FC2ブログ
「tick,tick...BOOM!」と「RENT」(2):演出上の類似点
 設定編に引き続き、「tick,tick...BOOM!」と「RENT」を演出という観点から比較したいと思います。前提条件は設定編と同じです。

かなりネタバレです。
■演出上の類似点
 まず、舞台上のセットがかなり似ています。向かって左側にロフトがあって、テーブルやイスがいくつかあるだけのシンプルなセット。RENTにあるクリスマスツリーはTTBにはありませんが。移動させるのは机やイスくらい。シーンの変わり目に暗転してその一瞬で並べ替えます。ロフトや机を色んなものや場所に見立てているのが面白いです。

 TTBでは客席が明るいうちにジョンが出てきて、部屋の中をうろうろしたり、作曲しているような仕草をしたり、床に散らばっている楽譜を拾ったりします。RENTでは「Rent」の中でポスター(A4サイズくらいの)をばらまいて、それを拾い集めてドラム缶のストーブにくべるシーンがありますね。ポスターがばらまかれて床一面に広がったのを見て「似てる~!」と思いました。

 余談ですが、先日のTTBの千秋楽(横浜BLITZ)で、私達は1階席だったのですが、U字型の2階席の右の前の方から突然チラシがばらばらっと落ちてきて、新しい演出かしらと思ったら、単に上の人がうっかり落としただけでした。そのあとしばらくして、やはり2階右手の別な人がチラシを上からばらまいてしまい、ひらひらとゆっくり落ちてくるチラシを見て「RENT」みたい・・・とつい見上げてしまったりしました(笑)

Tango Maureen 話しは戻って、これはTTBからRENTというより、TTBを3人芝居にアレンジしなおした時にRENTから借りてきたのかも知れませんが、「Green Green Dress」の間奏がタンゴに変わってジョンとスーザンがタンゴを踊るという場面があります。「Tango:Maureen」みたいに。RENTの台本などが載っている『RENT』という洋書の「Tango:Maureen」のページでこういう写真(写真右)をみつけ、その時はTTBはみていてRENTはまだ見ていなかったのですが(映画はみてたけど)、これだったのか~と思いました。男性が上体を後ろに反らせて女性が支えるポーズを確かにTTBでやっていたからです。でも来日公演を見たらそれはなかったのでちょっと混乱。今回の来日公演は新しい演出とのことなのでその辺も変わったんでしょうか。

 電話や留守番電話を多用するのも共通していますね。TTBではジョンを心配するお父さんとお母さんが出てきますが、RENTでもマークをはじめ色んな人のお父さんやお母さんが電話をしてきています。TTBではスーザンとは電話でケンカ。事務所の社長のローザはもったいぶった物言いで自分の言いたいことだけ伝えるような電話で、RENTのアレクシーに似てるかも。そして最後にジョンの誕生日パーティーの最中にかかってきた電話をジョンは留守電のままにしてとらないのですが、スピーカーから聞こえてきたのは憧れのスティーブン・ソンドハイム!!ということでちょっとだけ希望が見えたところでお話は終わります。どちらにも公衆電話も出てきましたね。TTBでは、マイケルがHIVに感染したと知ったジョンがショックを受けてセントラルパークなどをさまよい歩いた末、マイケルに電話しますがつながりません。RENTではトム・コリンズがマークたちに帰宅を知らせたり、ジョアンヌが公衆電話と携帯電話を交互に受けるというシーンもありました。このころから携帯電話ってあったんですね、と変なところに感心したりした(笑)

 細かいネタでは、RENTではトム・コリンズの電話を受けたマークが舞台中央で鍵を落とすとツリーの上からコリンズのところに落ちてくるというシーンがありますが、TTBでも「No More」の前に車でマイケルの新しいマンションに着いて、中にはいる時に(車の?)キーをバンドの人(キーボードの人)に投げるシーンがありました。車を車庫に入れる係の人がいるということでしょうか。「No More」の中で、ブザーがないために鍵を投げてもらわなければいけない生活はもういらないと言っていますが、RENTはまさにそういう生活な訳ですね。

 それから、RENTの「Tango:Maureen」で、モーリーンに振り回されているジョアンヌをからかうマークがマフラーの端を持って片手で上に引っ張って首つりのような仕草をしていましたが、TTBではマイケルの会社の会議に出席したジョンがメンバーに紹介される時に「ジョンはミュージカルを書いてるのよ。アンドリュー・ロイド=ウェーバーみたいに。」と言われて首つりの仕草をしていました。例える相手が、ジョナサンが目指すミュージカルとはあまりにちがいすぎますからね。

 演出とはちがうかも知れませんが、ジョナサンの楽曲の特徴として、ピアノ(伴奏)の美しさが特に印象的です。RENTの「Christmas Bells」やTTBの「Louder Than Words」のイントロなど、シンプルですが愛らしいメロディで気に入っています。

 TTBが最初に書かれたのは1998~90年頃と言われており、RENTがオフ・ブロードウェイで上演されたのが1996年なので5~6年前になるわけですが、一人芝居から3人芝居に書き換えられて初演されたのは2001年で、それが今見ているTTBなので、演出もTTBが先か、3人芝居にする時にRENTを参考にしたのかよくわかりません。そして私は日本語版しか観ていないので(CDではオリジナル版を聞いていますが)、日本独自の演出もあるかも知れません。RENTとTTBはいずれもジョナサン・ラーソンがその思いを表現した作品であり、TTBからRENTが生まれ、RENTからTTBが育ったと考えれば、どこまでがどちらのオリジナルかあえて線を引かなくてもいいのかも知れませんね。

◆リンク
 tick,tick...BOOM!&山本耕史関連リンク

 RENT関連リンク
 RENT関連商品リンク
 アンソニー・ラップ関連商品リンク

チック・チック・・・ブーン! チック・チック・・・ブーン!
演劇・ミュージカル (2003/05/21)
BMG JAPAN
この商品の詳細を見る

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2006/12/16 23:51 】 | tick, tick... BOOM! | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<さんでぇ~~~~~・ぶらぁ~~~~~んち(笑) | ホーム | サーバートラブルについて>>
コメント

ピアノのイントロの美しさ、ハッとしちゃうことあります。
Louder Than Wordsのイントロ、とても好きです。

【2006/12/17 04:41】 | URL | tomoko #-[ 編集] | page top↑

tomokoさん
>ピアノのイントロの美しさ、ハッとしちゃうことあります。
ピアノが単なる伴奏ではなくて、それも音楽の一部になっていますよね。

>Louder Than Wordsのイントロ、とても好きです。
いいですよね~。内容も良いのですが、ピアノがすごくいいんですよね。

【2006/12/18 00:04】 | URL | himika #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/106-ed846545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |