FC2ブログ
「ストーン夫人のローマの春」(3/20)
roman_spring.jpg
「ストーン夫人のローマの春」
原作 テネシー・ウィリアムズ
脚本 マーティン・シャーマン
演出 ロバート・アラン・アッカーマン
 
出演 麻実れい(カレン・ストーン)
   江波杏子(コンテッサ)
   団時朗(ミスター・ストーン)
   今井朋彦(クリストファー)
   パク・ソヒ(パオロ)
   鈴木信二(若い男)  ほか
公式サイト:パルコ劇場「ストーン夫人のローマの春
 
3/20(金・祝)14時から、パルコ劇場プロデュースの演劇「ストーン夫人のローマの春」を観てきました。実は私はこの公演のことを直前まで知らず、たぶん何かのメルマガで見て、「テネシー・ウィリアムズ(の小説が原作)」「アッカーマン演出」と知った瞬間、「これは観なければ」と直感したのです。
 
大金持ちの妻でもと女優のカレン・ストーン(ストーン夫人)が最愛の夫を亡くし、ローマに移り住んで、金目当ての若い男との性に溺れていくという、どうみても明るくない話(笑)でも、明るく楽しいミュージカルを観てもピンと来ない私は、RENTが終わったらミュージカルもあまり観ないかも知れないし、何か観るとしたらきっとこんな感じのが多くなるのかなと、この作品を観る前から漠然と思いました。
 
主演の麻実れいさんといえば、私にとっては子どもの頃に観た宝塚の「ベルサイユのばら」できりっとしたアンドレを演じていた、くっきりした二重まぶたが印象的な方。色んな意味で興味津々で出掛けました。
続きを読む
スポンサーサイト




 
hosi_01_11.gif ninkiblog_banner_02.gif hosi_01_11.gif
ランキングに参加しています。
気に入ってくださったらクリックお願いします★

 
【2009/03/21 23:55 】 | plays/お芝居 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |