ジル・メイソン      石倉 康子
ナジェット        渡久山 慶
看護婦          豊田 早季
 
馬たち
パク ソンジン  キム ヒョンミン  チョン ドンヨン
シン フンスン  ファン ソンヒョン
 
期間が短いせいか、ダブルキャストになっているのはジル(田村 圭)、ナジェット(渡邊 今人)、看護婦(和田 侑子)の3役だけ。ちなみにこの日のジル役の石倉さんはパンフレットでは2番目に名前が載っていました。
 
一昨年、ハリーポッターのラドクリフくんがロンドンとブロードウェイでアラン役をつとめたことでも話題になった「エクウス」(→過去記事に写真あり。)ですが、私はラドクリフくんよりも、6頭の馬の目を潰した少年の物語というのが気になっていて、今回劇団四季ではじめてみました。
 
ステージの真ん中に四角く囲われた場所があって、そのまわりがステージシート。時間になるとキャストが静かに出てきてステージシートのそばの長椅子に座っていくのですが、あまりに静かに出てくるので誰も拍手せず。一幕も二幕も最後真っ暗になって終わるのですが、みんな拍手してるので、あーこれで終わりなんだーみたいな(笑)ちょっと不思議な感じでした。
 
ストーリーとしてはこんな感じ。6頭の馬の目をピックで刺したという少年を治療することになった精神科医のダイサート。「大変な事件を起こした異常な少年」を「治療」して、「正常な人として社会に適応させる」という使命を担ったわけですが、その過程でダイサートは悩み始めます。果たして「正常」とはなんなのか?と・・・。
 
見終わって、なるほどー、こういう話だったのかーと思いました。アランを取り巻く大人たちやダイサートが彼を異常と決めつけることができるのか、では彼らはいったい何をしてきたのか、どう生きてきたのかということが、少しずつわかってくるという話なんですね。色んな人の色んな言葉がどうつながっていくのか、パズルが解かれていくのをみているようでした。誰もが自分が正しいと信じて生きていて、それを「正常」か「異常」かなんて誰にも決められないのではないか、そう思わせてくれました。
 
「エクウス」はミュージカルではなくストレートプレイなので、物語はすべてセリフで語られ、しかも結構込み入っているので、集中していないと聞き逃してしまいそうな感じ。実際、前夜遅くに広島から帰ってきた私は、一瞬、緊張感が途切れた時があって、ヤバい!と思いました。
 
ダイサートの日下さんはさすがはベテラン!他の方たちがはっきりくっきりな発音をしているのとは対照的に、はっきりはしているけれど、人間味あふれた演技が光っていました。多少お口がもごもごしたこともありましましたが、かなり長いセリフをよどみなく語っておられましたから、すごいことですよね。
 
アランの藤原さんはちょっと変わった少年の役ですが、すっかりなりきった感じで、日下さんとのバトルも堂々としていました。それにカッコいい♪馬とのからみのシーンは幻想的でみとれてしまいました。
 
そのお馬さんたちを演じるのは昨年7月の研修をきっかけに入団した韓国人俳優さんだそうです。その方たちが日本語ができても、できなくても、馬なのでセリフはナシ。ですが、動きだけで表現するのも難しいことかも。お馬さんたち、首の動かし方や足の動かし方など、きれいで、馬っぽかったです。
 
この先、全裸シーンについて若干触れたいと思います。それでもいいという方だけお進みください。
 
 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓
 
「エクウス」といえば、全裸シーンがあることでも有名ですよね。そのことも一応触れておかないとね。私は会員先行で結構早くつながって、1階2列10番という、1階のセンターブロックの1列目の左から2番目という本当に舞台から近い席で、キャストと目が合いそうなくらい近いところでした。そんな私の席から見えたものと言えば、アランの美しい後ろ姿くらいでしょうか(笑)。鍛え上げられた美しいお姿でした。「エクウス」をブロードウェイでみたというお友達に偶然会ったのですが(なぜか自由劇場に行くとその方によく会うのですが)、その方によるとブロードウェイとは演出がちがうし、劇団四季の方がこのシーンの照明が暗いらしいです。でもステージシートに座ったらもしかして??(笑)。いや、そんなよこしまな目的で見てはいけません。ちゃんと意味のあるシーンなので納得でした。
 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2010/03/27 23:55 】 | plays/お芝居 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<いまさらですがJBW情報 | ホーム | テネシー・ウイリアムズ生誕99年記念イベントにDaphneなどが出演>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/1081-0a812274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。