スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
Talkin' Broadwayの記事「Anthony Rapp in Without You」
Talkin' BroadwayにAnthonyのワンマンショー「without you」の劇評が載っているという情報をいただきました。日付はありませんが、2008年の8~9月にピッツバーグでワールドプレミアを行った時のもののようです。
Anthony Rapp in Without You
 
内容を読んでみると、スタッフの名前が書いてあったり、ストーリーや曲目(の一部?)も紹介されていて、とても興味深いです。
 
情報をくださった方、ありがとうございます。
この記事を参考に内容をまとめてみました。
 
■スタッフ
Director : Steven Maler
Music Director : David Matos
Set Design : Tony Ferrieri
Creative Lighting : Andrew David Ostrowski

 
■バンド
The kick-ass band
 Paul Cunningham on keyboard
 David Matos (also Music Director) on guitar
 Dan Tomko on bass
 A.T. Vish on drums
 
■演奏曲目(の一部)
・「RENT」の曲
「RENT」の中でAnthonyのキャラクター(Mark)が歌っていない曲として、"What You Own"と"With You"があげられていますが、"What You Own"はMarkとRogerの歌ですよね。たぶん"One Song Glory"と言いたかったのではないでしょうか。"One Song Glory"を歌っている動画をみたことがあるので。"What You Own"は使われているんでしょうかねえ?ちなみに、動画でみた他の曲としては"Rent"、"La Vie Boheme"、"Seasons of Love"などがありますね。
 
というわけでそれらを一覧にすると以下の通り。
 "One Song Glory"
 "Without You"
 "Rent"
 "La Vie Boheme"
 "Seasons of Love"
 
・新しい曲
 "That Is Not You"
 "Visits To You"
The new songsと書いてあるのですが、両方ともAnthonyの曲ということなんでしょうか。"Visits To You" の方は、確かにAnthonyのアルバム「look around」収録されています。
 
・コメディ・リリーフ
 "Wild Bill"
重苦しい場面を和らげるために喜劇的場面を挿入することをコメディ・リリーフというのだそうですが、本作では"Wild Bill"という曲が使われているようです。この曲がどんな曲かは知りませんが、"Wild Bill"というのは、何にでも名前を付けるというAnthonyのお母さんが自分の体内にできた腫瘍(ガン?)に"Wild Bill"という名前を付けたというエピソードがあるので、それに関連した曲と思われます。ちなみに"Wild Bill"とはこういう人らしい(→ワイルド・ビル・ヒコック - Wikipedia)
 
■ショーの内容
内容としては、Anthonyの仕事とプライベートの生活について。「RENT」のはじまりからブロードウェイに至るまで、そして作者Jonathan Larsonの死とそれと平行して彼のお母さんのガンとの戦いと死について、「RENT」のテーマである"living for today"(今日を生きる)がサブテーマになっている・・・というようなことのようです。
 
Without You focuses on a key time in Rapp's professional and personal life. He was there at the beginning of the Rent phenomenon, as an original workshop participant. That story―of how the show went from workshop to Broadway and beyond―is made all the more interesting when the actor talks about writer/composer/lyricist Jonathan Larson, who died unexpectedly just as Rent was debuting Off-Broadway. The excitement and joy of being a part of theatre history was offset by Rapp's concern for his mother, who at that time was in the early stages of a long bout with cancer. The parallels between Larson's death, Mrs. Rapp's health, and Rent's themes of "living for today" are interesting subtext for the show.

 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2010/02/23 22:41 】 | Anthony Rapp's without you | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<「感動する仕事!泣ける仕事! 1」に高良結香さんが! | ホーム | 劇団四季「アイーダ」観てきました(2/13マチネ)>>
コメント

こんにちは。

without youのshowで思い出したことがあったので書かせていただきます。
私はYouTubeでUPされたものを見たんですが、
その時は上の5曲に加えてHalloweenを歌っていましたよ。
短いバージョンで。

それから、Rentが今オリジナルキャストと呼ばれているメンバーのさらに前の
NYTW時代のメンバーと歌ってるSplateerという曲も歌っていました。
(でもこれはRentの原曲なので、Rentと一緒の扱いになっちゃうかもですね…)
without youの本にも歌詞が載ってましたよね♪
(ちなみに、私は今NYTW時代の曲にはまってます笑)

少しでも情報収集のお役に立ててたら良いです…

【2010/02/24 01:12】 | URL | M. #-[ 編集] | page top↑

M.さん
> 私はYouTubeでUPされたものを見たんですが、
> その時は上の5曲に加えてHalloweenを歌っていましたよ。
> 短いバージョンで。
そうでしたかー。RENTの曲を結構何曲も歌っていますね。

> NYTW時代のメンバーと歌ってるSplateerという曲も歌っていました。
Rentじゃなくてそっちだったんですね。

> (でもこれはRentの原曲なので、Rentと一緒の扱いになっちゃうかもですね…)
> without youの本にも歌詞が載ってましたよね♪
そうそう。さすがはNYTWから参加しているAnthonyですよね。

> (ちなみに、私は今NYTW時代の曲にはまってます笑)
私も気になっていますが、まだちゃんとチェックできてません。
以前にダウンロードしたファイルはほとんど聞いてないで放置していたら読めなくなっていて・・・。
オフ(&ブロードウェイ版)になる時にどう変えたのか、すごく興味はあるんですけどね。

> 少しでも情報収集のお役に立ててたら良いです…
ホント、ありがとうございます。
「without you」がどんな作品かわかってくるにつれて、ますます観たいと思うし、そのために頑張りたいなと思いますね。
これからもよろしくお願いします。

【2010/02/24 20:41】 | URL | himika #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://himika44.blog53.fc2.com/tb.php/1059-7ba598c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。